メタルファイトベイブレード爆 評価

「星屑の流星群」を運営されている出雲な花月様より、ピッコロ様が運営されているブログ「ゲームやアニメについてほそぼぞと語る人」で開催されている“今期(3月終了アニメ)を評価してみないかい?12”への参加要請がありました。

作品を評価し数値化するというのは滅多にしないのですが、とりあえずやってみます。


まずは評価項目について。
全部で6つ。

ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。

キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。

・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。

演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。

音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。

総合的な評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。


そして、評価項目は各5点満点。
評価の指標として・・・
5点:とても良い
4点:良い
3点:普通(及第点)
2点:惜しい。何かが足りないレベル
1点:悪い
0点:かなり悪い



ということで、今回はタイトルの通り、メタルファイトベイブレード爆の評価をば。


メタルファイトベイブレード爆 評価①



ストーリー・・・4
仲間との友情、ライバルとのバトル、熱いベイ魂、挫折と復活・・・。
テーマ性は前作から変わらず一貫されている。
唯一気になったのは、世界戦終了後のハデスインクとのバトルでの盛り上がりの失速具合だろうか。


キャラクター性・・・5
今作から新たに登場した正宗を除き、主役チームの銀河くん、翼、遊くんは前作から継続しての登場。
代表選抜での勝ち抜きがチーム入りの条件となっていて、この子らは間違いなく実力で代表入りしている。
何よりも実力重視で構成されたチーム・・・にも関わらず、この4人(サポートのまどかちゃんを含めれば5人だが)のバランスの(良くも悪くもな)良さは高く評価したい!

また、今作は世界戦ということで、各国のライバルチームにも魅力のあるキャラが多数。
王虎衆は主役にしても良いくらいのチームワークの良さ、個人だとナイルがお気に入り。

キャラクター重視で視聴する体質なので、評価は満点にせざるをえない。


・・・3
作画についてはさほど気にして観ていない。
作品によっては気になるものもあるけど、ベイブレにはそういった部分は特に無かった。
とはいえ、作画レベルが高いというほどでもないので、普通ということで。


演出・・・4
ホビーアニメには珍しく(?)割と若手の声優さんが多かったけど、演技的には申し分ない。
また、バトルシーンもド派手なものが多く、見ごたえは十分。
一番のお気に入りは・・・、決勝トーナメントの翼vsアルゴだろうか。
レイギルさんの格好良さパネェ!

カメラワークや構図については良く分かりませぬ。
ド素人なもので。


音楽・・・3
すんません。
作中の音楽とか本当耳に入らない体質なもんで。
とりあえず、主題歌・・・、特にOPが好き。


総合的な評価・・・4
面白くなければブログで感想など書きません。
しかし、他人に薦められるかどうかというと、それはまた別の話。
ってか、人に薦めるのとかって苦手なんだってば。
スポンサーサイト

テーマ : メタルファイト ベイブレード
ジャンル : アニメ・コミック

日曜日視聴番組感想その60

メタルファイトベイブレード 爆
第51話「ギャラクシーハート」

スパイラルフォースの暴走がきっかけで海上へと墜落したハデスシティ。
それだけに留まらず、15分後には崩壊が迫っていた。
ベイの力が起こしたことならベイで何とかするしかない・・・、脱出するよりも暴走を食い止めようと提案した銀河は、ジグラットが脱出を試みたエレベーターを使い、まどかとともにエネルギー炉へと向かう。

スパイラルコアに残り、ホロギウムを回し続けようとするファウスト。
正宗は、かつて交わした約束・・・自分かゼオが世界一になったときにトビーの挑戦を受ける・・・を果たすため、今ここでベイバトルを申し込む。

ジグラットは、この危機的状況は自分が起こしたことではないとただ一人で逃げだすのだった。

ホロギウムを使いスパイラルフォースを発生し続けると、このままだと地球はお終いだというジグラット。
お、お前・・・、またとんでもないものを造ったなw
ってか、スパイラルフォースを発生させるための重要人物であるファウストのコントロールがまともに出来ないとか・・・。
こういう予想外の緊急時になって、ジグラットは自身の目論みの不完全さを思い知っただろうか。
いや、自分のせいではないと責任逃れしようとしているな。
こんな大人になっちゃいけない!

逃げるジグラットの前にゼオが現れた。
半狂乱しベイを放つジグラットを倒し、ゼオはトビーを探す。

エネルギー炉に辿り着いた銀河。
そこはスパイラルフォースの暴走により高温となっていた。
まどかの分析で、ペガシスがビッグバンブレーダーズ決勝戦以上のパワーを出せればスパイラルフォースを抑え込めるかもしれない・・・。
残された可能性に賭け、銀河はペガシスをシュート!

重労働に定評があるペガシスさん。
ベイバトル以外の事由で酷使されても文句一つ言わないなんて・・・、優秀にも程があるぜ!

ホロギウムへアタックを繰り返す正宗のユニコルノ。
何度やっても正宗に勝ち目は無いと告げるファウストは、何故諦めないのかと問う。
努力は決して裏切らない
昔、トビーから教えてもらった言葉が世界大会を戦い抜く力となり、何度負けても立ち上がってこられた。
そしてベイバトルを通じて熱い魂を持ったブレーダーたちと心を通わすことが出来たのも、全てトビーのおかげなのだと。
ブレーダーはバトルを通じて語り合うもの・・・、自分とトビー、ゼオの3人でNo.1を目指していた頃のようにとことん語り合おうと、正宗は真っ向からぶつかる。

だが、アレンジによる影響が抜けないファウストは、必殺転技・スパイラルディメンションを発動。
正宗は再び宇宙のような空間へと連れてこられるのだった。
しかし、そこへゼオも駆け付け、ファウストの内に眠るトビーへ必死に説得を試みる。

正宗とゼオの呼びかけで混乱を見せるファウスト。
彼の脳裏には、正宗やゼオと過ごした日々が思い出される。
目指すは最強、No.1
3人の合言葉がきっかけで、ついにトビーの人格が戻るのだった。

今の自分がいるのはトビーのおかげだという正宗。
おぉ、何か最終回らしい良いシーンじゃないかー!
そして、正宗の世界大会での戦績が芳しくなかったことも、ここに来て意味のあることになるとは・・・。

ハデスシティ崩壊まで秒読みとなった。
スパイラルフォースを吸収するペガシスだったが、限界が近い・・・。
そこへ竜牙が登場!
ペガシスの右回転とエルドラゴの左回転を合わせることで、ホロギウムのパワーを上回ることに成功する。
スパイラルフォースは宇宙空間に飛散するのだった。

ハデスシティ内部にいた人々は、ヘリやボートで次々と脱出を始めていた。
また、宇宙へと飛んでいたペガシスも銀河のもとに戻り、合流した正宗やキョウヤたち、駆け付けた流星らとともにハデスシティを脱出。

各々は元の生活に戻る。
だが、正宗はトビーとゼオの3人でチーム・ダンジョンを再結成。
銀河は、まどかとケンタとともに、翼と遊を加えての優勝記念パーティをし直すのだった。

翼と遊くんを加えた優勝記念パーティを実現してくれるとか・・・、良く分かってるじゃないですか~!
しかしながら、今度は正宗の姿が無いってことに一抹の寂しさを感じてしまうが。

相変わらず美味しいところを持っている竜牙。
もうそういうキャラになったってことか。
こういう立場のキャラは好きですよ。


銀河くんに差をつけられたと実感した翼と遊くんは、ベイの武者修行に行くかと呟く。
あ、あれ、これって次回作ではレギュラー外れるフラグですかな?
さらに正宗も、アメリカに残るってことは同じくレギュラー降格か??

そんなこんなで次回作。
メタルファイトベイブレード4D」が来週から始まるわけですが。
何か全体的に衣装チェンジしてる!
銀河くんはバンダナ以外は変更無いようだけども。

で、予告から確認出来たキャラは、銀河くん、まどかちゃん、ケンタくん、キョウヤさん、ベンケイの初期メンバーだけか。
どんな内容になるかは分からないけど、引き続き視聴する。

テーマ : メタルファイト ベイブレード
ジャンル : アニメ・コミック

日曜日視聴番組感想その59

メタルファイトベイブレード 爆
第50話「暴走!ホロギウム」

ついにスパイラルコアに辿り着いた銀河と正宗。
ファウストとなったトビーを救おうと焦る正宗に対し、ファウストは自分がトビーだということも忘れ、正宗のことも知らないと呟く。
そこへ現れたジグラットは、ビッグバンブレーダーズでのデータを元に開発したホロギウムを止めることが出来るかと、銀河たちを挑発。
無駄なことだと嘲笑うジグラットを尻目に、銀河と正宗はホロギウムを止めるべく行動を開始した。

スパイラルコアの中心で回転を続けるホロギウムは、ペガシスとユニコルノの同時アタックにも動じない。
それもそのはず。
ホロギウムのバサルトウィールは現存するメタルウィールの中で最大の重量を誇る、まさに史上最強の防御型ベイなのだから。
さらにバサルトウィールが生み出す強力な遠心力によって、重厚かつ安定した回転を得られるのだ。

バサルト=玄武石らしい。
四神の玄武の甲羅のように硬い・・・って感じと捉えて良いだろうか。

スパイラルフォースの供給率が急激に上昇したところで、ジグラットはホロギウムのさらなる恐ろしさを語る。
20世紀の天才物理学者・アインシュタインの相対性理論では、あまりに質量の大きな物質は光や空間すら湾曲させ、時間さえも流れを止める・・・。
つまり、ホロギウムはバサルトウィールが生み出す超重力によって空間と時間を支配することの出来るベイなのだと。

必殺転技・スパイラルディメンション発動。
それにより生み出された宇宙のような空間の中で目覚めた銀河と正宗は、そこに出現したブラックホールに引きずり込まれてしまうのだった。

なるほど、時間の流れを止める~のくだりは、ホロギウムのモチーフが時計座のホロロギウムであることから理解出来た。
そしてジグラットが天才だということも理解出来た。

ふぅ・・・、それにしてもここでアインシュタインの名が出るとは思わなかった。
これ何て科学アニメ!?

開発者のジグラットですら歓喜するスパイラルフォースの力。
さらに、デモンストレーションとして島を消滅させるべく、放射準備が始まる・・・。

しかし、それを阻止したのは竜牙だった。
ジグラットがベイの魔力にとりつかれ自分を見失ったかつての権力者たちと同じだと嫌悪感を抱き、忌まわしい過去とともに決着をつけようと、エルドラゴの力でハデスシティを破壊したのだ。
それは結果的に、ブラックホールに呑み込まれた銀河と正宗が脱出する助力にもなる。
そして、ファウストが隙を見せたことで、ホロギウムを止めるべくペガシスとユニコルノの決死のアタック!

ホロギウムを吹き飛ばし、トビーを救い出すことにも成功。
だが、トビーには未だアレンジの呪縛から解放されていなく、ファウストとしてホロギウムの回転を再開しようと行動を始める。
また、ホロギウムが回転を止めたことによりスパイラルフォースの解放も中断され、このままだとハデスシティが墜落してしまう・・・。
事態は最悪の方向へと向かっていた。

何だ、結局美味しいところを持っていくのは竜牙なのね。
銀河くんと正宗を(結果的に)ブラックホールから救い出し、逆にハデスシティを墜落に追い込む。
エルドラゴはまさに、希望と絶望の両方が詰まっている・・・ということですね。

ところで、自分が社会人になったからかもしれないけども。
ハデスインクで働いている社員たちの行く末が気になる。
ジグラットの陰謀は、一般社員の知る由も無いものだっただろうし。
ハデスシティが崩壊し、大発明・スパイラルフォースも使い物にならないだろう。
ハデスインクは大赤字で倒産?
さて、社員の皆さんはきちんと退職金を受け取れるのだろうか・・・。
(↑おいおい)

テーマ : メタルファイト ベイブレード
ジャンル : アニメ・コミック

日曜日視聴番組感想その58

メタルファイトベイブレード 爆
第49話「放たれた野獣」

ハデスシティ内部・・・、ジグラットは銀河たち侵入者の排除が上手くいっていないことにいら立っていた。
しかし、スパイラルコアに辿り着く前にはダミアンがいる。
ビッグバンブレーダーズ決勝戦で銀河に敗れたものの、そのデータをもとにアレンジによるさらなるパワーアップを果たしていた。
最早ダミアンに勝るブレーダーなどいないと、自信を見せるジグラット。

銀河たちは追手から逃げる中、ダミアンと遭遇。
ダミアンに興味を持っていたキョウヤはバトルを望み、銀河と正宗を先へと向かわせるのだった。

銀河くんたちが辿り着いた場所は行き止まりで、何も無い部屋だった。
が、何と床からダミアンとスタジアムが登場した。
って、この建物、いたるところにスタジアムがあるんだなw
本当、ベイに特化した建物なんですね。

バトル開始。
ダミアンは速攻でヘルズドライブを発動!
だが、キョウヤも真・獅子暴風壁で破り、さらに攻め立てる。
が、ブーストモードであるケルベクスの鉄壁の守りを崩すことは出来ない・・・。
有効な攻撃が見つけられないキョウヤに、ダミアンはヘルズゲートを発動。
地獄の門番に引きずり込まれるレオーネだったが、キョウヤは構わず門の中へと足を踏み入れる。

地獄でのバトルは、ダミアンの一方的優勢となった。
何度も痛めつけられるキョウヤだったが、痛くも痒くもないと立ち上がる。
本物の野生を生きてきた百獣の王に勝てると思うな!
キョウヤの反撃が始まる・・・。

レオーネのアタックではケルベクスにダメージを与えられないと判断したキョウヤさんは、瓦礫を利用しての攻撃を試みたのだが・・・。
ちょっと待って、この世界だと瓦礫よりもベイの方が攻撃力高いんじゃね?
だって、レオーネは強固な壁を何度も破壊しているんだよw

そしてキョウヤさん、公の場でついにM発言しちゃったよw
(↑違げぇ~よ!)
いや、前々からそうなんじゃないかと思ってたんだけどさ。

戦場は地獄とは打って変わって、野生が生きる大地へ。
頼れるのは己の力のみ。
そして、生き残るには自分の力だけで強くならなければならない。
やられたくなければ死に物狂いでかかってこいと叫ぶキョウヤ気迫に、恐怖を覚えるダミアン。
だが、自分こそが選ばれし者だと自負するダミアンは果敢に反撃。
ケルベクスの度重なるアタックに、レオーネにはひびが・・・。

戦況は再びダミアンに傾き、戦場も地獄に戻ってしまう。
そこでキョウヤは、真・獅子暴風壁を繰り出し、そこからさらなる必殺転技・獅子王逆風撃を発動!
その一撃でケルベクスを仕留めることに成功した。

銀河くんに勝ちたいという執念が、キョウヤさんの強みということか。
勝つために切磋琢磨する、そしてどこまでも強くなっていく。
一方で、ダミアンは自分が選ばれし者だと自負し、自ら強くなりたいという思いに欠けていた、ということか。
最終的には、勝利への執念の差だったのか。

ダミアンすら敗北したことにいら立ちつつも、ジグラットは新たなデモンストレーションを行おうとする。
それは、一瞬にして一つの島を消すというもの。

一方で、銀河と正宗はついにスパイラルコアに辿り着くのだった。

島を一瞬にして地図から消すとか・・・。
実権が自分たちにあることを示すためとはいえ、もうそんなことしなくて良いだろ。
都市が空を飛んでいるだけで十分過ぎると思うんだけど。
その方が平和的だし。
島を消すなんて行為は明らかに軍事利用されることを目的にしているとしか思えないわ。


あ、そういえば、無印から通算して今話が第100話だったようだ。
めでたい!

テーマ : メタルファイト ベイブレード
ジャンル : アニメ・コミック

日曜日視聴番組感想その57

メタルファイトベイブレード 爆
第48話「ビフォールの罠」

街が空を飛んでいる・・・。
その様子は大々的に中継され、称賛の声をあげる者がいる一方で、各国首脳は兵器利用されることに警戒を強めていた。
ジグラットは世界的に注目される今、新たなデモンストレーションを行おうとする。

一方、ハデスシティ内部の地下、スパイラルコアを目指す銀河たち。
しかし、ジグラットが放ったブレーダー集団から逃げるため、二手に分かれることに。
銀河・正宗・キョウヤ組は強行突破!
翼・遊・まどか組は、翼を中心に慎重に歩を進める。

立ちはだかるゲート、迫るブレーダー集団・・・。
その全てを力で粉砕するキョウヤさん。
そこに痺れる憧れる~w

一方で慎重に進む翼。
そうか、元スパイだもんな~、こういう潜入的なものは得意分野なのか。

どこかに地下への搬入路があるだろうと言う翼の読みは当たり、そこを進むうちにエネルギー反応のある場所へと辿り着く。
そこには、アレンジを受け直したジャックがいた。
ビッグバンブレーダーズ決勝で竜牙に敗れ、且つ究極のアートを台無しにされたことを嘆くジャック。
そんな彼の一人語りに聞く耳持たない遊は、アレンジシステムを行うカプセルに興味を持つ内に、その中に閉じ込められてしまった。
そのカプセルは内側からは開けられない・・・、そこでジャックは、翼を相手にバトルを申し込む。
がさつで品の無い連中の多いガンガンギャラクシーの中で唯一、翼だけはアートの対象に成り得るというのだ。
遊を助けるためにも、翼はバトルを受ける。

翼はアートの対象に成り得るというジャックだが・・・。
う~ん、翼も芸術的なものには疎い気がするんだけども。
芸術の分かりそうな連中というと・・・、シーザーやソフィあたりだろうか?

ジャックいわく、アレンジを受けると人格が少し変わることもあるんだとか。
実際、ジャックはそれで芸術に目覚めたらしい。
アレンジを受けた前後のダミアンやゼオを見比べても、強ち間違いでもなさそうな気がする。
新しい自分に目覚めるためには、アレンジを受けると良い・・・ということか。
芸術家気質になったり、ドSに目覚めるということで。
あ、あと髪が部分的に染まる。

場所をジャックのアトリエ・・・スタジアムに移す。
そのスタジアムからは、複数の柱が伸びていた。
バトル開始。
翼は、その柱をもとに芸術作品の制作をするジャックに翻弄される。
追いつめられて足掻く翼に対し、ビッグバンブレーダーズで果たせなかった夢・・・最高傑作が生まれると歓喜するジャック。
あと一歩で最高傑作を逃した自分の無念が分かるかと問うジャックだったが、翼にも抱いていたものがあった。
世界大会の優勝を目指して厳しいトーナメントを勝ち抜いてきた。
だが、ダミアンの襲撃がもとで決勝戦に参加出来なかったという無念や悔しさが。

ところが、翼の言い分は芸術に対する情熱の比較にはならないと言うジャック。
それに、例え翼が決勝に出てきたとしても、自分には勝てなかったと。

もし翼が決勝戦に出ていたら、ジャックと戦うことになっていたんだよな~。
つまり、今回の戦いは幻の決勝第2回戦ということか。
そして鳥類対決でもある。

ところで、ジャックが最初に作った柱の人物像だけど。
あれ、翼がモチーフだったんだろうか。
何か髪型がそれっぽかった。

翼は、エルドラゴの闇の力に悩まされたりしていたこともあり、おまけに決勝戦に出場出来ないままビッグバンブレーダーズは終了してしまった・・・。
思うように戦えなかった悔しさは人一倍だろうな~。

いよいよ最後の仕上げに取り掛かるジャック。
だが、ジャックや竜牙に負けないという気持ち、ビッグバンブレーダーズに賭けた自分たちの全ての想いを込めて、翼も応戦に出る。
必殺転技同士のぶつかり合いの末、翼の勝利となった。

まさかの敗北・・・、だが、アレンジを受け直せばと言うジャックだったが、カプセルは遊が自力で破壊していた。
アレンジを受けられなくなり嘆くジャックを尻目に、翼たちは再びスパイラルコアを目指す。

な・・・、カプセルを壊したことを告げる遊くんが可愛すぎる・・・。
どんなことをされても許せてしまう魔性の顔だよね。
少なくてもオレは許す、何でも許しちゃう。

さて、翼とジャック、お互いが無念さを抱いてバトルをしていたわけだけど。
勝敗を分けたのは何だったのだろうか、というところで。
ジャックは、あくまでも自分の芸術欲(?)を満たすためのものだった。
それに対して翼は、自分だけでなく、遊くんも抱いているであろう無念さや悔しさをぶつけていた。
背負うものの重さの違い・・・ということだろうか。

テーマ : メタルファイト ベイブレード
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

大神シロ

Author:大神シロ
居住地:北海道


ご訪問ありがとうございます。
当ブログの管理人はアニオタです。
よって記事もそれに付随した内容になっております。
不快感を感じられた方は早々に立ち去ることをお勧めします。


コメントを頂けるのは大変嬉しいですが、ネタバレ、誹謗中傷などは受け付けておりません。
発見次第削除、若しくはそれ以上の対処を問答無用で行います。
ご了承ください。



視聴中作品

キラキラ☆プリキュア アラモード
ドラゴンボール超
ワンピース
CFヴァンガードG NEXT
よりぬけ銀魂さん
弱虫ペダルNG
アイドルタイムプリパラ
BORUTO
遊戯王VRAINS
ヒミツのここたま
アイカツスターズ!
ポケットモンスターSM
進撃の巨人2
リルリルフェアリル
妖怪ウォッチ
フューチャーカードバディファイトX
DUアプリモンスターズ
境界のRINNE3
僕のヒーローアカデミア
名探偵コナン
アトム ザ・ビギニング
金色のガッシュベル!!

宇宙戦隊キュウレンジャー
仮面ライダーエグゼイド
ヴァンガードG放送局NEXT
A応Pのあにむす!
特捜警察ジャンポリス


聴取中ラジオ

藤井孝太郎のログイン!よるPA
ANI-ON!
水樹奈々スマイル・ギャング
佐倉としたい大西
裏ヴァン!!
ガールフレンド(♪)
Anison-R
堀江由衣の天使のたまご
小澤・長縄のおざなり
早見沙織のふり~すたいる♪
内田真礼とおはなししません?
A&G TR エジソン
こむちゃっとカウントダウン
ヴァンガードGNEXT

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
ブログランキング
ブロとも一覧

FAIRY ENJOY

Torrent まとめ

バリバリ拳で仏恥義理!!!

フェアリーテイル

とある高校の学生日記!

とある暇人の日常記録^^

音藍のつぶやき

イナズマイレブンファンがほざくだけ

なすび日記

ナタデココlife

アニメ日和

希望の扉

指切りげんまん。
リトルバスターズ!
TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト
探偵オペラ ミルキィホームズ
探偵オペラ ミルキィホームズ
侵略!イカ娘
劇場版 銀魂 新訳紅桜編
ダンガンロンパ
ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生
PSPバンブーブレード
バンブーブレード~それからの挑戦~5月28日発売です
10000票達成!目指せ第二期
バンブーブレード第二期アニメ化の投票に参加おねがいします!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
人気記事ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード