アルバレス編をアニメでやるならこの声優さん!

フェアリーテイルの話。
先日、真島先生がツイッターで、「アルバレス編をアニメでやるならこの声優さん!」について参考程度のアンケート的なことをされていたので、自分だったらどうだろうと考えてみた。
コミックスを読み返しつつ考えていたら段々楽しくなってきた。
で、考えた結果・・・・



アヴァタール

アーロック : チョー
ジェローム : 杉田 智和
ブライヤ : 朴 璐美
メアリー : 福圓 美里
豪門 : 茶風林
D-6 : 奈良 徹
アベル : 広橋 涼


アルバレス帝国

オーガスト : 石塚 運昇
ゴッドセレナ : 関 俊彦
ジェイコブ・レッシオ : 小杉 十郎太
インベル : 榎木 淳弥
ブランディッシュ・μ : 斎藤 千和
アジィール・ラムル : 福島 潤
ディマリア・イエスタ : 日笠 陽子
ワール・イーヒト : 鈴木 達央
ナインハルト : 野島 健児
アイリーン・ベルセリオン : 小山 茉美
ブラッドマン : 星野 貴紀
ラーケイド : ???

ヤジール : 中 博史
マリン・ホーロウ : 川田 紳司
ジュリエット・サン : 大森 日雅
ハイネ・ルナシー : 村中 知


イシュガルの四天王

ドラキュロス・ハイベリオン : 堀内 賢雄
ウルフヘイム : 千葉 繁



まず原作読んで声が脳内再生されていたのは・・・
・アーロック役:チョーさん
・ブライヤ役:朴璐美さん
・アイリーン役:小山茉美さん
・マリン役:川田紳司さん
特にマリン役に川田さん以外の人がもう考えられない。
あとアイリーンは、実際はもっと若々しい感じで良いと思う。

石塚運昇さんはジェイコブの声で脳内再生されていたのだけれど。
他にオーガスト役にハマりそうな人が全く思いつかなかったのでそちらに。

ジェローム役の杉田さん、ディマリア役の日笠さんは、それぞれグレイ役の中村さん、ウェンディ役の佐藤聡美ちゃん・シェリア役の井口裕香ちゃんと仲が良いと聞くので、中の人繋がり的なのも含めて。

インベル役の榎木くん、ジュリエット役の大森日雅ちゃん、ハイネ役の村中さんは最近の推し声優なので入れ込んでみた。
また、D-6役の奈良さん、アジィール役の福島さん、ナインハルト役のノジケンさん、ブラッドマン役の星野さんもキャラのイメージから外れない程度に好みで入れてみた。

ゴッドセレナはずっと小西克幸さんの声が脳内再生されていて困ってた。
他に誰かいないだろうかと考えて、関さんか置鮎龍太郎さんか・・・と全然違うタイプが思い浮かぶあたり未だに声のイメージが定まっていない。
ちなみに関さんはRAVE出演者でもある。

以上。
スポンサーサイト

フェアリーテイル 第175話 感想

第175話「ナツvs.双竜」


フェアリーテイルのナツとガジル。
セイバートゥースのスティングとローグ。
4人の滅竜魔導士対決だったが、ナツはガジルを退場させ、1vs2の戦いを宣言。
一方で、ジェラールたちは追い続けていたゼレフに似た魔力の持ち主を察知した。
試合も気になるが今は・・・ジェラールは会場へと急ぐ。

自身の力を信じるスティングは、再びドラゴンフォースとなってナツへと襲いかかる。
この完全な力でバイスロギアを殺した・・・。
ドラゴンフォースは竜と同じ力、この世にこれ以上の力などあるはずがない!
そんなスティングに対し、ナツは自分の力で笑われた仲間のために戦うと決意。
スティング、さらにローグをも圧倒する力を見せつける。
だが真剣勝負でありながらも、ナツはどこか嬉しそうな表情をしていた。

相手が強ければ強いほど実力以上の力を発揮する。
それがナツだ。
しかしスティングとローグも諦めない。
2人の意思と呼吸、そして魔力を融合させて発動、ユニゾンレイド。
聖影竜閃牙!!

フェアリーテイル 第175話1
メルディの座り方が可愛い。
そして声も可愛い。

フェアリーテイル 第175話2
フェアリーテイル 第175話5
フェアリーテイル 第175話7

フェアリーテイル 第175話8
フェアリーテイル 第175話10

フェアリーテイル 第175話11
カメラ目線のスティング、間違いなくレクターを意識していたんだろう。
で、スティングの強さを信じるレクターと、そんなレクターのために戦うスティング。
今さらながら、ナツとスティングってどこか似ている気がした。

フェアリーテイル 第175話12
フェアリーテイル 第175話13
聖影竜閃牙!!
一般には、一生かけても修得することの出来ない高難度な魔法とされているユニゾンレイド。
だけど・・・。
ルーシィとジュビア、ルーシィとウェンディ、スティングとローグ。
さらにアニメではグレイとジュビアもこれを実現。
まるでユニゾンレイドのバーゲンセールだな・・・。
あ、映画公開おめでとうございます王子。

試合前。
戦いへと向かうナツをハッピーが呼び止めていた。
だが何も言わない・・・。
あえて言葉をかけないハッピーだったが、ナツはその気持ちを十分に受け止める。
そしてルーシィも。
信じてる・・・ギルドに入った時からずっと。
例えどんなに離れていても見守っている。
ルーシィはただナツの勝利を信じていた。

聖影竜閃牙・・・これが双竜の力!
しかしメイビスは、力だけでは決して破れない壁もあるのだと考えていた。
もし打ち破る力があるとすれば、それは想いの力だとも。

ユニゾンレイドに対し、ナツは真っ向から勝負を挑む。
滅竜奥義・紅蓮爆炎刃!
最大級の魔法のぶつかり合い。
そして最後に立っていたのは・・・ナツだった。

フェアリーテイル 第175話14
フェアリーテイル 第175話16
フェアリーテイル 第175話17
何も言わなかったハッピー。
信じてる以上の言葉をかけなかったルーシィ。
2人とも言葉少なだったけど、だからこそナツへの信頼を感じられた。
そして、どんなに離れていても見守ってる☝
魔水晶ビジョンで試合を観戦していないことがここに活きてくるとは・・・!
それにしても、ギルドに入った時からずっと信じてるとか。
ななな何だろうこの胸のトキメキは・・・!?

フェアリーテイル 第175話19
ナツ強過ぎる・・・。
まだ雷炎竜なんていう奥の手を隠してるんだぜ。
本気を出し切ることなくスティングとローグを倒してしまったってことだ。
本当に底が知れないわ。

四日目にして、フェアリーテイルはついに1位へと大躍進。
残る最終日はメンバー全員参加のサバイバル戦となる。
打倒・フェアリーテイル!
各々のギルドは、優勝への最大の標的を見定めていた。

フェアリーテイル、45P。
セイバートゥース、44P。
逆転されたとはいえたった1点・・・だがその重みをスティングは誰よりも痛感していた。
そしてガジルがナツと同等の実力を持っているのだとしたら・・・。
ローグは自らの浅はかさを思い知る。

試合を終え、医務室へとやってきたナツたち。
迎え入れるルーシィだったが、結果を聞くことはなかった。
ギルドに入った時から信じてる・・・だから聞くまでもないのだ。
これで終わりではないが、優勝まではあと一歩。
ナツたちは優勝へ向け改めて気合いを入れる。
目指せ3,000万J・・・もとい、フィオーレ一!

フェアリーテイル 第175話21
フェアリーテイル 第175話22
その1点に泣くなよボウズ
二日目の競技でのガジルの言葉がここで現実のものに。
自分の愚かさを身に沁みて感じただろうスティングに、何故だか胸が痛んだような。

フェアリーテイル 第175話23
フェアリーテイル 第175話24
来週から始まる再放送は第1話から。
話は飛ばし飛ばしになる可能性もあるけれど。
ウェンディみたいに途中参加の子たちとはしばしの・・・。
とりあえず来月発売のドラマCD、さらに6月発売のOAVを待つわ。

フェアリーテイル 第175話25
フェアリーテイル 第175話26
俺たちの戦いはこれからだ!
最終回はまさにこんな感じで終わるかと思っていた。

試合を途中退場してしまったガジル。
辛うじてトロッコから脱出。
そして辿り着いたのは・・・ドラゴンの墓場!?

セイバートゥースの敗北はユキノの耳にも入っていた。
アルカディオスに招かれた彼女は、エクリプス計画への参加を決意。
そのために軍曹の階級を与えられたのだった。

一方で、ジェラールはゼレフに似た魔力の持ち主への接触に成功。
自らの正体を明かし、フードに隠された素顔に迫るが・・・。
ジェラールは驚愕。
その時見た少女の顔は・・・!?

フェアリーテイル 第175話28
軍曹となったユキノ。
世界を救おうとしているアルカディオスと、エクリプス計画の目的。

フェアリーテイル 第175話30
ガジルが発見したドラゴンの墓。

フェアリーテイル 第175話29
シャルルの予知。
7月7日、運命という言葉に負けるというレビィ。
彼女たちを待ち受ける未来とは。

フェアリーテイル 第175話32
フェアリーテイル 第175話33
そしてゼレフに似た魔力を持つ者の正体。
Cパートで続々と謎が増えていってどうしようもないけれど・・・。
ToBeCONTINUED!
それに最後の最後の、ナツの「また会おうな!
いずれフェアリーテイルの放送が再開し、ナツたちにまた会えるって。
信じてるよ・・・ギルドに入った時からずっと。
あ間違えた、最終回だと知った時からずっと。

テーマ : FAIRY TAIL
ジャンル : アニメ・コミック

フェアリーテイル 第174話 感想

第174話「四人の竜」


4人の滅竜魔導士対決。
ナツとガジル優勢の中、スティングとローグが発動した竜殺しの力。
ホワイトドライブ、シャドウドライブ。
魔力増幅の術・・・これによりパワーとスピードが上昇する。
さらに2人のコンビネーションも合わさり、戦況は逆転。
これがスティングとローグの必勝パターン!

ナツに憧れ、超えることを目標にしてきたというスティング。
今がその時!
スティングは連続攻撃の中で、ナツの腹に魔方陣を刻んだ。
白き竜の爪は聖なる一撃・・・聖痕を刻まれた体は自由を奪われる。
ナツは身動きが取れなくなってしまった。

影なる竜はその姿を見せず、確実に獲物を狩る。
ローグは変幻自在の動きでガジルを翻弄。
そして確実な一撃を・・・。
しかし、ガジルはローグの動きを見切った。

さらにナツも。
聖痕を焼き消し、迫るスティングにカウンターを叩き込んだ。

フェアリーテイル 第174話2
フェアリーテイル 第174話3
ガジル・・・
ガジル!
ガァジルゥ!
何かローグのセリフの大半がガジルだったような。
どんだけ意識してるんだ・・・。
でもそのたった3文字から、ローグの感情の違いを感じるのも楽しいかもしれない。

フェアリーテイル 第174話4
ナツ、素晴らしいカウンター攻撃。
見てて気持ち良いくらいの。

フェアリーテイル 第174話6
興奮したレビィに抱き締められるリリー。
これはあれじゃね、ご褒美とかって言うんじゃね。
小さいことは良いことだ。

ナツとガジルの実力を目の当たりにし、スティングはさらに魔力を上昇させる。
白き竜の拳は、炎すら灰塵へ還す・・・。
全力の全力・・・魔力を一点に集中して放つ。
滅竜奥義・ホーリーノヴァ!

凄まじい光を放つ壮絶な一撃。
・・・だったが、ナツはそれを片手で受け止めた。
パワーアップしたはずのスティングとローグの力も、今のナツとガジルには及ばない。
3ヶ月の修行とセカンドオリジンが、2人をここまで強くしていたのだ。
格が違い過ぎる・・・!

簡単に越えられる壁ではないことは分かっていた・・・。
だが負けられない。
特にスティングにとっては、幼い日に交わしたレクターとの約束を果たすためにも。
スティングとローグはさらなるパワーアップを図る。
滅竜魔法の最終形態・ドラゴンフォース。
これを自らの意思で解放出来るのが、第三世代滅竜魔導士の真の力だった。

この力に絶対の自信を持つスティング。
俺一人で十分・・・ローグを制し、たった一人でナツとガジルに挑む。

フェアリーテイル 第174話7
フェアリーテイル 第174話8
スティングの滅竜奥義を片手で受け止めたナツがかっけぇ・・・。
勝利を確信したようだっただけに、スティングもこれには相当驚いたことだろう。

フェアリーテイル 第174話9
クロッカスガーデン襲撃の時に止めていなければ。
ナツはセイバートゥースを壊滅していたのかもしれない。
ミネルバはそんな可能性を考えたのだろうか。
あの時のナツの目的はジエンマを倒すことだったけれど。

フェアリーテイル 第174話10
フェアリーテイル 第174話11
ドラゴンフォース。
あ、ローグは普段右目が隠れてるから、両方見られるのは珍しい。
それにスティングの耳まで白くなるとは思ってなかった。

スティングの力は圧倒的だった。
一人でナツとガジルを蹴散らし、白竜のホーリーブレスは闘技場の床を大きくを崩壊させるほど。
戦いの場は地下へ・・・。
だがここでもスティングの強さは揺るがない。
必ず勝つ・・・レクターとの約束のためにも。

数年前のこと。
レクターは嘘つきだと言われ、いじめられていた。
スティングがドラゴンを倒した。
それを誰にも信じてもらえなかったのだ。
気にしないというスティングだったが、レクターにはどうしても我慢出来なかった。
友達の悪口を言われたら嫌だ・・・。
そう泣きじゃくるレクターに対し、スティングは約束をした。
ドラゴンはもういないかもしれない・・・けれど、サラマンダーと呼ばれる奴を倒す。
いつか皆が見ている前で倒せば、レクターは嘘つきじゃなくなるはずだから。

ナツとガジルは倒れた。
拳を高々と上げるスティング。
幼き日の約束はこうして果たされた。

フェアリーテイル 第174話12
フェアリーテイル 第174話13
聖属性の魔法。
これも天空魔法みたいに珍しいものなんだろうかね。
ロストマジックとは言われてなかったけれど。
それはともかく、白竜の咆哮とかホーリーレイとか、攻撃に鋭さがあって格好良い。

フェアリーテイル 第174話14
フェアリーテイル 第174話15
公式名称・ちびスティング。
たぶん7年くらい前の出来事なんだろうけど。
声は誰になるのかと気になっていたら、ユキノの中の人だった。
さすがに櫻井さんのままなわけがなかったか。
そうだよな、ナツとかグレイとか、男性キャラの幼少期は女性声優がやってきたもんな。
ラクサスみたいな例外もいるけれど、いずれにせよ青年期とは声が違うんだ。

フェアリーテイル 第174話16
古代都市(?)を背に、光を浴びながら拳を突き上げるスティング。
何て絵になるんだ!
これで勝っていたらなお格好良かっただろうに。

フェアリーテイル 第174話17
レクターとの約束が先か。
ナツへの憧れが先か。
達成感を得られたのかな、スティングの表情からは心の底からナツに憧れていたんだなって感じられた。

凄まじい攻防の果て。
力尽きたのはナツとガジル!?
しかし、フェアリーテイルの皆は信じていた。
ギルドの想いは一つ・・・!

皆の声に応えるように、ナツとガジルは立ち上がった。
しかもそれほどダメージを受けていない!?
さらにナツは、スティングが攻撃する際の癖を見抜いていた。
攻撃のタイミング、防御の時の体勢、呼吸のリズム・・・。
それはガジルも同様だったが、攻撃時の軸足の方向でナツと対立。
小競り合いの末、ナツは手近なトロッコにガジルを押し入れ、そのまま出発させてしまった。

ガジルは退場し、残ったのはナツ一人。
だが舐められた分はきっちり返す。
俺一人で十分、まとめてかかってこい。
今度はナツが、スティングとローグを一人で相手にしようとしていた。

フェアリーテイル 第174話19
フェアリーテイル 第174話20
そういえばルーシィたち、原作では魔水晶ビジョンで観戦してたんだよな。
でもあえて観戦させないところに意味が感じられる。
観客の歓声からしか状況を知ることは出来ないけど、ナツとガジルを信じ続ける。
そんなルーシィが印象的。
ヒロインらしい役割なんじゃないのさ・・・!

フェアリーテイル 第174話21
フェアリーテイル 第174話22
思えばすっかり喧嘩しなくなったナツとグレイ。
ナツとガジルの喧嘩でその恥ずかしさを客観的に見たことで、ますます自重することになるんだろうかね。
でもナツとグレイが喧嘩しなくなったのも、エルザに怒られるようなことが少なくなったのも。
彼らが成長し、精神的に大人になったからなんじゃないかって思ってるんだ。

フェアリーテイル 第174話23
フェアリーテイル 第174話24

フェアリーテイル 第174話25
ガジル、まさかの退場。
お疲れ様でしたー!
しかしCパートとは珍しい、初めてだよなこういうの。
ちょっと油断してた。


で、来週は最終回か~。
次回予告はいつも通りだったけれど。
でもたった数秒から感じられる戦いの迫力が、まさに最後なんだと思わせてくれるような。

テーマ : FAIRY TAIL
ジャンル : アニメ・コミック

フェアリーテイル 第173話 感想

第173話「バトル・オブ・ドラゴンスレイヤー」


大魔闘演武タッグバトル、第2試合。
ラミアスケイルからはリオンとユウカ。
マーメイドヒールからはカグラとミリアーナが登場した。
ミリアーナとは昔からの知り合いとあって、ついつい肩入れしてしまうエルザ。
一方で兄弟子リオンの出場となったが、今はライバル同士だからと、グレイはどこか冷めた態度。
いずれにせよ、フェアリーテイルにとってはどちらのギルドも気になる存在だった。

客席のどこかでジェラールが試合を見ているかも・・・。
そんな思いで集中出来ずにいるミリアーナに対し、カグラは思わぬ条件を出した。
この試合を一人で戦うこと。
自分の力でどれだけ戦えるのか、真剣勝負の中で経験を積ませようというのだ。

試合開始。
ネ拘束チューブを用い、攻撃と防御を上手く切り替えるミリアーナ。
カグラへの攻撃も全て防ぎ、まさしく孤軍奮闘な戦いぶりを見せる。
だが一人で戦うことの気負いさは感じられない。
後ろにカグラがついているという安心感が、ミリアーナを伸び伸びと戦わせていた。

フェアリーテイル 第173話1
目を覚まして一番最初に目に入るのがウェンディとか。
何という幸せ、素敵な目覚めなんだろう。
どれどれ、部屋中をウェンディだらけにするか・・・。

フェアリーテイル 第173話2
フェアリーテイル 第173話3
ルーシィやエルフマンたちも試合を観たかったんじゃないかと、珍しく(?)しおらしいナツ。
普段は元気いっぱいだけど、こういうところもある子なんだよね。
そして、後で話してやれるようにしっかり観ておこうと声を掛けるエルザはおねぃさん。

フェアリーテイル 第173話4
フェアリーテイル 第173話5
フェアリーテイル 第173話6
チームに残ってグレイと一緒に戦いたかったというジュビア。
誰かが怪我をすれば・・・と閃いたけれど、その妄想の中に何故かラクサスがいない・・・。
ジュビアには、ラクサスが怪我をするイメージが無かったのか。
でもね、グレイと一緒に戦いたかったって、願い続けることは悪いことじゃないさ。
それで叶うことだってあるさ、きっと。

フェアリーテイル 第173話9
フェアリーテイル 第173話10
キトゥンブラストの際、謎のグラサン装備。

ミリアーナの猫のような素早い動きに翻弄されるリオンとユウカ。
このままではジュビアに良いところを見せられない・・・。
リオンは自らの頭脳を用い、反撃を試みる。
アイスメイク・マウス!
ブリザード!
ネズミや寒さ・・・猫っぽいミリアーナの弱点を突く。
そのあまりのバカバカしさはジュビアすら引くほどだったが、カグラは未だ直接攻撃しないリオンの戦い方に疑問を抱くことになった。

カグラ戦のために力を温存していたリオン。
だがミリアーナの予想以上の実力、このままでは引き分けもあり得るからと、戦い方を変更。
アイスメイク・スノータイガー!

巨大なトラに追われることとなったミリアーナ。
逃げることに気を取られ、迫る壁に気付かず・・・。
そのまま衝突しダウンしてしまった。
ミリアーナが戦闘不能になったことで、ついにカグラが登場。
カグラは魔法を無力化するユウカの波動をも斬り、一気に攻勢に出る。
魔法攻撃を使わなければ無意味・・・カグラは魔法はおろか、抜刀すらせずに圧倒。
反撃の隙を与えることなく、ユウカを倒した。

フェアリーテイル 第173話11
ネ拘束チューブを分裂させる。
が、ダブル・トリプル・・・のその先を数えられないミリアーナってもしかして・・・。
いやいや、そんなところも可愛いよミリアーナ。

フェアリーテイル 第173話12
そしてネズミさんを嬉しそうに追いかけ回したり。
コタツで丸くなったり。
見た目だけでなく、習性まで猫っぽい人だったとは。
ミリアーナってこんなに可愛かったんだ・・・。

フェアリーテイル 第173話14
フェアリーテイル 第173話15
ユウカの波動、魔法無力化は厄介なものだけど。
そうか、魔法を使わなくても強いカグラには確かに無意味なものだったわけだ。
相手が悪かったな・・・。

戦いはリオンとカグラの一騎打ちに。
かつて零帝と名乗り、デリオラと戦うために危険な儀式を行ったリオン。
その噂はカグラにも伝わっていたが、リオンにとっては昔の話、今はラミアスケイルの魔導士でそれ以上でもそれ以下でもない。
一方でリオンは、カグラから昔の自分とどこか同じにおいを感じていた。
憎しみにかられ、何かを見失っているような・・・。

何故ミリアーナを直接攻撃しなかったのか?
その疑問に対して真意を見せないリオンに、カグラは遠慮無く攻撃を仕掛ける。
やはり強い・・・。
だがグレイからの叱咤もあり、リオンは逆襲を図る。
スノータイガー・スノーエイプ・スノードラゴン!
3体同時の造形で逃げ場を失くし、カグラを一気に追いつめる。

ところが、カグラにも奥の手があった。
重力変化魔法。
これにはリオンも抗うことが出来ず、絶体絶命のピンチに・・・。
迫る刀・・・だがここでタイムアップ。
決着つかずの引き分けとなった。

ラミアスケイルにとっては、何とか引き分けに持ち込んだといったところ。
カグラの実力は底知れない・・・。
彼女が本気になったところなど、誰も見たことがないのだ。
それでも、リオンの実力はカグラも認めるところだった。

フェアリーテイル 第173話17
クールぶりつつも、実はリオンのことが気になって気になって仕方がなかったんですねグレイさん。
全く微笑ましい氷兄弟。

フェアリーテイル 第173話18
フェアリーテイル 第173話19
リオン、複数同時造形で魅せてくれたけれど。
でも重力変化魔法といい、カグラはやっぱり強過ぎる・・・。
危なかったなーリオン。

次はフェアリーテイルの出番。
試合前、ナツはルーシィに勝利を誓う。
そしてルーシィもまた、ナツにある言葉を掛けた。

第3試合。
フェアリーテイルからはナツとガジル。
セイバートゥースからはスティングとローグ。
かつての最強と現最強のギルド、さらには滅竜魔導士の対決。
スティングが待ち望んだ戦いがついに・・・。
また、会場から遠く離れた地でもこの戦いに注目する者がいた。
イグニール。
白き竜・バイスロギア、影の竜・スキアドラム・・・見せてもらうぞ、人は竜を超えたのか、それは儚き夢なのか。
竜王祭は間もなく訪れる。
イグニールは自らが動き出す時を予感していた。

試合開始。
先制はナツとガジル。
それぞれがスティングとローグに一撃を与えた。
対するスティングは白竜の咆哮、ローグは影竜の斬撃で反撃を試みる。
だが戦況は一方的、ナツとガジルの実力はフィオーレ最強の双竜を圧倒するものだった。

その程度の力で本当にドラゴンを倒したのか?
ナツからの問いを、スティングは半分否定した。
倒したのではなく、殺した。
そして今からその実力を見せてやる。
ホワイトドライブ、シャドウドライブ。
スティングとローグは、竜殺しの力を解放した。

フェアリーテイル 第173話20

フェアリーテイル 第173話21
フェアリーテイル 第173話22
ルーシィがナツに対して何を言ったのか。
声が聞こえなくてびっくりしたけどね、あえて伏せたってことは。
これって最終回に向けての伏線的な何かなんですかね。

フェアリーテイル 第173話23
ナツさんとルーシィさんってば・・・でぇきてるぅ・・・のですか?

フェアリーテイル 第173話26

フェアリーテイル 第173話27
フェアリーテイル 第173話28
フェアリーテイル 第173話29
ついに実現した滅竜魔導士対決。
4人ともバトルパート初出場ってことで、随分と焦らされたけれど。
やっぱり格好良いわ、熱いわ。
でもナツやガジルのさらなる格好良さ、スティングとローグが未だ秘めている力。
そしてスティングがナツと戦うことを望んでいた理由など、次回はもっと見どころがたくさんだ。

テーマ : FAIRY TAIL
ジャンル : アニメ・コミック

フェアリーテイル 第172話 感想

第172話「君に捧げる香り」


四日目競技・海戦で、ルーシィはミネルバによって酷く傷付けられてしまった。
ルールに則っていたからと、まるで悪びれる様子の無いミネルバ。
だが既に勝敗のついた相手をいたぶったミネルバのやり方には、ナツやグレイ、エルザも許すことは出来ない。
睨み合う両者。
さらにスティングやオルガ、ルーファスが割って入っての一触即発状態に。
場外乱闘勃発かと思われたが・・・。
最強だかフィオーレ一だか知らないが、お前たちは一番怒らせてはいけないギルドを敵に回した。
エルザは冷静に場を収めつつも、その言葉や表情には怒りが表れていた・・・。

医務室に運ばれたルーシィ。
ウェンディやシェリアの応急処置もあり、命に別条は無い。
目を覚ましたルーシィは、無事に戻ってきた星霊の鍵を見て安堵、そのまま眠りにつくのだった。
しかし、セイバートゥースのやり方は気に入らない・・・。
ナツたちの気持ちが晴れない中で、マカロフから意外な話が告げられた。
A・B両チームの統合だ。
レイヴンテイルの失格で参加チームが奇数となり、バトルパートに不都合が生じる。
そこで新規5人でチームを再編成するよう、運営側から通達があったのだ。
点数は低い方に準じ、Aチームの35Pとなる。
とはいえ、考えようによってはさらに強いチームを作ることも可能。

残るはこれから始まるタッグバトル。
さらに明日の休みを挟んで最終日、5人全員参加の戦いがあるはず。
慎重に選ぶ必要があるが、ナツは絶対にルーシィの敵をとると意気込む。
仲間を笑われた・・・オレはやつらを許さねぇ!

フェアリーテイル 第172話1
フェアリーテイル 第172話2
観客からの勝負・勝負!コールが、ローグ・ローグ!に聞こえ・・・るわけないか。
でもローグはセイバートゥースに残された良心だよ、全く。

フェアリーテイル 第172話3
お前たちは一番怒らせてはいけないギルドを敵に回した。
何よりルーシィを傷付けた挙句、使えないクズ呼ばわりまで。
そうだ、覚えておけよ・・・いずれ目に物見せてやるからなぁ・・・エルザとかが。

フェアリーテイル 第172話5
フェアリーテイル 第172話6
結果的には2位で8Pを獲得したルーシィだけど。
でも謝ってしまうルーシィの気持ち、分からなくないんだよなぁ~~~。
くっそ~、ルーシィにこんな辛い思いをさせるなんて。
覚えとけよ、本当覚えとけよミネルバさん。

四日目バトルパートは、2vs2のタッグマッチ。
第一試合はブルーペガサスvsクワトロパピー。
第二試合はマーメイドヒールvsラミアスケイル。
第三試合はセイバートゥースvsフェアリーテイル。
そして新たに結成されたフェアリーテイルの5人が入場。
ナツとグレイ、エルザ、ガジル、ラクサス。
負ける姿が想像出来ない、本当の意味での最強チーム!

俄然注目されるのは、一触即発のフェアリーテイルvsセイバートゥース。
だがダートンにとって気掛かりなのは、星霊魔導士・ルーシィがいないこと。
またアルカディオスが手荒なことをしたのではないかと、気が気でないのだ。
しかし、アルカディオスは前回の件が失策だったと反省。
次はもう少し確実な方法をとり、そして3日後にエクリプス計画の発動を考えていた。

止める術は無いのか・・・。
ダートンはエクリプス計画への不安を抱えていた。
また、大魔闘演武はかつて、別の呼ばれ方をしていたという。
竜と人と魔の宴・・・竜王祭と。

フェアリーテイル 第172話8
フェアリーテイル 第172話9
フェアリーテイル 第172話10

フェアリーテイル 第172話11
フェアリーテイル 第172話12
フェアリーテイル 第172話13
フェアリーテイル 第172話14
フェアリーテイル 第172話15
フェアリーテイル参上!
廊下を歩くところから会場に姿を現すまで。
BGMも相まって、格好良いシーンになっていて良かった。
あのBGM、メインテーマをアレンジしたものだよな・・・本当格好良いわあれは。
サントラ発売が楽しみ。

フェアリーテイル 第172話22
ここでまさかの竜王祭が。
グランディーネがイグニールに対し、竜王祭で会いましょうと言っていたあの。
・・・はっ、これも一つの約束の日なのか。

第一試合、開始。
ブルーペガサスから、一夜とウサギ。
クワトロパピーから、バッカスとロッカー。
これまで謎に包まれていたウサギの正体が、ついに明らかになる。
その着ぐるみに隠されていた顔とは・・・。
一夜そっくりのエクシード・ニチヤだった。

一夜は以前、出会いのパルファムに導かれるまま森の中へと入り、その先でエクシードたちが住む場所に辿り着いたのだという。
そして出会ったニチヤと意気投合。
友情が芽生えた末、ニチヤはブルーペガサスに入ったらしい。

一夜の口から語られる思い出。
ところがまるで聞く様子もなく、バッカスが先制攻撃に出た。
吹き飛ばされたニチヤ。
自分と同じ顔・戦闘力を持つから大丈夫だと豪語する一夜だったが・・・ニチヤはそのままダウン。
もう後がないクワトロパピーは、残る一夜にも遠慮なく攻撃を始める。

フェアリーテイル 第172話23
フェアリーテイル 第172話24
フェアリーテイル 第172話25
あのエルザの気を失わせるなんて。
一夜の実力はもちろんだけど、そこに秘密兵器と言われたニチヤが加わることで。
何という攻撃力・・・いや、破壊力になるんだ・・・!

フェアリーテイル 第172話26
フェアリーテイル 第172話27
ある日、森の中、ニチヤさんに、出会った。
私などには到底理解が及ばない、めくるめくイケメンワールド・・・バタリ
それにしても、7年後のエクシードたちを見ることが出来るとは。
皆元気そうでなにより。

2vs1、さすがに勝負ありか・・・。
だがそんな中でも、一夜はニチヤへの想いでいっぱいだった。
全く戦えない紳士とも知らず、戦いに巻き込んでしまった・・・。
それなのに自分たちと共に戦う道を選んだニチヤ、なんてイケメンなんだ・・・!
君の思いを無駄にはしない、イケメンこそが正義!
一夜はバッカスとロッカーの猛攻を耐え切り、反撃を試みる。

一夜は力のパルファムでその体をパワーアップ。
ニチヤ・・・君に捧げよう、勝利という名のパルファムを。
ビューティフルドリーマー・・・微笑みスマッシュ!
放たれた強烈な一撃。
これによりバッカスとロッカーは一瞬にしてダウン。
勝者はブルーペガサスとなった。

続いて第二試合。
ラミアスケイルから、リオンとユウカ。
マーメイドヒールから、カグラとミリアーナが出場。

フェアリーテイル 第172話29
フェアリーテイル 第172話31
ブルーペガサスvsクワトロパピー。
この試合の後、気分の悪さを訴えた観客が続出したとかしてないとか・・・。

フェアリーテイル 第172話33
フェアリーテイル 第172話35
リオン・ユウカvsカグラ・ミリアーナ。
この戦いも原作からかなりの追加シーンがあるようだ。
個人的にはユウカの戦いを久しぶりに見てみたい。

テーマ : FAIRY TAIL
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

大神シロ

Author:大神シロ
居住地:北海道


ご訪問ありがとうございます。
当ブログの管理人はアニオタです。
よって記事もそれに付随した内容になっております。
不快感を感じられた方は早々に立ち去ることをお勧めします。


コメントを頂けるのは大変嬉しいですが、ネタバレ、誹謗中傷などは受け付けておりません。
発見次第削除、若しくはそれ以上の対処を問答無用で行います。
ご了承ください。



視聴中作品

キラキラ☆プリキュア アラモード
ドラゴンボール超
ワンピース
CFヴァンガードG NEXT
よりぬけ銀魂さん
弱虫ペダルNG
アイドルタイムプリパラ
BORUTO
ヒミツのここたま
アイカツスターズ!
ポケットモンスターSM
進撃の巨人2
リルリルフェアリル
妖怪ウォッチ
フューチャーカードバディファイトX
DUアプリモンスターズ
境界のRINNE3
僕のヒーローアカデミア
名探偵コナン
アトム ザ・ビギニング
金色のガッシュベル!!
カードキャプターさくら
幽遊白書

宇宙戦隊キュウレンジャー
仮面ライダーエグゼイド
ヴァンガードG放送局NEXT
A応Pのあにむす!
特捜警察ジャンポリス


聴取中ラジオ

藤井孝太郎のログイン!よるPA
ANI-ON!
水樹奈々スマイル・ギャング
佐倉としたい大西
裏ヴァン!!
ガールフレンド(♪)
Anison-R
堀江由衣の天使のたまご
小澤・長縄のおざなり
早見沙織のふり~すたいる♪
内田真礼とおはなししません?
A&G TR エジソン
こむちゃっとカウントダウン
ヴァンガードGNEXT

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
ブログランキング
ブロとも一覧

FAIRY ENJOY

Torrent まとめ

バリバリ拳で仏恥義理!!!

フェアリーテイル

とある高校の学生日記!

とある暇人の日常記録^^

音藍のつぶやき

イナズマイレブンファンがほざくだけ

なすび日記

ナタデココlife

アニメ日和

希望の扉

指切りげんまん。
リトルバスターズ!
TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト
探偵オペラ ミルキィホームズ
探偵オペラ ミルキィホームズ
侵略!イカ娘
劇場版 銀魂 新訳紅桜編
ダンガンロンパ
ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生
PSPバンブーブレード
バンブーブレード~それからの挑戦~5月28日発売です
10000票達成!目指せ第二期
バンブーブレード第二期アニメ化の投票に参加おねがいします!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
人気記事ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード