FC2ブログ

フェアリーテイル 100YQ 第43話 感想

第43話「勘違い」


ストラウス姉弟とディアボロス。
彼らをマジックカードに閉じ込める方法はルーシィでも思いつかない。
いつまでもじっとしててもしょうがねぇ。ミラちゃんとエルフマンの加勢に行く
痺れを切らすグレイ。
しかし真っ向から戦って勝つのは難しい。
ディアボロスを先に倒そうにも、姉弟に邪魔される可能性がある。
全員まとめて凍らせようとしても、以前の戦いでスカリオンに氷魔法が効かないことは証明されている。

つーか考える必要なくない?
ルーシィとは対照的に、カナは楽観的だった。
普通に考えればミラが勝つだろ。あのミラだぞ、魔人ミラジェーン
ミラジェーンの勝利はグレイやジュビアも確信が持てるほどだ。
それよりも問題なのは白魔導士。
一瞬でギルド全員の魔力を抜き取るという厄介な力を持つのだから。
それだけじゃないよ。どうやらナツに気があるみてーだ
実際にはトウカの人格の方ではあるが。
仇敵ですね
ナツが…ねぇ…。なんか相手がかわいそうな気がしてきた。だってそういうの興味ないでしょ、あいつ…



ストラウス姉弟vsディアボロス。
結論としては、ルーシィたちは戦いに乱入せず、決着を待って動き出す…ということかしら。
良い判断だと思うわ。
しかしそれはミラさんがディアボロスを倒すことを前提にしている考え方。
現状、ミラさんは苦戦を強いられているようだが…?

ナツに気があるらしいトウカの存在。
カナとジュビアはそれを話題にルーシィをからかうが。
周りから見ると、ナツとルーシィとの関係ってそんな感じなのか!
一読者的には仲間以上という認識はあれど、恋愛的な印象を感じたことは無かったが。
何にせよ可愛いから見守っていこう。


背中の町、教会。
ナツはトウカに抱きしめられていた。
…が、助けを求めているようでいて、しかし彼女の挙動はどこかおかしい。
あれ…私ったら…やだ…ものすごい勘違いを…
トウカは周りをキョロキョロと見渡すと、再び、
ナツ様ー♡
と、黄色い声を上げて抱き着く。
その相手はナツ…ではなく、ハッピーであったが。
勘違いにもほどがあるんじゃねーかな…?
ナツの引き気味なツッコミも一切気にせず、トウカはナツ(ハッピー?)との出会いを語り始めた。


一年ほど前、フィオーレの北方。
盗賊に襲われたトウカは樽に閉じ込められ、馬車で連れ去られていた。
そこに現れたのが火竜に乗った王子様♡
オイラがナツを持ち上げてただけじゃないかな?
ともあれ、盗賊は依頼を受けてやってきたナツによってあっという間に全滅。
盗賊から名を聞かれるナツであったが、彼らから取り上げた肉を喉に詰まらせ上手く名乗ることが出来ず…。
ナツだよ
と、代わりに答えたのがハッピーだった。
それを樽の中から見ていたトウカは、ハッピーこそが“フェアリーテイルのナツ”だと盛大に勘違い。
つまり彼女が追い求めていたのはナツではなく、ハッピーだったというわけだ。


ついにナツ…もといハッピーと再会を果たしたトウカ。
感激しつつも、誤解していたことには土下座で謝る。
不覚です!このトウカ、一生で二番目の不覚!
一番じゃないんだ…
トウカにとっての一番の不覚。
それは、自身の体を白魔導士に乗っ取られてしまったことだった。
そうだ!今なら…
何かに気づいたようなトウカ…彼女の体はみるみるうちに小さくなっていき…。
やがて耳と尻尾の生えたエクシードの姿へと変化した。
これが本当の私です♡
可愛らしいトウカの姿に、ハッピーは尻尾を振り振り、でれでれ。
それはそうとおまえ何でこんな所にいるんだ。それと白魔導士はどうした
そうだ!急がなくては!



トウカの本命はナツではなくてハッピーだったのかあああああ。
そして彼女の正体はエクシード。
登場初期から尻尾が見え隠れしていたし、その謎が判明してすっきりした。
そんな可愛らしいトウカの姿にハッピーは思わずでれでれ。
シャルルは?
というナツに、
誰それ
と返すハッピー。
お、おまえ…!

さて、ここで気になるのは白魔導士の行方だ。
トウカが元の姿に戻れたのは、白魔導士の乗っ取りが解除されたからなのかな?
ならば今どこで何をしているかって話。
トウカの体はもう用済みなのか?
そもそもなぜトウカの体を乗っ取ったのか、そこにも理由があるのだろうか。
気になる。


左手の町、教会。
強敵・ラクサスに対し、雷帝の鎧に換装したエルザは先制攻撃を仕掛ける。
槍による鋭い突き…!
しかしラクサスは雷を纏った左手で強力なカウンター。
その一撃を食らったエルザの右脇腹の鎧はあっさりと破壊されてしまった。
さらに雷竜の咆哮による追撃。
(防具は意味がない)
守りの無意味さを悟ったエルザは対雷用の鎧を捨て、袴にさらし一枚で勝負に出る。
手に持つのは、
真・紅桜!
滅竜属性を付加した一振りの刀だ。
滅竜属性の武器か。ならばオレも新しい技をみせてやろう
決死のエルザに、ラクサスは不敵な笑みを見せた。



エルザvsラクサス。
雷帝の鎧すら簡単に破壊してしまうラクサスの強さはヤバ過ぎるな!
エルザは防御を捨て、滅竜属性を付加した真・紅桜で挑むが。
ラクサスもまた新しい技があるとのことだ。
うーん、エルザが負けるところは見たくないが、ラクサスが負けるところも見たくない。
この気持ち、一体どうすれば…!?
しかし決着がつくというならしっかり見届けたい。
スポンサーサイト



フェアリーテイル 100YQ 第42話 感想

第42話「ギルドの為なら」


右肩の町、教会。
オーブ攻防戦を制したネバルは姿を消していた。
ウェンディは繭に捕らわれたシャルルを助けようと奮戦するも、硬質化した繭はまるで微動だにしない。
私の事はいいからさっきの奴追いなさい
ネバルは他のオーブも壊しに行くのだろう…ならばそれを阻止するべき。
シャルルに説得されたウェンディは単身、ネバルの追跡を始めた。

ネバルは建物の屋根伝いに移動していた。
未だ繭状態で不自由なウェンディだが、天竜の咆哮を地面に放ち、その反動で大きく飛翔。
ネバルの背後を取って奇襲の蹴りを見舞った。
おまえ…面白いから見逃してやった。なのに自分から来るとかバカマユ
私はあなたを止める為に来たんです。覚悟してください!
それはムリ、ムリマユ
取り出した4つの球状のガム。
ネバルはそれを一気に頬張って噛み、やがて飲み込んだ。
そして…、
ズゴッ。
突然の鈍い音と共に衝撃が走り、ウェンディの体は宙に投げ出される。
ネバルが右手から放った硬い繭の槍が、彼女の腹部に直撃したのだ。
オマエ、タベル
ガムを食べてパワーアップ!?したネバルがウェンディに牙を剥く。



ウェンディvsネバルは戦場を町中に変えて続行。
繭竜マユマユ状態で不利な状況のウェンディに対し、ガムを食べてパワーアップするネバル。
滅竜魔導士は自分と同じ属性のものを食べるが、ネバルにとってそれはガムってことなのかな。
ガムは粘り気より弾力があるってイメージだけれど。

ともあれ、さらに劣勢に追い込まれそうなウェンディ。
でもネバルが放った槍が当たったところから繭に亀裂が入ったので、これをきっかけに割ることが出来ないだろうか。
とにかく繭状態から解放されないとまともに戦えないぞ。
頑張るんだよ!


カナの協力を得たルーシィたち。
マカオ、ワカバ、ロメオ、リサーナと、仲間たちを次々とマジックカードに閉じ込めていく。
少し先にミラジェーンとエルフマンもいるが、ディアボロスと戦闘中。
いずれも敵となると厄介な相手だ。
まとめてカナさんのカードで閉じ込めちゃえば
ジュビアの提案ではあるが、そう簡単な話でもない。
閉じ込めること自体は可能でも、敵意が強い相手は気絶でもさせない限り効かないからだ。
考えなきゃ。何か方法はあるはず
ルーシィは思考を巡らせる。


左手の町、教会。
ラクサスは本来の目的であるオーブへと手を伸ばす。
だが、
待て!そいつには触れさせんぞ
間一髪、オーブを死守するべくエルザが戻ってきた。
集った強敵たちも、ジェラールが退場し、キリアが倒された今、残るはラクサスのみ。
しかし、白魔導士に操られている者の中でも、ラクサスの突破口だけは見つけられないでいた。
(せめてナツかグレイがいてくれたら…)
彼らが各地に散った今、仲間の助力は期待出来ない。
エルザは覚悟を決め雷帝の鎧へと換装した。



マジックカードにディアボロスの奴らも閉じ込めてしまえ!
というのは当然出てくる発想なのだろうけど、そんな簡単な話でもなかったか。
敵意の強い奴には効かない。
そうだよな、誰にでも効くものだったらさすがに強過ぎるもの。
いやそれにしてもカナが敵にならなくて良かったわ。
敵意を持たない・弱めだろうルーシィたちならマジックカードで閉じ込め放題なんだろうし、おまけにフェアリーグリッターまである。
恐ろしい。

そしてラクサスvs雷帝の鎧・エルザ。
バトル・オブ・フェアリーテイルを思い出す対戦だ。
決着がつかなかったあの日の戦いの続きが見られるというのか…!


ナツはハッピーと共に背中の町を目指していた。
ナツ、何で背中の街行くの?
そこはドラシールにある5つの町の真ん中に位置している。
真ん中っていったら強ェ奴がいるだろフツー
え?そうなの?
ラクサスかミラジェーンか、はたまたジェラールか。
期待に胸が膨らむナツの正面に、空へと延びる光の柱が見えてきた。

背中の町、教会。
ナツが扉を開くと、室内に横たわる人物が目に入ってきた。
白魔導士!?
黒幕の思わぬ登場に混乱するナツだが、彼女は気を失っているようで、しかもオーブは無事。
今のうちにコイツをボコボコにしちゃう?
意識のない女の子をボコボコにするのか!?
と言いつつ、ナツは白魔導士を殴る気満々だ。
寝てようが女だろうが関係ねえんだよ。こいつはギルドの敵だ。ギルドの為なら何だってやるぞ、オレは
ところが、
ナツ…様。助けて…
目を覚ました彼女は白魔導士ではなく、トウカの人格だった!?



ここで白魔導士だって!?
人格はトウカっぽいが。
本当か?本当か?
怪しい。
でも白魔導士がわざわざナツを騙して近づく必要性も感じられないし。
やはりトウカが自力で人格を取り戻したか。

フェアリーテイル 100YQ 第41話 感想

第41話「反撃の切り札」


突如としてドラシールを襲った振動。
それはもちろんグレイやジュビアにも感じられていた。
オーブが一つ壊されたのかもしれません
もたもたしてる場合じゃねえって事か
いやいやいや、ゆっくりしてこーよ、な!
気が急くグレイ…だがそれに返すように、どこか気の抜けた声が聞こえてくる。
カナだ。
白魔導士に操られてもなお、いつも通り酒を飲んでいるらしい。

すぐに臨戦態勢に入るグレイ。
雷神衆からの連戦になるが、彼らと比べれば酔っ払いなど楽な相手。
悪ィが一発でのしてやる
右手を振り上げ、一発!…のはずが、その拳は空を切ってしまった。
攻撃が顔に当たる瞬間、飲酒したカナは体の力が抜けて座り込んでしまったからだ。
あれ?グレイが逆さまだあ
すねを付けて座り、さらに上体を逸らすことで頭をも地面に付け、まるでブリッジするような姿勢。
そのまま右手を掲げたカナは反撃すべく魔法の詠唱を始めた。
集え!妖精に導かれし光の川よ!照らせ!邪なる牙を滅する為に!
放とうとしているのは間違いなく妖精三大魔法の一つ、フェアリーグリッター。
腕を交差して防御態勢をとるグレイだが、周囲を巻き込むほどの強大な魔力が放たれれば無事では済まないだろう…。
フェアリー…むほっふ
だがそれは不発に終わる。
見ると、カナは突然現れた綿のような何かの中に体を沈められていた。

間にあったー
カナを襲ったのはルーシィだった。
綿のような“もこもこ”はアリエス特製のもので、詠唱が必要な魔法を防ぐことが出来るという。



グレイの一撃を酔った勢い(?)で回避してみせるカナ。
酔拳でも使うんじゃないかって思ったけど、そんなこたーなかった。
酔拳使いといえばバッカスを思い出すが。

そして駆けつけてきたアリエスフォーム・ルーシィ。
プルー唯一の能力“ナツ並の鼻のよさ”で匂いを頼りにカナを探していたらしい。
プルーおまえ、ドリルみたいなアレは鼻だったのか。
それに可愛いだけじゃなくて、ちゃんと能力があったのか。
ルーシィはナツやウェンディと一緒にいることが多いから、鼻の良さを活かして活躍する場面は今まで無かったってことかな。


カナを探していたルーシィ。
狙いは彼女がいつも使っているマジックカードにあった。
それは攻撃するだけでなく、人を閉じ込めることも出来る。
これを使ってみんなを集めるのと同時に、みんなを守るの
白魔導士からの解放はともかく、保護するだけなら今すぐにでも可能なはずだ。
それにホルダー系魔導士であるルーシィならばカナほどではなくとも使えるはず。
さっそくカナをカードの中へ閉じ込める!
カードを持つ手を掲げ、実証。
ボン…という音と共にカードの中に閉じ込められるカナ…ではなく、ルーシィ。

カウンターだ…
カナは自分の魔法を悪用されないよう罠を仕掛けていたのだろうか…?
そんなんじゃないよ
ルーシィの推測だが、それはカナ直々に否定される。
マジックカードは市販品で誰にでも使えるが、人を閉じ込める魔法となれば少しコツが必要なのだという。
だがそのコツも、カナにとっては朝飯前といったところ。
指を鳴らすだけで、ルーシィを解放し、代わりに雷神衆をカードに閉じ込めてみせた。
あまりにも鮮やか…だがしかし、カナが魔法を使えるのはおかしい。
ジュビアのように催眠が解けても魔法を使うことは出来ないはずだからだ。
催眠?つーか私なんでこんな格好してんの?ダサ!
カナは素肌に真っ白いローブを羽織るという自らの姿に驚きの声を上げる。
明らかに最初から催眠にかかっていなかった様子。
まさか酒に酔っていたせいで無事だった…!?
ともあれ、カナを仲間に加えられたのは大きな希望となる。



酒を飲ませて酔わせて気絶させる。
ルーシィの作戦はそんなバカげたものではなかった。
そうだ、確かにカナのカードはギルドの仲間たちを閉じ込めて助けたことがあるわ。
これを使えばほぼほぼ戦うことなく仲間を一ヶ所に集められるし、カード内なら白魔導士の干渉を受けない可能性もあるんじゃないのか。
さらにいえば仲間だけでなくディアボロスの奴らを閉じ込めてしまえるし、オーブが壊される心配は無くなるぞ。
思い立ったが吉日、善は急げだ。

それにしたってカナは白に染められていなかったとは。
酔っ払って正常な意識もほどんど無いままここまで連れてこられたのか。
ってか白いローブはどうしたんだ、誰かに着替えさせてもらったのか?
それとも自分で着替えたのか?
いずれにせよそれに気づかないとは白魔導士もなかなかのうっかりさん。


左手の町、教会。
さてと…そろそろ喰ってもよいかのう、雷の竜
何者だか知らねーが、おまえの力はもうわかった。オレには勝てねえ
ラクサスとキリア、実力の差は歴然か。
だがキリアにはまだ奥の手があった。
右手を構え、左から右へ空を切るように振る。
そこから刃は飛ばないが、それこそが攻撃であった。
貴様の“強さ”を斬った!さあ…ワシの従順なペットとなれ
以前エルザを大人しく服従させたこともある、“強さ”を斬る魔法だ。
ところが…。
強さ?悪ィがオレにはそんなものはねえ
ラクサスには全く効いていなかった。
何故なら、自身の弱さを自覚しているから。
弱いからギルドにいて、けれどそれが悪いことだとも思わない。
仲間の前では弱くていいんだ。無理をしなくていい
弱いと自称する言葉とは裏腹に、強大な魔力を持つラクサス。
彼が放つ鳴御雷が、ついにキリアをダウンさせた。
(これほどの強さを持ちながら…心の弱さを持つ男…。マジで惚れたかもしれん!)
倒れるキリアだが、その胸には新たな感情が芽生えていた?



キリアはまだ本気を出していないんじゃないかって思っていたけれど。
そうだそうだ、エルザを服従させた“強さを斬る”が残ってたんだ。
しかしそれもラクサスには効かず。
それは自分の弱さを自覚しているからか。
今や作中でもかなり上位の強さを誇るラクサスだけど、同時に心の弱さを持っていて。
そんな男の人って魅力を感じる、これはキリアでなくても惚れるわ、分かります。

フェアリーテイル 100YQ 第40話 感想

第40話「血よりも濃い」


憑依したマカロフとの驚異のシンクロ率。
(この老人と僕は…血縁者なのか…!?)
レイスには生前の記憶が無い。
自身を殺した者を見つけて裁くことで失われた記憶を取り戻そうと考えていた彼にとって、それは心が揺らぐ事実。
戸惑いから思わず黙り込んでしまう。
一方で、そんな彼の心情を知る由も無く相対するナツは怒り心頭だった。
ハッピーやマカロフの体に入ったり出たり…。
オレの仲間はおまえの器じゃねーんだぞォ!
(僕にも仲間と呼べる人はいたのだろうか。いや…それよりも今は…)
気を持ち直したレイスは攻撃再開。
マカロフの体を巨大化し、その力でナツを押し潰さんとする。

さすがじっちゃんだ!けどな…本当のじっちゃんはもっと強ェ!
マカロフの拳を受け止め、体中から炎を放出するナツ。
その熱気に怯んだレイスに渾身の一撃を叩き込む。
炎竜王の崩拳!
家々を破壊しながら吹き飛んでいくマカロフの巨大な体。
シンクロ率を超えるナツの魔力が強大なのか、それとも器となったマカロフの体の老いが原因か。
劣勢を感じながら倒れるレイスの脳裏に、どこからか見知らぬ男の声が流れ込んでくる…。


年寄りみてーな事言ってんじゃねーよ
ワスはもう戦いみてーのはこりごりなんよ
賑やかな酒場のような場所で語らう中年の男たち。
(これは…!?この老人の若い頃の記憶?)
マカロフ、ヤジマ、ゴールドマイン、ボブ、ロブ、ポーリュシカ…そしてマスタープレヒト。
それは60年近くも前の魔導士ギルド・フェアリーテイルの姿だった。



在りし日のフェアリーテイル。
どれくらい前の時代なのかは不明だけど、マスターがプレヒトであることからすると、X736年以前の話だ。
ちなみに現在はX793年。
なので今回の過去の映像がプレヒト脱退の年と仮定すると、最も近くても57年前ってことになるのだろうか。

それにしても。
元評議員・現レストランのオーナーであるヤジマさん。
現クワトロケルベロスのマスターであるゴールドマイン。
現ブルーペガサスのマスターであるボブ。
エルザが楽園の塔で出会い、フェアリーテイルに来るきっかけとなった魔導士ロブ。
みんな元々フェアリーテイルの魔導士だったのか!
また、ポーリュシカさんは魔法は使えないためフェアリーテイルには在籍していないはずだけど、ギルドには頻繁に出入りしていたようだ。
この辺のことはこれまで明かされていなかった?よな。


戦いに嫌気が差し、評議員への転向を考えるヤジマ。
ボブもまたギルドを辞め、独立することを視野に入れていた。
徐々に変わりつつあるフェアリーテイルの日常。
そんなある日、重傷を負った男がギルドに運び込まれてきた。
仕事先でモンスターの群れに襲われたという男の傷は、ポーリュシカですら対処出来ないほど酷い有様。
僕は…もう…助から…ない…のかな?
生気が失われていく男。
その姿を見て、事の成り行きを見守っていたレイスは衝撃を覚える。

バカ言うんじゃねえ!必ず助かる!だろ?ポーリュシカ
ただただ必死に、男へと声を掛け続けるマカロフ。
僕たち…そんなに…親しかったっけ?
そんなの関係ねえんだよ!仲間だろ!死ぬな!レイス!

同じフェアリーテイルの仲間だろォが!家族なんだよ!オレたち全員!
(僕は…フェアリーテイルの魔導士だったのか…)
死にゆくレイスの意識が薄れていくと同時に、それを見守るレイスは意識を取り戻していく。
そして理解する。
血より濃いギルドの絆が、高いシンクロ率を実現していたことを。


僕の負けだ
マカロフの体を離れ、レイスは負けを宣言する。
ナツともまた家族。
全てを思い出した今、もう敵対することなど出来ないのだから。
ああ、やっと帰れる
レイスの体が透けていく。
記憶を取り戻し、未練が無くなったことでようやく魂のあるべき場所へと帰っていくのだ。
レイス…

自分を呼ぶ声に振り向くと、マカロフと目が合う。
なつかしいのう…
君もね、マカロフ
二度目の別れ、けれど今度はお互い微笑み合って。


どうなってんだ一体…
決着がついたという認識が無いが、ともあれ戦いは終わった。
マカロフが気絶したのを確認したナツは、無事に自らの体に戻るのだった。



シンクロ率を高める三つの条件。
血縁関係にある…というのは、血よりも濃いギルドの、家族の絆でクリア出来ていたわけか。
これはとんでもびっくりな真相だったな。

無事に成仏を果たしたレイス。
しかし、
僕の命を奪った男を見つけるまでは(成仏出来ない)ね
とは何だったのか。
仕事先でモンスターの群れに襲われたというが、魔物使い的な男が操っていたものだったのだろうか?
けれど僕は別の説を推したい。
①モンスターの群れに襲われ“殺された”という、体に刻まれた痛み
②仲間だ家族だという心に刻まれた言葉を発した、最期に見た“男”マカロフ
死の直前、強烈に残ったこの2つが無意識のうちに混ざり合ってしまって、“僕の命を奪った男”というワードになったのではないかって。
そして死後、失われた記憶を取り戻すことが未練として残り、男を探し出し裁くことが行動理由となった。
そうなると復讐すべき相手など最初から存在しなかったことになり、危うく永遠に成仏出来ないところだったが、探し出そうとしていた男は実はマカロフということになり、再会し憑依したことで記憶を取り戻すことが出来た、という説を提唱し、推していきますよ。

フェアリーテイル 100YQ 第39話 感想

第39話「繭竜マユマユ」


右肩の町、教会。
ネバルの吐いた糸によって、まるで繭のようにぐるぐる巻きにされてしまったウェンディ。
顔と両手両足は何とか解放し、辛うじて動ける状態だ。
おまえ…何竜?
私は天竜。天の滅竜魔導士です
違う…繭竜だ、マユマユ
どこか独特のペースを持つネバルではあるが、攻撃の手を休めることはない。
もう一度ぐるぐる
両手から糸を放ち、再びウェンディの拘束を試みる。
しかし、ウェンディは楕円形になった体を利用して横にごろごろと転がって回避。
そのままの勢いでネバルとの距離を一気に縮め、天竜の鍵爪を放つ。
蹴りはネバルの頭に直撃した。

地面に倒れ伏したネバルに追撃をかけるウェンディだったが、二撃目の蹴りは空振りに終わる。
ネバルは弾性をもった糸を右手人差し指からオーブ目掛けて発射し、そこを軸にして糸をゴムのように収縮。
収縮する勢いで、まるでバンジージャンプするかのように攻撃を回避したのだ。
マユマユ面白い…だから今食べない
ネバルは戦闘を止め、本来の目的であるオーブの破壊に出る。
オーブを縛るように糸を巻き付け、そして…
どかーん!
パキィン…と音を立てて無残に割れるオーブ。
そして次の瞬間、大きな地鳴りが街を襲うのだった。


二つ目のオーブが破壊されましたわ
街に繰り出していた白魔導士は、計画が順調に進んでいることを知る。
木神竜アルドロンが力を失うまであと三つ…。



マユマユウェンディちゃんはオーブを死守することは出来なかったか。
でもしょうがないね、守るより壊す方が簡単なんだもの。
次頑張ろう次。
それにしてもネバルは随分と簡単にオーブ壊したな。
一つ目のオーブはラクサスやガジルが数人がかりで破壊していたが。
いや、あっちは手を触れずに魔力を使って壊し、ネバルは力技で壊した印象だけれど。


左手の町、教会。
白魔導士はアルドロンの力を奪い取るため。
ディアボロスはアルドロンを喰うため。
行き着く先に違いこそあれど、白魔導士一派とディアボロスはオーブを破壊するという目的で一致している。
ならばオーブを前に戦っているワシ等は一体なんじゃろうな
てめえがしかけてきたんだろーが
ラクサスとキリア、傍から見れば無益な戦いだ。
だがキリアには少なからず“益”がある。
前菜に丁度よい
滅竜魔導士であるラクサスもまた、彼女にとって喰う対象となるのだから。


左手の教会を少し離れた公園。
ジェラールに連れ出されたエルザは、バインドスネークによって木に拘束されていた。
ジェラール…拘束を解いてくれ。イヤな事を思い出す
“イヤな事”…それは楽園の塔での記憶だ。
まるで本能に身を任せるままに行動していたジェラールも、これには心を痛めるしかない。
す…すまなかった。もうこんな事はしない…
深く反省するジェラール。
だがそんな彼を前にして、エルザは胸に巻いたさらしをスルスルと解いていく。
今度はおまえが拘束されるんだ!
さらしで目隠し、両手を縛り上げることでジェラールの動きを封じるエルザ。
いいだろう!おまえの全てを受けいれてやる。さあ来い!いつでもいいぞ!
当のジェラールは何故か嬉しそうだが…。
ともあれそんな彼を置き去りにし、鎧へと換装したエルザは教会へと急ぐのだった。


右手の町、住宅街。
ナツが対峙するのは、レイスが憑依したマカロフ。
そういやじっちゃんと本気で戦った事ねぇなァ
君の知り合いとは思わない方がいい。この老人と僕の魔力があわさり、無敵の力が生まれたのだ!
レイスは左手を巨大化してナツを殴り飛ばす。
その威力はナツが叩き付けられた家の壁が大きく砕けるほどだ。
いってー!つーかさっきまで壁通り抜けてたのに…!?ん?
ナツは矛盾に気づく。
最初に戦ったとき、幽霊であるレイスに肉体を持つナツの攻撃は当たらなかった。
今は思念体になっているナツに、マカロフの肉体を手に入れたレイスの攻撃が当たっている。
立場は逆転しているのに、何故か優劣は変わっていないのだ。

そもそも僕と君では質が違うんだよ
幽霊と思念体との違い。
さらに物体への当たり判定は主観で判定されているという。
本来であれば肉体を持つ者と持たない者、お互いに触れることは出来ない。
しかしこの“主観”によって当たり判定を決めることが可能となる。
思念体となったナツがハッピーを殴ることが出来たのは、ナツがその主観を無意識に働かせていたからなのだ。

それにしてもこの老人…何者なんだ?かつてないほどのシンクロ率だ
ギルドマスター故の強大な魔力。
死の淵を彷徨った経験があろうことも肉体年齢から推測することが出来る。
しかしそれだけでは、溢れ出るほどの魔力の説明はつかない。
!まさか…三つ目の条件にもあてはまるのか!?
シンクロ率を上げる三つの条件。
その三つ目はレイスと血縁関係にあることだ。
だとすれば、レイスとマカロフとの関係は…!?



パンツ一丁で目隠し、両手拘束とか。
ジェラールはへんたいふしんしゃさんとして通報されてしまうぞ。


レイス、マカロフが血縁者かもしれないだって!?
待て待て。
マカロフと血の繋がりがある人といえば…
①父・ユーリ
②母・リタ
③子・イワン
④孫・ラクサス
作中で判明しているのはこれくらいか?
ちなみに母・リタさんはマカロフの出産直後に亡くなっているので、マカロフに兄弟姉妹は存在しないはず。

イワンやそれ以外の子か、その孫に当たるのだろうか。
若しくはユーリやリタさんに兄弟姉妹がいたとして、その子孫とかも血縁関係になるのか??
でも死ぬと年取らないだろうから、若く見えるレイスも実はご先祖様かもしれないぞ。
その場合、レイスを殺したという男はこの世にはもういない可能性も出てきてしまうが。
プロフィール

大神シロ

Author:大神シロ
居住地:北海道


ご訪問ありがとうございます。
当ブログの管理人はアニオタです。
よって記事もそれに付随した内容になっております。
不快感を感じられた方は早々に立ち去ることをお勧めします。


コメントを頂けるのは大変嬉しいですが、ネタバレ、誹謗中傷などは受け付けておりません。
発見次第削除、若しくはそれ以上の対処を問答無用で行います。
ご了承ください。



視聴中作品

スター☆トゥインクルプリキュア
ゲゲゲの鬼太郎
キラっとプリ☆チャン
ポケットモンスター
BORUTO
ヴィンランド・サガ
BEASTARS
ブラッククローバー
Dr.STONE
七つの大罪 神々の逆鱗
あひるの空
ラディアン2
オーバーロードⅢ
ガンダムビルドダイバーズRR
妖怪ウォッチ!
少女☆寸劇オールスタァライト
炎炎ノ消防隊
遊戯王セレクション
CFヴァンガード
ポチっと発明ピカちんキット
アイカツオンパレード!
魔入りました!入間くん
僕のヒーローアカデミア
名探偵コナン
食戟のソーマ神の皿

仮面ライダーゼロワン
リュウソウジャー
レクニャンのゲーム部屋
週刊ヴァンガ情報局
A応Pとフェスぴ~!!!
バンドリ!TV
ブシロードTV


聴取中ラジオ

藤井孝太郎のログイン!よるPA
大橋彩香のAnyBeat!
水樹奈々スマイル・ギャング
石原夏織のCarry up!?
ポピラジ
ラジオスタァライト
シークフェルトのえ~でるラジオ
堀江由衣浅野真澄とれとれ
RoseliaのRADIO SHOUT!
RASのRADIO RIOT
ガールフレンド(仮)(♪)
プリコネR
相羽あいな大こ~かいRaDiO
田村ゆかりの乙女心症候群
Anison-R
堀江由衣の天使のたまご
阿澄佳奈のキミまち!
A&G TR エジソン
こむちゃっとカウントダウン
Afterglow夕焼けSTUDIO

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FT (8)
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ブログランキング
ブロとも一覧

FAIRY ENJOY

Torrent まとめ

バリバリ拳で仏恥義理!!!

フェアリーテイル

とある高校の学生日記!

とある暇人の日常記録^^

音藍のつぶやき

イナズマイレブンファンがほざくだけ

なすび日記

ナタデココlife

アニメ日和

希望の扉

指切りげんまん。
リトルバスターズ!
TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト
探偵オペラ ミルキィホームズ
探偵オペラ ミルキィホームズ
侵略!イカ娘
劇場版 銀魂 新訳紅桜編
ダンガンロンパ
ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生
PSPバンブーブレード
バンブーブレード~それからの挑戦~5月28日発売です
10000票達成!目指せ第二期
バンブーブレード第二期アニメ化の投票に参加おねがいします!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
人気記事ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード