FC2ブログ

ダンボール戦機 第39話 感想

第39話「立ち上がれ バン」


シーカー本部で、イノベーターへのハッキングを行っていた真野が成果を上げた。
エターナルサイクラーの在り処を突き止めたのだ。
神谷重工本社工場・5-RAI-AS・・・通称“ゴライアス”。
その地下最深部にエターナルサイクラーが隠されているという。
早速取り返しに行こうと急くアミだが、拓也は冷静でいた。
ゴライアスはイノベーターの兵器工場とも言える場所で、警戒レベルも他の施設とは比べ物にならないのだ。
気持ちは分かるが、あまりにも危険過ぎる。
今は待機しろという拓也の指示に、アミは納得できないでいた。

このまま放って置くことなど出来ないというアミ。
それに、こんなときバンなら同じ気持ちかもしれない・・・。
アミはゴライアスに乗り込むつもりでいた。
カズヤと郷田、そして仙道を加え、さらにはタイミング良くレックスからゴライアス侵入ルートの情報が入り、四人で行動を開始。

ダンボール戦機 第39話1
ダンボール戦機 第39話4
ダンボール戦機 第39話5
ダンボール戦機 第39話6
アミちゃんは真面目な反面、結構無茶するよな~。
そこが魅力だし可愛いところなんだけどね。

レックスの情報が確かなのか、あっさりとゴライアス内部への侵入を果たすアミたち。
辿り着いた部屋では、何かの製造が行われていた。
思わず目を奪われるアミたちだったが、そこに部屋を訪れる者が。
一先ず隠れて様子を伺うと、現れたのは海道。
アミたちはそこで、いくつかの情報を得る。
フェアリーテイル計画、そして海道がイノベーターのトップではない!?

部屋にはさらに、神谷とその息子・コウスケがやって来る。
ここで行われていたのは、グラビティポンプによる“ドングリ”の生産。
そして、自らを神に選ばれた男だと信じているコウスケ。
彼が留学先から帰ってきたのは、フェアリーテイル計画成功のためだった。

コウスケは、部屋にアミたちが侵入していることに気付いていた。
神谷の許しもあり、コウスケはたった一人で排除に出る。
対峙し合い、行われるのはLBXバトル。
世界のルールを教えるため・・・、コウスケはルシファーで立ち塞がった。

ダンボール戦機 第39話12
ダンボール戦機 第39話13
ダンボール戦機 第39話14
ダンボール戦機 第39話15
神に選ばれたとか言いながら、扱うLBXはルシファー・・・堕天使なのか。

一向に立ち直る気配の無いバンのもとに、ジンが訪れた。
バンが恐怖しているのは、イノベーターとの戦いで仲間が死んでしまうかもしれないこと。
それに仲間だけではない、自分も、LBXに関わった人たちも・・・。
悠介の死をきっかけにして、その恐ろしさに気付いてしまったのだ。

悠介の死はジンも目撃していた。
だが、ジンにはそれ以上に辛い経験があった。
トキオブリッジ倒壊事故で、両親が目の前で死んだ。
そして、引き取り育ててくれたのが海道。
ところが、海道はその事故の首謀者であり、両親の仇。
多くの人の命を奪った憎むべき存在でもある。
だが、それでもジンは海道を心底憎むことなど出来なかった。

その海道も、今はもう生きてはいない。
アンドロイドが成り代わっているからだ。
この事実を知ったことで、ジンの決意は決定的になった。
イノベーターと戦い、海道を殺した人物を見つけ出す・・・。
それがジンのやるべきことなのだ。

ダンボール戦機 第39話16
バンが恐怖していたのは、悠介さんの死を目撃したことでもなければ、戦うことでもなかった。
本当に怖れていたのは、戦いによって自分が、仲間が、誰かが死んでしまうこと。
怖いから目を背け、逃げようとしていたってことか。

今までの戦いでは、死に直面するようなことって無かったもんな~。
せいぜい、タイニーオービット社へのリニア衝突くらいか。
戦いながらも、死を意識出来なかったのは仕方が無いのかもしれない。

ジンの決意を聞いても、バンの恐怖は変わらない。
そしてその恐怖はやがて、LBXへの憎しみへと変わる。
しかし、バンは本当はLBXを愛しているはずだとジンは説得を試みる。
LBXは皆を笑顔にするために生まれてきた。
それにLBXがこの世界にとってどういう意味があるのか・・・、それを分かっているからこそ、淳一郎がバンにLBXを託したはずだと。

淳一郎がどんな想いで戦っているのか。
それは母・真理恵から語られることになった。
生み出したものへの責任を取るため。
エターナルサイクラーやLBX・・・、人々を幸せにするために生まれたものを本来の姿に戻そうとしている。
それが戦う理由であり、淳一郎の本当の気持ちなのだと。

そして真理恵の本音は、バンが戦うことには賛同出来ない。
戦うことが嫌なら、もう止めて欲しいとも思っていた。
だが、それはあくまでもバンの気持ち次第・・・。
バンが戦いたいというのなら、止めるつもりはないようだった。

そんな中、ジンのもとに拓也から連絡が入る。
アミたちがゴライアスで捕らわれてしまったらしい。
仲間の危機に、バンが黙っていられるわけがなかった。

ダンボール戦機 第39話18
ダンボール戦機 第39話19
ダンボール戦機 第39話20
↑ジンがすっげぃ嬉しそうだったのが印象的だった。

山野博士が戦う理由。
人々を幸せにするために生まれたLBXを本来の姿に戻そうとしている。
それって、前話でアミちゃんが霧島さんに言ったことと同じだよな。
LBXにとって最も輝ける場所・・・強化ダンボールの中こそがLBXの本来の居場所ってことだった。

アミたちを捕らえたことで、神谷の余裕はさらに強いものとなっていた。
救出のためにシーカーがやって来ることは予想出来る。
厳重な警備を突破があれば、返り討ちにすることなど容易いのだ。
ところが海道は、来るであろうシーカーにエターナルサイクラーのサンプルユニットを渡すよう指示する。

シーカー側は、真野たちが駆け付けていた。
だが、潜入の難しさを感じ足止め中。
そんな中、バンとジンは警備を突破。
海道家に仕える執事の協力で、難なく侵入を果たしたのだ。

しかし、二人の前に海道が現れた。
侵入者排除のため、海道はカイザを繰り出した。

ダンボール戦機 第39話21

オーディーンとゼノンvsカイザ。
バンとジンは最初こそ圧倒するが、カイザの動きが徐々に良くなっていく。
カイザはAI搭載型で、戦いの中で相手の動きを分析し学習しているのだ。
戦いが長引くほど不利になる・・・、ジンは速攻での決着を考えるが、カイザの分析率は100%に達してしまった。

動きが完全に読まれたことで、戦況はカイザ優勢。
だが、バンは気持ちでは負けていない。
やるべきこと、本当の気持ち・・・、それはこれ以上LBXで悲しい思いをする人を作らないこと!

バンの決意がエクストリームモードを呼び起こし、オーディーンを光輝く姿へと変えさせる。
オーディーンは解析不能の速さでカイザを撃破。
さらに吹き飛ばされたカイザが海道の顔を傷付け・・・。
海道も機能を停止するのだった。

戦いを終えたバンとジンは、仲間の救出のため急ぐ!

ダンボール戦機 第39話22
本当にクライマックス間近って感じだ。

ゲームは第2弾が出そうだし、アニメもまだ続くんだろうか。
いや・・・、一旦終了しちゃうのかな。

テーマ : ダンボール戦機
ジャンル : ゲーム

ダンボール戦機 第38話 感想

第38話「シーカー再生の時」


悠介の事故死・・・。
それを間近で見てしまったバンは心に大きな傷を抱え、5日も学校を休んでいた。
その間、阻止すべきだった地殻動発電の許可が下り、実験の最終調整が始められようとしている。

エターナルサイクラーのサンプルは奪われ、そのデータも失われてしまった。
そして兄・悠介の死・・・。
拓也にとっては失うものが多過ぎ、これから進むべき道に迷いが生じていた。
だが、駆け付けたレックスにより情報がもたらされる。
タイニーオービット社の役員・沢村は、イノベーターの一員!?

その沢村は、海道や神谷とともにいた。
エターナルサイクラーの完成。
そして、フェアリーテイル計画・・・。
タイニーオービット社がイノベーターのものになるのも間も無くだとほくそ笑む。

ダンボール戦機 第38話2
ダンボール戦機 第38話3
ダンボール戦機 第38話4
もぅ~、レックスったら肝心なときに限っていないんだからぁ。

悠介に代わり、タイニーオービット社の社長となった拓也。
秘書の霧野により、悠介が海道の不正を調べ上げ、それをもとに告発を考えていたことを知る。
過去を振り返るなと言い続けていた悠介の、言葉とは裏腹な行動・・・。
悠介の想いを知った拓也は、社員を全員集め、ある発表を行おうとする。

悠介の跡を継ぎ、社のさらなる発展のために尽力する。
その第一段階として、役員を全員解雇する!
役員のほとんどがイノベーターに買収されており、タイニーオービット社を手に入れようとしていた彼らにとっては大きな痛手となった。

拓也の思わぬ言動。
だが、イノベーターも素早く対処に動く。
次なる一手は姿を消した淳一郎との接触だと考え、シーカーに関係する者たちへの徹底したマークを開始。

ダンボール戦機 第38話5
ダンボール戦機 第38話6
有能な美人社長秘書・霧野さん。
良いよな~、社長秘書、フヘヘ。
泣きぼくろがまた魅力的だ。

ダンボール戦機 第38話7
拓也さんかっけぇ~~~!!
突然の役員解雇。
いやぁね、拓也さんって、ちょっと頼りないお兄さんってイメージがあったんだけどさ。
ゲームでこのシーンを見て、考えを改めたのを今でも覚えている。

シーカーも気持ちを新たに動き出そうとしていた。
エターナルサイクラーのデータを復元し、地殻動発電を止めるため。
そして、八神や真野たちを正式に迎え入れ、さらにもう一人・・・。
霧島平治。
エターナルサイクラーのサンプル奪取を行った張本人であり、悠介の事故死とも関係の深い人物だった。
その事実を知る郷田やカズヤは否定的。
ところが、拓也は恨んでなどいなかった。
霧島もまたイノベーターによる被害者で、心の隙を突かれ憎しみに囚われてしまった。
憎しみは人を変えてしまう。
だが、シーカーを憎しみで行動する組織にはしたくない。
悠介の跡を継ぐという、拓也の決意の証でもあった。

霧島の協力は、アミにとっても複雑なところ。
しかし、一つだけ確かな想いがあった。
強化ダンボールを作り出してくれたことへの感謝の気持ち。
強化ダンボールがあったからこそLBXは普及した。
そして、LBXにとって最も輝けるその中に彼らを帰してあげたい・・・。
その想いは、皆も同じくするところだった。

ダンボール戦機 第38話10
拓也さんって、八神さんたちの協力を得ることに否定的だったよな。
それが一転して、八神さんたちどころか、霧島さんまで仲間に引き入れるとは。
単純に悠介さんの跡を継ぐってだけじゃなく、彼の死をきっかけにして考えに変化が生じたんだろうな~って思う。

シーカーからの帰り道。
アミとカズヤは八神からの連絡を受け、ブルーキャッツ内部へと入って行く。
八神の目的は、二人を尾行していた男を誘き出すことだった。
男の操作するアサシンは、イノベーターの青の部隊のLBX。
八神はアサシンを通し、イノベーターに宣戦布告。


郷田は行きつけのゲームセンターを訪れていた。
そこでは、LBXバトルをしながらも退屈そうな仙道の姿が。
もっとデカイ相手とやってみないか・・・、郷田は仙道を仲間にするべく声を掛ける。

シーカー本部では、真野によりイノベーターへのハッキングが行われていた。
セキュリティは厳しいが、そこは天才を自称する真野。
見事突破し、イノベーターの計画を知る手段を得る。

ダンボール戦機 第38話18
ダンボール戦機 第38話19
ダンボール戦機 第38話20
ダンボール戦機 第38話21
八神さんが格好良過ぎて、もうね・・・。
この湧き上がる気持ちをどこにぶつけたら良いんだ・・・。

ダンボール戦機 第38話22
郷田くんナイスです。

海道邸では、ジンが海道を問い詰めていた。
海道が悠介の死に関わっているのでは?
だが、ジンの目的はそれとは別。
海道の正体について確信を得るためのものだった。
その結果、今の海道は人間ではなく、機械だという事実を知る。
ショックは隠しきれないが、決意を確かなものにするには十分過ぎた。
バンたちとともに戦うため、ジンは海道邸を出て行くのだった。

その頃、とある空港では沢村と神谷がある男の到着を待っていた。
イノベーターの切り札であり、最強のLBXプレイヤーと称される男。
神谷コウスケ、上陸・・・!

ダンボール戦機 第38話23

ダンボール戦機 第38話24
神谷コウスケが登場したところで、イノベーターとの最終決戦が近いって感じだな。





良い子には見せられないよ!

続きを読む

テーマ : ダンボール戦機
ジャンル : ゲーム

ダンボール戦機 第37話 感想

第37話「要塞戦車バルドーマ」


タイニーオービット社に向けて、イノベーターのLBXが侵攻していた。
その数、25,000機以上!?
危機が迫る中、悠介は戦いを決断する。
持てる力の全てを使って、人類の希望・エターナルサイクラーの完成を死守するために。
拓也は指揮のためにシーカー本部へ。
郷田は直接迎撃。
バンとアミ、カズヤは、コントロールポッドを使用して地下道からの入り口を守る。
そこが最終防衛ラインだ。

彼らだけではない。
タイニーオービット社のLBXプレイヤーたち。
ハッカー軍団が、インフィニティーネットからの遠隔操作で出撃。
そして、八神たちもレベル4研究室へ。

エターナルサイクラー完成まで1時間・・・。
バンたちの長い戦いが始まった。

ダンボール戦機 第37話1
ダンボール戦機 第37話2
ダンボール戦機 第37話4
ダンボール戦機 第37話6
ダンボール戦機 第37話7

迎撃開始。
向かってくる敵に対し、必殺ファンクションの応酬!
だが、あまりにも数が多過ぎる。
敵は最終防衛ラインまで進み、バンたちも迎え撃つ。

そんな中、アミはあることに気付く。
動きが単調な全てのLBXが、自動制御されていることに。
そうと分かれば話は早い。
決まった動きしか出来ない敵を次々と撃破していく。
ところが、やはり数が多い。
把握出来ていないルートから、社内への侵入を許してしまったのだ。

間もなくエターナルサイクラーが完成する。
そして地下道の敵の数が10%を切ったこともあり、レベル4研究室の防衛を優先。
拓也の指示のもと、バンや郷田たちは社内に戻ろうとするが・・・。
地下道に新たに現れた巨大な影。
それはまるで・・・、戦車!?

ダンボール戦機 第37話9

ダンボール戦機 第37話8
アミちゃん!

ダンボール戦機 第37話10
アミちゃん・・・!!

ダンボール戦機 第37話12
アミちゃぁぁぁぁぁん!!!

ダンボール戦機 第37話13
八神さんも素敵です。

ダンボール戦機 第37話14
戦車とか・・・。
こんなの送りだして良かったのか、イノベーターは。
例えタイニーオービット社に大打撃を与えることが出来ても、警察沙汰になるんじゃないのか。
それとも、海道とかの力でどうとでもなるのか??

要塞戦車バルドーマ。
あらゆる攻撃を物ともせず、逆に凄まじい威力の砲撃を仕掛けてくる。
放っておけないバンは迎撃に向かおうとするが、近付くのも難しい。
だが、そんな状況の中で駆け付けたのはジンだった。
新たなLBX・ゼノンを手に、自信を見せるジン。
バンは残りジンと共闘。
アミとカズヤ、郷田は、レベル4研究室へ防衛に向かう。

ジンは、アタックファンクション・ブレイクゲイザーを発動。
その威力はプロトゼノンの比ではないが、バルドーマに大きな傷を付けることは出来ない。
しかし、ジンの狙いは別。
巻き起こった土煙を利用し、その隙にバルドーマに接近。
ゼノンがハッキングし、システムダウンさせようというのだ。

バンの時間稼ぎもあってハッキングは完了し、バルドーマは機能を停止。
レベル4研究室に侵入した敵の撃退にも成功した。

ダンボール戦機 第37話15
ダンボール戦機 第37話16
良いところで来るもんな~、ジン。
格好良過ぎるよ、もう・・・!

っていうか、ゼノンの完成からジンが駆け付けるまで、異常に早くないか。

エターナルサイクラーのサンプルユニットも完成。
早速、評議会に向かおうとする悠介だったが、社内の一部が停電。
その隙に、エターナルサイクラーは強奪されてしまった。

逃走する犯人を追う悠介。
さらに、ジンと合流したバンも異変に気付き追跡。
やがて追い詰めた犯人は霧島だった。
LBXの侵攻は、このための陽動だったのだ。

悠介は、銃を片手に錯乱する霧島の説得を試みる。
だが、その様子を影から監視する男が。
男は無人のトラックを起動させた後、霧島からエターナルサイクラーを奪取し逃走。
そして、追おうとした霧島の眼前にはトラックが迫る。
しかし、霧島を助けようとした悠介が飛び出して・・・。
あまりに悲惨な光景に、バンは言葉を失うのだった。

ダンボール戦機 第37話17
ダンボール戦機 第37話18
やだぁ~、これはトラウマになるレベルだわ~。

テーマ : ダンボール戦機
ジャンル : ゲーム

ダンボール戦機 第36話 感想

第36話「人類の希望 エターナルサイクラー」


プラチナカプセルの解読コードを手にタイニーオービット社を目指すバンたちの前に、イノベーターの追手が立ち塞がった。
囲まれピンチに陥る彼らを助けたのは、八神と真野、細井、矢壁。
イノベーターの黒の部隊である彼らの登場を不審に思う拓也だが、八神は海道と戦うためにイノベーターと決別したのだと告白する。

バンたちは無事に、タイニーオービット社に到着。
早速、解読コードを悠介に渡す。
悠介が危惧しているのは、海道が推し進めている地殻動発電。
海底火山を噴火させて莫大なエネルギーを生むシステムで、一般的には知られていないが、地球全体に地殻変動が起こる等の安全性に不安もある。
そうなれば、計画を認可した財前総理は責任を問われ失脚、彼に成り代わって海道たちが政府を牛耳る。
さらには、被害を受けた世界のエネルギー供給を支配することで、莫大な富を貪る可能性も。
間もなく行われるという実験を阻止するため、悠介は無限稼働機関・エターナルサイクラーのサンプルユニットの開発を急ぐ必要があった。
海道を止めたいという八神たちも受け入れた悠介は、エターナルサイクラー製作に取り掛かる。

その頃、タイニーオービット社内部には、イノベーターと内通する沢村がいた。
プラチナカプセルと解読コードを奪いそこなったという報告に苛立ち、“例の作戦”を急ぐ必要があると考える。

ダンボール戦機 第36話1
八神さん、素敵です・・・。

ダンボール戦機 第36話2
ダンボール戦機 第36話3
地殻動発電。
すぐに話の分かったバンやアミちゃんは、しっかりニュースを見ているんだね。
偉い偉い。
それに比べて郷田、お前ときたら・・・。
ニュースとかはちゃんと見た方が良いよ。
(↑人のこと言えないだろう)

ジンは、サイバーランス社を訪れていた。
アキハバラキングダムでの戦いを通し、プロトゼノンの戦闘データの収集は十分。
それと同時に、プロトゼノンの性能にも不満を感じていた。
もうすぐゼノンが必要になる・・・。
ジンの期待に副えるだろうと、前原はゼノン完成に自信を見せた。

一方の仙道。
アキハバラキングダムでの激闘を終え、刺激の無い日常に退屈していた。

ダンボール戦機 第36話4
ダンボール戦機 第36話5
アキハバラキングダムでの激闘。
仙道くんに思い出されるのは、郷田のことばかり・・・。
確かにね。
別れ際の郷田は、良い笑顔だった!

エターナルサイクラーの開発に取り掛かった結城。
バンの父・淳一郎の設計図・理論に驚嘆しつつも、早速製作を開始する。
完成までの時間を無駄に出来ないと考えたバンは、アミたちとともにシーカー本部に向かう。
その道中、海道邸で別れた里奈と思わぬ再会を果たすのだった。

ところ変わって、とある公園。
神谷重工を辞めた霧島が一人佇んでいた。
自身が経営していたアスカ工業が廃業するきっかけとなった強化ダンボールの権利と、会社の再建という夢。
その全てを奪った悠介に対する恨みは晴れることはなかった。
そこへ、神谷重工の会長・神谷が現れる。
力になれなかったと肩を落とす霧島に、アスカ工業再建への可能性を示唆するのだった。

ダンボール戦機 第36話6

霧島さん、出てきちゃったなぁ・・・。
鬱展開来ちゃうんじゃないの、これ。

シーカー本部では、イノベーターによる襲撃に備える計画が進められていた。
協力する姿勢の八神たちだが、拓也は未だに信用する様子は無く、雰囲気が悪くなりかける。
が、そこへ里奈と合流したバンたちが入室。
里奈もまた、八神との再会に驚きを隠せないでいた。

里奈はスパークブロード通信の分野への詳しさを買われ、LBXコントロールポッド開発のスタッフとして再雇用されていた。
妹のもとに戻るよう勧めていた八神だが、里奈にも事情があった。
殺害してしまったはずの海道が生きていたこと。
その理由は分からないが、少なくとも里奈の戦いはまだ終わっていなかったのだ。

そんな中、タイニーオービット社にオタクロスからの緊急連絡が入る。
ハッカー軍団の情報から、社屋にイノベーターのLBXが迫って来ていると掴んだのだ。
会社のセキュリティに引っ掛からなかったのは、何者かによりシステムがダウンさせられていたことが原因らしい。
それが八神だと思い込み突っ掛かる拓也だが、迫るLBXの数の多さに驚愕。
リニアモーターカー開通前に使用されていた地下鉄の廃線を通ってやって来るのは・・・、25,000機のLBX!?

ダンボール戦機 第36話7
25,000機のLBXって・・・。
それを操るイノベーターも25,000人いるってこと!?
いや、自律型LBXってやつか。

テーマ : ダンボール戦機
ジャンル : ゲーム

ダンボール戦機 第35話 感想

第35話「衝撃 太陽神アポロカイザー」


アキハバラキングダムを勝ち抜き、マスターキングへの挑戦権を得たバンたち。
だが、彼らの前に現れたマスターキングはまだ5歳の少年。
呆気に取られるバンだったが、マスターキングはバンたちの事情を全て知っていた。

バトルを前に、5分以内での勝利を宣言するマスターキング。
その発言に観客たちもヒートアップし、バンたちは完全にアウェーとなってしまう。
それでも、解読コードのデータを回収するという目的を果たすためには、新たなキングになるしかない・・・。
バンは一層気合いを入れる。

バトル開始。
3対3でありながらも、マスターキングのアポロカイザーは高みの見物を決め込む。
そこでバンたちは数的有利を活かして攻めるが、慣れない氷のフィールドに大苦戦。
マスターキングのサポート2人が操るグレイメイドは、氷のフィールドを使いなれていることに加え、相手の出方によって臨機応変に対応するという統制の取れた動きで翻弄。
しかも、その動きで郷田と仙道の相討ちを狙う。
だが、激突の反動を利用してグレイメイドに接近した郷田と仙道は、必殺ファンクションを発動。
グレイメイド2体を吹き飛ばすのだった。

ダンボール戦機 第35話2
ダンボール戦機 第35話3
ダンボール戦機 第35話4
ダンボール戦機 第35話5
氷のフィールドに大苦戦のバンチーム。
スパイクの縁を使って動きをコントロールすれば良いんじゃね?
(↑そりゃ一つ前の番組だわ~)

ダンボール戦機 第35話6

グレイメイド2体がやられたにも関わらず、マスターキングは余裕の表情。
傷付いたグレイメイドをハカイオー絶斗とナイトメアに張り付かせ、動きを封じたところで必殺ファンクションを放とうというのだ。
アタックファンクション・神速剣。
その攻撃により、庇うために前に出たオーディーンは左腕を奪われ、ハカイオー絶斗とナイトメアのライフは一気に半分にされてしまった。

グレイメイド2体は大破。
だが、傷付いたオーディーンらにはアポロカイザー1体の攻撃を防ぐのも難しい。
再び発動された神速剣により、バンたちはさらなる窮地に追い込まれる。
しかし、必殺ファンクション発動後のアポロカイザーの動きに違和感を覚えるバン。
そしてその違和感こそが、アポロカイザーを倒すための決定的な要素になると考えた。
止めを刺そうとするマスターキングに対し、バンは郷田と仙道の協力を得て応じる。

3度目の神速剣。
これで勝負ありと思われたが、ハカイオー絶斗とナイトメアが盾となることで、オーディーンは辛うじて生き残った。
そして反撃。
アタックファンクション・グングニル。
その一撃でアポロカイザーの撃破に成功するのだった。

珍しく協力して戦い抜いたバンチーム。
幼児にバカにされっぱなしじゃあ面目丸潰れだもんね~。
ダンボール戦機 第35話9
ダンボール戦機 第35話14
オマエラ・・・。

勝負の決め手。
それは、アポロカイザーの弱点を突いたことにあった。
アポロカイザーは必殺ファンクション発動後、一定時間動くことが出来なくなるのだ。
そして何より、協力し合ったバンたちと、仲間を犠牲にしたマスターキング。
その差もまた、勝敗を決めていた。

バンたちとの戦いを終えたマスターキングは、小生意気な態度から一転、バトルが楽しかったと素直になる。
しかし、観戦していたオタクロスは、相変わらずマスターキングを気に入らない様子。
前回のアキハバラキングダムで騙され、キングの座を奪われたからだ。
わざと負ければ、とある新幹線の48分の1モデル限定品をくれるという約束を破られたこと・・・。
オタクロスのあまりに幼稚な理由に、一同はすっかり呆れるのだった。

なるほどね~。
強過ぎる力には、その反動があったということか。
ダンボール戦機 第35話10
ダンボール戦機 第35話11
そしてバンがアポロカイザーの弱点に気付くきっかけを作ったのは、紛れもなく仙道くんだった。
良い仕事したな~。


東海道リニア開通30周年記念、0系48分の1モデル500個限定モデル。
ダンボール戦機 第35話16
オタクロスも大概だけど、本当に約束していたのならマスターキングもアレだ。

ダンボール戦機 第35話17

新たなキングとなったバン。
ハッカー軍団の協力も得て、解読コードの回収に乗り出す。
団員をフル動員した彼らにより、回収率は99%まで到達。
ところが、残り1%が問題だった。
ゴッドゲートが爆発したときの影響でアンチウイルスプログラムのバグが発生しており、データは磁気嵐の中にある空洞に閉じ込められているというのだ。
磁気嵐に触れれば、データは消滅してしまう。
しかも空洞は徐々に小さくなっていて、消滅も時間の問題となっていた。

データを回収出来る可能性は一つ。
レッドリボンをデータ化してインフィニティーネット内に侵入。
そして、レッドリボンを中心として人工的な磁気嵐を発生させる。
大きな嵐が小さな嵐を吸収しようという性質を利用して、磁気嵐の中に入り込もうというのだ。
その作戦は成功し、とりあえずデータの回収に成功。
あとはデータを持ち帰ることが出来れば良いのだが・・・。
時間との戦い・・・、ギリギリのところでデータ回収。
ついに回収率100%となるのだった。

拓也も合流し、解読コードを持ってタイニーオービット社に向かうことに。
先日のイノベーター強襲の教訓を活かし、車を囮にして電車を利用しようとする。
だが、イノベーターが待ち伏せしており、バンたちは囲まれてしまった。

ジンと仙道くん・・・、お気に入りのキャラが離脱してしまったのは寂しい。
でもきっと、また近いうちに合流してくれると信じてる!
ダンボール戦機 第35話20
ダンボール戦機 第35話21
ダンボール戦機 第35話22
ダンボール戦機 第35話23
ジンに不信感を抱いていたカズ。
お互いいがみ合っていた郷田と仙道くん。
でも、アキハバラキングダムを通して信頼とか絆とかが芽生えたようだ。
良い関係になったな~、本当。


ハッカー軍団、意外に良い奴らだった!
ダンボール戦機 第35話30
ダンボール戦機 第35話31
自分たちのポリシーというかプライドというか。
確固たるものがあるってのが良いよね。


ダンボール戦機 第35話33
アキハバラキングダムで活躍していたバンたち。
そりゃあイノベーターも目をつけるはずだわ。
車を囮にするなんて意味など無かった。

テーマ : ダンボール戦機
ジャンル : ゲーム

プロフィール

大神シロ

Author:大神シロ
居住地:北海道


ご訪問ありがとうございます。
当ブログの管理人はアニオタです。
よって記事もそれに付随した内容になっております。
不快感を感じられた方は早々に立ち去ることをお勧めします。


コメントを頂けるのは大変嬉しいですが、ネタバレ、誹謗中傷などは受け付けておりません。
発見次第削除、若しくはそれ以上の対処を問答無用で行います。
ご了承ください。



視聴中作品

ヒーリングっど♥プリキュア!
デジモンアドベンチャー:
キラっとプリ☆チャン
ミュークルドリーミー
BORUTO
ポケットモンスター
シャドウバース
ブラッククローバー
フルーツバスケット2
あひるの空
ポプテピピック
ガンダムビルドダイバーズR
ガルパ☆ピコ大盛り
ギャルと恐竜
Reゼロ2
ゾイドワイルドZERO
妖怪学園Y
彼女、お借りします
炎炎ノ消防隊 弐ノ章
遊戯王SEVENS
ヴァンガード外伝if
ハクション大魔王2020
メジャーセカンド2
名探偵コナン
アイカツオンパレード!

仮面ライダーゼロワン
魔進戦隊キラメイジャー
レクニャンのゲーム部屋
週刊ヴァンガ情報局
もるふぉにかる
ブシロードTV
バンドリ!TV
しゅわりんTV
ウルトラマンZ


聴取中ラジオ

藤井孝太郎のログイン!よるPA
大橋彩香のAnyBeat!
水樹奈々スマイル・ギャング
石原夏織のCarry up!?
ポピラジ
ラジオスタァライト
シークフェルトのえ~でるラジオ
堀江由衣浅野真澄とれとれ
モニカラジオ
RoseliaのRADIO SHOUT!
RASのRADIO RIOT
ガールフレンド(仮)(♪)
プリコネR
相羽あいな大こ~かいRaDiO
田村ゆかりの乙女心症候群
ゾイドワイルドZEROラジオ
Anison-R
堀江由衣の天使のたまご
阿澄佳奈のキミまち!
A&G TR エジソン
こむちゃっとカウントダウン
Afterglow夕焼けSTUDIO

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FT (8)
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
ブログランキング
ブロとも一覧

FAIRY ENJOY

Torrent まとめ

バリバリ拳で仏恥義理!!!

フェアリーテイル

とある高校の学生日記!

とある暇人の日常記録^^

音藍のつぶやき

イナズマイレブンファンがほざくだけ

なすび日記

ナタデココlife

アニメ日和

希望の扉

指切りげんまん。
リトルバスターズ!
TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト
探偵オペラ ミルキィホームズ
探偵オペラ ミルキィホームズ
侵略!イカ娘
劇場版 銀魂 新訳紅桜編
ダンガンロンパ
ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生
PSPバンブーブレード
バンブーブレード~それからの挑戦~5月28日発売です
10000票達成!目指せ第二期
バンブーブレード第二期アニメ化の投票に参加おねがいします!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
人気記事ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード