イナズマイレブンGO・CS 第51話 感想

第51話「サッカーが帰ってきた!」


セカンドステージ・チルドレンとの戦いは終わった。
現代へと帰ってきた天馬たちが見つけたのは、サッカーを楽しむ子供たちの姿。
サッカー禁止令は何事もなかったように解除されていたのだ。
秋と合流した天馬たちは、これまでの戦いを振り返っていく。

全ての発端はアルファ率いるプロトコル・オメガと、フェイとの出会いから。
両者ともに200年後の未来からやってきていたが、考え方はまるで逆だった。
プロトコル・オメガ・・・エルドラドがサッカーを消そうとするのに対し、フェイはサッカーは必要だと主張。
天馬はエルドラドを倒すため、フェイと共に冒険へと出発した。

時空を超えた冒険は驚きの連続。
戦国時代や中世のフランスでの戦い。
恐竜時代ではトーブと仲間に。
そして物語の世界で円卓の騎士になるなど、その体験は様々。
だがどんな時代でも共通していたのは、天馬たちとその時代の人々をサッカーが繋いでくれたことだった。

イナズマイレブンGOcs 第51話1
イナズマイレブンGOcs 第51話2
サッカーを楽しむ少年少女たち。
この子ら、一般の子供たちが声当ててるの?
イベントか何かの当選者??
そういえばそんなものがあったような、無かったような・・・曖昧な記憶しかないや。
とりあえず女の子は割と良かったよっ。

イナズマイレブンGOcs 第51話4
サッカー禁止令は解除されたって。
最初から無かったことにはならないもんなんだ。

敵だった者たちとの間にも絆が生まれた。
アルファやベータ、ガンマ。
さらには時空最強イレブンとなったザナーク。

しかし、逆に仲間だったはずのフェイと対峙してしまうことも。
フェイが戦ってきた理由は、サッカーが好きだから・・・ではない。
セカンドステージ・チルドレンであるフェイは、そのリーダー格・SARUと志を同じくし、自分たちの存在を認めさせるために戦っていたのだ。

フェイとの対戦の中で、驚愕の事実が判明していく。
謎の存在だった支援者X・アスレイがフェイの父親。
そして雷門の選手として共に戦ってきた黄名子が母親だった。
父親との間のすれ違いがきっかけでセカンドステージ・チルドレンに身を置いていたフェイ。
だが天馬の言葉もあり、フェイは再び天馬たちと共に戦うことになった。

イナズマイレブンGOcs 第51話5
アイキャッチその1。
黄名子ちゃんとフェイの1枚がとても良い、ほのぼのする。
そしてベータちゃんとガンマによる背番号10の奪い合い、その後ろでアルファがちゃっかりキャプテンマークを・・・。

イナズマイレブンGOcs 第51話6
アイキャッチその2。
描かれていないところで、いろんな思い出があったんだなぁ・・・。
もうちょっと見ていたかった気もする。

一人ひとりが強大な力を持つセカンドステージ・チルドレン。
それに対し天馬たちは、時空最強イレブンとして対抗した。
激戦の末に勝利し、天馬たちはサッカーを守ることに成功。
さらには、頑なだったSARUとの間にも友情が芽生えることとなった。

辛いことや苦しいこともたくさんあったが、終わってみればそれらも含めて全てが楽しい思い出。
天馬は今回の冒険のことをパワーに変え、これまで以上にサッカーを楽しもうと意気込む。

そんな天馬をさらに喜ばせる情報が秋から告げられた。
フットボールフロンティア・インターナショナル・・・世界大会の開催。
今大会では女子選手も参加可能となり、男女混合のイナズマジャパンが実現!?
近々行われるという代表選考に向け、天馬は次なる舞台・世界へと思いを馳せた。

イナズマイレブンGOcs 第51話7
イナズマイレブンGOcs 第51話8
FFI、女の子選手も参加出来るって!?
前シリーズラストで女子選手が増えているって話があったような記憶があるけれど。
ようやくか。
敵味方、いずれにも女の子が増えるのは良いことです。


さて~、クロノ・ストーンシリーズも終わったので、単独感想もひとまず終了にする。
次のギャラクシーシリーズは様子見で。
また書きたくなったら書くかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : イナズマイレブンGO
ジャンル : アニメ・コミック

イナズマイレブンGO・CS 第50話 感想

第50話「最後のタイムジャンプ!」


力によって結ばれた固い絆。
自分たちが特別な存在だと頑なに信じるSARUは、天馬の説得にも耳を貸さない。
そしてギリスやメイアと全ての力を合わせ、クロノ・ストームのゴールに迫る。

一方で、天馬たちの力は限界寸前となっていた。
ミキシマックスは間もなく解ける・・・。
だが、だからこそここで最後の力を出し切り、SARUたちの力を受け止めるつもりだ。
また、円堂も監督として天馬たちに声を掛ける。
サッカーにとって大切なものは何だ!?
思い出せ、お前たちの大好きなサッカーを!

天馬はこれまでの経験から、サッカーの楽しさを理解していた。
皆で力を合わせて困難を乗り越えること。
俺たちはチーム!
ザ・ラグーンの一人ひとりが最強だというのなら、俺たちは11人で最強になれば良い!

11人だけじゃない、出会ってきた者や戦ってきた仲間たち・・・。
彼らの思いを感じながら、11人の心は一つとなった。
そして発動・・・最強イレブン波動!
天馬が放ったシュートが決まって4点目、ついに同点へと追いついた。

イナズマイレブンGOcs 第50話1
イナズマイレブンGOcs 第50話2

イナズマイレブンGOcs 第50話3
イナズマイレブンGOcs 第50話4

イナズマイレブンGOcs 第50話5
最強イレブン波動!?
すげぇ、電気ビリビリ、しかも相手11人全員を吹き飛ばしたぞ・・・。
最強ってか最凶。

同点にはなったものの、皆の力はもう限界。
そこで天馬は全員攻撃、最後のプレイだと気合いを入れる。
対するSARUたちも全員で守り・・・。
そして天馬とSARUは再び思いをぶつけ合う。

未来のために生み出された優れた人間。
だからこの戦いで自分たちの存在を認めさせてやる!
それがSARUの思いだ。
優れていようがいまいが皆は同じ人間・・・そう語る天馬の言葉をも否定。
お前なんかとは絶対に違う・・・僕はセカンドステージ・チルドレンなんだ!

SARUの強い思いに反し、ボールはフェイへと渡る。
そして最強イレブン波動!
フェイのシュートによりクロノ・ストームが逆転。
だが同時に、全員のミキシマックスは解けてしまった。

一方で、SARUは天馬とのぶつかり合いで足を負傷してしまっていた。
自分が倒れてしまってはチームがバラバラになる・・・。
誇れる力など残っていない、もう終わりだ・・・そう不安に駆られるSARUだったが、ギリスたちは鼓舞する声を掛けた。
そして次々に掛けられる言葉に、SARUは初めて気付く。
フェーダが繋がっていたのは、力を持った者同士だったからじゃないことを。

イナズマイレブンGOcs 第50話6
イナズマイレブンGOcs 第50話7
謎空間。
G・A・C・T・O??

イナズマイレブンGOcs 第50話9
イナズマイレブンGOcs 第50話10
メイアちゃんにゴミを見るような目で見られたい・・・。
力で繋がった組織・同士だとSARUが思い込んでいたからこその幻覚のようなものだったのかなこれ。
力尽き倒れてしまえば、皆との繋がりが断たれてしまうような。

イナズマイレブンGOcs 第50話11
イナズマイレブンGOcs 第50話12
ニケちゃんも可愛いな、猫みたいな名前。

再び立ち上がったSARU。
そして今度こそ全力で、思い切りサッカーを楽しむ天馬たち。
皆が必死でボールを追い、やがて試合終了。
最終決戦ラグナロクは、クロノ・ストームの勝利となった。

負けて悔しい。
でも楽しかった。
SARUはこの試合を通し、フェーダの繋がりに気付いた。
組織ではなく、友達だったということを。

健闘を称え、握手を求める天馬。
SARUは素直に手を伸ばし、そして願う。
キミの友達に加えてくれないか?
だが天馬にとって友達とは加えるものではない。
思いをぶつけ合ううちに、いつの間にかなるもの。
だから俺たちはもう友達!

SARUはエルドラドの提案通り、セカンドステージ・チルドレンの力を手放すつもりでいた。
力を失うことになるが、寿命は延びる。
ならばサッカーを続けてくれるんだろうと、天馬は喜びを見せた。

イナズマイレブンGOcs 第50話13
イナズマイレブンGOcs 第50話14
お互い体力は限界ながらも、必死でボールに食らいついていく。
やっぱり最後に行くつくのはこのサッカーなのね。

イナズマイレブンGOcs 第50話15

イナズマイレブンGOcs 第50話16
イナズマイレブンGOcs 第50話17
そうか、じいちゃんは・・・。
これが正真正銘最後の大仕事だったんですね。
お疲れ様でした。

雷門へと戻ってきた天馬たち。
だが戦いが終わったことで、フェイや黄名子など未来に生きる者たちとの別れが待っていた。

互いに別れを惜しみつつも、フェイは一つの確信を得ていた。
忘れない・・・忘れるわけがない。
皆と体験した素晴らしい思い出を。
そのたくさんのものを胸に、フェイたちは希望溢れる未来へと帰っていった。

フェイは自分の産まれる数十年前へと寄り道。
そこは病院・・・そしてフェイをお腹に宿す黄名子がいた。
黄名子にはフェイを産んだあとに亡くなってしまうという未来が待っている・・・。
だが今こうしてフェイと会えたことを喜びつつ、生きることを諦めてはいなかった。
歴史は変えられる。
このインタラプトを乗り越えて、新しいタイムルートを作ってみせると。

一方で、天馬たちは過去へと飛ぶ。
やってきたのは円堂たち雷門イレブンが日本一になった日。
祝いに来た・・・わけではなく、皆でサッカーをするため。
以前交わした約束を果たすため、天馬と円堂、雷門同士の試合が始まった。

イナズマイレブンGOcs 第50話18
イナズマイレブンGOcs 第50話19
あぁベータちゃんや黄名子ちゃんとはお別れか・・・。
ベータちゃん登場で感想記事書く気力が復活し、黄名子ちゃんの登場でそれに拍車が掛かって。
もう何もかもが懐かしい・・・今までありがとうね。

イナズマイレブンGOcs 第50話20
イナズマイレブンGOcs 第50話22
うわぁぁぁぁぁ。
アダルト黄名子ちゃん!
いや、アダルトと呼ぶには豪く童顔で可愛らしいけれど。
アスレイさんとの馴れ初めとか、地味に気になる。

イナズマイレブンGOcs 第50話23
これまた懐かしい面々が。
そういえば結局、円堂時代のメンバーは話に絡んでこなかったんだな~。
クロノ・ストーン編の設定が明らかになった時、この時代のキャラたちが大きく関わってくるもんだと思ってたけれど。
あと優一兄さん、この人も時空を超える旅のメンバーに加わるもんだと思ってた。
少なくともゲーム雑誌では優一兄さんがレギュラーになりそうなことが書かれてた覚えがあったんだけどな、確か。

テーマ : イナズマイレブンGO
ジャンル : アニメ・コミック

イナズマイレブンGO・CS 第49話 感想

第49話「猛攻!セカンドステージ・チルドレン!!」


アンプルを使用したSARUたちのさらなる力。
だが絶対に負けられない・・・天馬たちがこの試合に込めた想いもまた強かった。
1-3と劣勢ではあるが、まずは一歩一歩確実にボールを前へと運ぶ・・・。
ザナークとフェイを攻撃の起点とし、天馬たちは逆転すべく攻撃態勢に出た。

しかし、ザ・ラグーンの力・・・特にスピードは圧倒的。
天馬たちは振り回されるばかりで、ボールに触ることすら難しかった。
そんな中で対峙したフェイとSARU。
この試合に必ず勝ち、キミたちを救ってみせる・・・フェイの言葉をSARUは拒否した。
キミたちの運命を握っているのは僕らの方だ!
そうしてSARUは力を解放。
変化したその姿はまるで、凶暴な野獣のような・・・。

超魔神エヴァース!
SARUは自らの化身を繰り出し、アームド!
そして再びのシェルビットバーストで4点目。
これで3点差・・・天馬たちにとっては悪い流れの中で前半が終了した。

イナズマイレブンGOcs 第49話1
イナズマイレブンGOcs 第49話2
レイ・ルクがいた~。
直してもらって良かったね。

イナズマイレブンGOcs 第49話3
!?!?!?!?!?
こ、これがSARUと呼ばれる由縁なのか!
でもSARUというよりGORI・・・。
とりあえず尻尾切っとこうぜ~っと思ったけど、そんなもの無かった。

セカンドステージ・チルドレンしか持ち得ないこの力。
試合の中で、SARUは自分たちの優位性を再確認した。
一方で、天馬たちは一向に見えてこない打開策に頭を抱えるばかり。
だがそんな時、円堂が声を掛けた。
お前たちにとってのサッカーとは何だ?
神童にとっては導いてくれた光、剣城にとっては自分が自分である証。
信助にとってはお日様のような存在、黄名子にとっては大きな希望。
そして天馬にとっては、いつも一緒にいてくれる友達。
円堂が気付いたのは、勝つことに拘り過ぎて、天馬たちのサッカーに対する想いが見失われていたことだった。

後半開始。
ザ・ラグーンに対抗するためには、全員が一つになるしかない!
そこでキーパーを除き、全員で相手をマーク。
そして1vs1でも互角以上に戦えるザナークとフェイが攻め込む。
それでも対応してくるSARUたちには、化身アームドで対抗。
持続時間は短いものの、瞬発力ではミキシマックスより上だからだ。

魔界王ゾディアク・アームド!
ザナーク渾身のシュートは相手キーパーに止められてしまったが、皆のプレーでボールは繋がった。
ボールが繋がって嬉しい、シュートが決まらなくて悔しい。
天馬も気付いた、これが俺たちのサッカーなのだと。

イナズマイレブンGOcs 第49話4
イナズマイレブンGOcs 第49話5
イナズマイレブンGOcs 第49話7
化身アームドの瞬発力はミキシマックスより上なのか。
持続時間は短いけれど。
使い分けの意味は一応あるんだ。
でもザナークはスーパーザナークの方が圧倒的に強いわ、きっと。
なんで化身アームドでシュート打ったの・・・。

ザ・ラグーンに対抗するため、円堂は必殺タクティクスを授けていた。
攻めに転じた今がその時・・・と考える天馬だったが、円堂は様子を見るばかり。
そしてボールを奪われ、SARUが再びシュートを放った。
ところが、円堂はここで必殺タクティクスの発動を指示。
天馬と神童、剣城がSARUのシュートを弱め、信助がボールを弾く。

ボールは天馬から神童、剣城、フェイ・・・順々にパスを回すことでフィールド上にイナズママークが完成。
これが必殺タクティクス・グランドラスター!
そして天馬が化身アームドし、シュート・・・ゴッドウィンド!
必殺タクティクスからシュートへの素晴らしい連携で2点目。
さらにフェイが3点目を決めた。

流れは完全にクロノ・ストームへ。
しかしこの戦況はSARUが納得出来るものではなかった。
ザ・ラグーンは特別な力で繋がった最強のチームのはず。
新しい未来を築き、古い人間たちには決して出来ないことを実現する・・・この素晴らしい力こそがフェーダの皆を支えているのだと。

そう訴えるSARUの言葉を、フェイは否定した。
今なら分かる・・・フェーダは一人ぼっちで寂しい思いをした者たちの集まりだった。
だからこそ身を寄せ合い、支え合って生きてきた。
力で繋がっていたわけじゃない。

イナズマイレブンGOcs 第49話8
必殺タクティクス・グランドラスター。
ゴッドウィンド。
うんうん、新しい必殺技が出てくるのは良いことだね。

イナズマイレブンGOcs 第49話9
イナズマイレブンGOcs 第49話10
そして女の子たちは可愛い、良いことだね。

僕たちを繋げるのは力。
力があるからこそ結束し、大人にも誰にも頼らず生きている。
だからフェーダには価値があるのだとするSARUだったが、天馬はその考え方に納得出来なかった。
本当にそれで良いのか?
皆を繋げているのは力ではないはず・・・胸の中が熱くなって涙が溢れてきて、一緒になって喜んだり悲しんだりして強く繋がっていくものなんじゃないのか。
友達に・・・本当の仲間になるんだ。
それが誰にも断ち切ることの出来ない、深いところで繋がっている絆なんだ!

時空最強イレブンを捜す旅。
その中で手に入れたのは、時空最強イレブンよりももっと大きくて大切なもの・・・皆との絆。
フェイは天馬たちと出会い友達の大切さを知った。
それは家族と同じくらい素晴らしいものだとも。

天馬やフェイの言葉も、SARUは受け入れることが出来なかった。
僕たちは特別なんだ。
特別な力を持つ者同士、繋がっているんだ!
友達なんかじゃない、組織であり同士。
相容れない両者・・・SARUは自らの特別な力を持って、天馬たちを打ち倒すつもりでいた。

イナズマイレブンGOcs 第49話11
イナズマイレブンGOcs 第49話12
イナズマイレブンGOcs 第49話13
次回・次々回あたりでクロノ・ストーンシリーズも終わり?
皆の姿を目に焼き付けておかなければ。

テーマ : イナズマイレブンGO
ジャンル : アニメ・コミック

イナズマイレブンGO・CS 第48話 感想

第48話「SARUの力!」


円堂、復活!
歓喜する天馬たちの中にあって、ザナークは異なる反応を示す。
この声、どこかで聞き覚えがあるような・・・。
その反応は正しく、ザナークが円堂の声を聴いたのはクララジェーンとミキシマックスする時。
円堂はザナークの力を信じ、言葉を掛けていたのだ。

ここまで来たら、後は気持ちの勝負。
最後はこの試合に懸ける思いの強い方が勝つ。
天馬たちの願いと、豪炎寺や鬼道の後押しもあり、円堂は最終試合の監督を引き受けた。

そしてラグナロク最終試合が始まる。
SARUが率いるフェーダ最強チームのザ・ラグーンvsエルドラドのクロノ・ストーム。
この試合を制し、世界の実権を握るのはどちらか!?

思いっきりやってこい!
たった一言に思いを込める監督・円堂。
そして天馬は勝利を誓う。
勝ってSARUたちにもサッカーの素晴らしさを分かってもらいたい。
そんな想いを抱き、天馬たちはフィールドに立った。

イナズマイレブンGOcs 第48話1
イナズマイレブンGOcs 第48話2
円堂監督とはお初にお目にかかるザナーク。
あれ、黄名子ちゃんも・・・だよな、確か。
円堂監督がクロノ・ストーンにされ、奪われたのが第6話。
黄名子ちゃん初登場は尾張の国から戻ってきた第18話。
うわぁ、円堂監督は40話ぶりくらいの復活になるんだ。
本当おかえりなさい!

イナズマイレブンGOcs 第48話3
イナズマイレブンGOcs 第48話4

この試合には、エルドラドのメンバーが暗躍していた。
遠方から照準を合わせ、狙うはSARU。
試合に負けるという最悪の場合を想定し、催眠ガスとワクチンを彼らに投与するためだ。

試合開始を前に、フェーダのメンバーがそれぞれ力を使い始めた。
やがて揺れ始め、浮上していくスタジアム。
そしてSARUがアンプルガンを撃つと、フィールドは空に現れたワームホールの中へと消えていった。
SARUはエルドラドの暗躍に気付いており、誰にも邪魔されないようにと会場を移したのだ。
これで小細工無し・・・全てはこの試合の勝敗で決まる!

クロノ・ストームは、いきなりの全員ミキシマックス。
これが時空最強イレブンの姿!
そして試合開始。
ザ・ラグーンの速攻から始まったこの試合は、激しいボールの取り合いに。
両者一歩も譲らぬ攻防を繰り広げる。
しかし、そんな中で均衡を破ったのはSARU。
ボールを奪い、シュート・・・シェルビットバースト!
先制点はザ・ラグーンとなった。

イナズマイレブンGOcs 第48話6
イナズマイレブンGOcs 第48話7
トウドウら大人たちの思惑も、SARUには全てお見通しか。
そして11人全員の同時ミキシマックス・・・壮観なり。

イナズマイレブンGOcs 第48話8
イナズマイレブンGOcs 第48話9
シェルビットバースト、かっけぇ。
でもまだまだ、今後はシュート以外の必殺技合戦が待ち受けているに違いない!

互角の試合から一転、ザ・ラグーンがボールを支配し始めた。
ミキシマックスの力が通じない・・・パワーもスピードも上回る彼らは、本当に人間なのか!?
剣城にさえそう思わせるほどの力。
だが天馬はセカンドステージ・チルドレンも自分たちと同じ人間だと捉え、だからこそ勝てると信じて疑わなかった。
しかし、再び攻め入られ・・・。
ギリスとメイアのデッドフューチャーG2!
これには劉備の力、さらに必殺技を使った信助でも止められず、2失点目。

この得点ではっきりしたというSARU。
力の差は歴然。
フェーダこそが新しい人間の形であり、自分たちを怪物扱いしたエルドラドの大人たちは古い人間だと。
古い人間は淘汰されるべき。
そして世界に新しい秩序をもたらし、SARUは自分たちの世界を作ろうとしていた。
だからこの試合は容赦しない、自分たちの未来を勝ち取るために!

自分の考えを述べたSARUは、その視線をフェイへと向ける。
考え直すなら今・・・SARUはフェイを再び仲間へと引き入れようとするが、フェイの思いが揺らぐことはなかった。

イナズマイレブンGOcs 第48話10
イナズマイレブンGOcs 第48話11
SARUはフェイに随分と執着しているように思えるのだけれど。
何か特別な感情でも抱いているんだろうか。
SARUにとっては離れていく仲間が初めてで、戸惑っているように思えなくもない。
そう考えると、SARUのこともちょっと可哀そうに思えてきちゃう。

まずは1点。
意気込む天馬だったが、ザナークが独走。
しかしその力はザ・ラグーンとも渡り合えるもの。
さらにフェイも加わり、2人でゴールへと迫る。
グレートマックスなオレ!
ザナークの強烈なシュートが、ついにザ・ラグーンのゴールに突き刺さった。

まだまだチャンスはある。
そう感じた天馬は、フェイとザナークを攻撃の起点とする戦術を立てる。
ところが、ザ・ラグーンはさらなる力を発揮し始めた。
自分たちのオーラを保存したアンプルを使用することで、能力を上げることが出来るのだ。
危険を感じ、一気に守備を固める天馬たち。
だが、ボールは後方、ディフェンダーのダクへと渡り、そのままシュート。
スプリングアロー!
護星神タイタニアス・アームドで挑む信助だったが、ボールを止めることは出来ず・・・。
1-3、さらに突き放されてしまった。

ディフェンダーであるにも関わらず、強力なシュートを放つ。
これがセカンドステージ・チルドレンの力!?

イナズマイレブンGOcs 第48話12
イナズマイレブンGOcs 第48話13
ミキシマックス・劉備。
大国謳歌。
化身アームド。
ダメだ・・・信助の力が全く通用しない・・・。
えぇい、三国さんを・・・三国先輩を呼べぇぇぇ。
若しくはメカ円堂でも可!

テーマ : イナズマイレブンGO
ジャンル : アニメ・コミック

イナズマイレブンGO・CS 第47話 感想

第47話「集結!時空最強イレブン!!」


黄名子がフェイの母親!?
天馬たちにとっては衝撃の告白だったが、アスレイによればこれは事実なのだという。
また、フェイと黄名子は同い年だが、これにも理由があった。
アスレイがタイムジャンプし、フェイと同年代の頃の黄名子を連れてきていたのだ。

フェーダに入ったものの、フェイを守る役目を誰にするか・・・そう迷ったアスレイは、母親である黄名子を選んだ。
そこで黄名子の少女時代にタイムジャンプし、全ての事情を話す。
黄名子が自分の妻となり、フェイの母親になること。
そしてフェイのタイムルートに干渉するには黄名子が最適であること。
もちろん今の黄名子では理解出来ないことばかりだった。

だが最も納得出来なかったのは、何故少女である“今の自分”に声を掛けたのか。
アスレイのいる未来には、フェイを産んだ“黄名子”が存在しているはずだからだ。
ところが、歯切れの悪いアスレイの様子を見て事情を察した黄名子は、彼から詳しい話を聞くことになった。

イナズマイレブンGOcs 第47話1
イナズマイレブンGOcs 第47話2
このシーン・・・しばらく笑いが止まらなかった。
だってどう見ても・・・。
不審なロリコンのおじちゃんが幼女を口説いているようにしか見えなかったんだもの。
キミは(中略)やがて成長し、私の妻となる未来があるのだ
何という悪質にして新手の口説き文句。
こんなことやったら連行されちゃうからね、気をつけてね!

イナズマイレブンGOcs 第47話3
ってか、黄名子ちゃんって何らかの事情で幼女化しているのかと思ってた。
見た目は子供、頭脳は大人!ってやつね。
でも違ったのか。
そうだよな、恐竜時代の言動を思い返せば分かることだったわ。

アスレイの想いを代弁する黄名子。
両親によってずっと見守られていた・・・。
2人の想いを知ったフェイだが、もう後戻りすることは出来ないという。
信じてくれた皆を裏切ったから・・・フェーダを抜けても行くところなどない。
しかし、そんなフェイを天馬は受け入れた。
フェイの帰る場所はここなんだ!

受け入れてくれた雷門の仲間たち。
自分には本当の居場所があった・・・その嬉しさを噛み締めたフェイは、自らの使命を果たすべくフェーダへと戻る。
そこで手にしたのは、円堂のクロノ・ストーン。
これを天馬たちのもとに返そうというのだ。
もちろん、これを黙って見過ごすSARUではない。
円堂という人質がいなければ、天馬たちは逃げてしまうだろうから・・・。
だがフェイはそれを否定した。
天馬たちは逃げない、絶対に。
そしてフェイはフェーダやSARUと決別した。

明日に迫った最終決戦。
トウドウには負けるつもりはなかったが、最悪の場合にも備えていた。
もし試合に負けた場合、催眠ガスでSARUたちを眠らせ、開発したワクチンを投与する算段だ。

イナズマイレブンGOcs 第47話4
イナズマイレブンGOcs 第47話5

イナズマイレブンGOcs 第47話6
イナズマイレブンGOcs 第47話7
SARU、何か・・・。
フェイが離れていったことで傷付いていたりするのかな。
ちょっと寂しそうな感じに思えた。

戻ってきたフェイ。
天馬たちはそれを喜び、サプライズで歓迎。
SARUと敵対することになったフェイだが、その目的は倒すことではない。
彼が閉じこもっている心の牢獄から救いたい・・・。

そしてフェイが戻ってきたことで、時空最強イレブンがコンプリート!
それを記念し、大介が正式名称を決定した。
時を超え吹き抜ける暴風・・・その名も、クロノ・ストーム!

クロノ・ストームが最終戦に挑む。
ほとんどが雷門のメンバーとなったが、アルファやベータ、ガンマもそれには納得済み。
サッカーを守りたい・・・それは彼らも同じくする気持ちだったからだ。

イナズマイレブンGOcs 第47話8
サプライズの提案は我らが水鳥さん。
そしてそれに乗っかる皆、良い子たちやん。

イナズマイレブンGOcs 第47話12
イナズマイレブンGOcs 第47話13
イナズマイレブンGOcs 第47話14
結成!グレートマックスなオレと愉快な下僕ども!!

イナズマイレブンGOcs 第47話15
イナズマイレブンGOcs 第47話16
ベータちゃーーーーーーーー。
それにしてもアルファ、素直で良い子じゃないか。
最近好きかもこの子。

アスレイはSARUに接触していた。
支援者Xとして活動していたのは、自分たちとセカンドステージ・チルドレンが共存出来る道を模索するため。
それが叶えばフェイを再び取り戻すことが出来るから。
そしてアスレイがSARUに求めるのは一つ。
最終試合の中止。
力の優劣をつけることに意味などない。
共に生きていける道を一緒に考えたい、今ならまだ間に合うから。

しかし、SARUは歩み寄ろうとするアスレイを拒否。
世界を支配する人間がどちらかをはっきりさせるために試合を行う。
もちろん、自分たちが勝つことを確信していた。

試合当日。
念のためだというサカマキから、フェーダの念動波を防止するチップを受け取った天馬たち。
そしてもう一つ。
アルノ博士が持ち込んできた、クロノ・ストーン化された人間を元に戻す装置。
フェイが持ち帰った円堂のクロノ・ストーンをセットし、システムスタート!
不具合が生じたりシステムが暴走したり・・・さらに爆発まで起こるというハプニングの連続。
しかし、装置の中心で立っていたのは・・・紛れもなく円堂だった。

イナズマイレブンGOcs 第47話17
円堂監督ぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!
待ってましたぁぁぁぁぁぁぁぁ!!
ワンダバには申し訳ないけど、やっぱり最終試合は円堂くんの監督が良いよね。
何かそこにいるだけで安心する。

テーマ : イナズマイレブンGO
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

大神シロ

Author:大神シロ
居住地:北海道


ご訪問ありがとうございます。
当ブログの管理人はアニオタです。
よって記事もそれに付随した内容になっております。
不快感を感じられた方は早々に立ち去ることをお勧めします。


コメントを頂けるのは大変嬉しいですが、ネタバレ、誹謗中傷などは受け付けておりません。
発見次第削除、若しくはそれ以上の対処を問答無用で行います。
ご了承ください。



視聴中作品

キラキラ☆プリキュア アラモード
ドラゴンボール超
ワンピース
CFヴァンガードG NEXT
ガンダム鉄血のオルフェンズ
遊戯王ARC-V
銀魂.
クズの本懐
弱虫ペダルNG
プリパラ
バトルスピリッツダブルドライブ
双星の陰陽師
エルドライブ
ヒミツのここたま
アイカツスターズ!
ポケットモンスターSM
NARUTO疾風伝
遊戯王20thセレクション
妖怪ウォッチ
DUアプリモンスターズ
フューチャーカードバディファイトDDD
リルリルフェアリル
名探偵コナン
バンドリ!
金色のガッシュベル!!
カードキャプターさくら
デジモンアドベンチャー02
ご注文はうさぎですか?

宇宙戦隊キュウレンジャー
仮面ライダーエグゼイド
ヴァンガードG放送局NEXT
A応Pのあにむす!
特捜警察ジャンポリス


聴取中ラジオ

藤井孝太郎のログイン!よるPA
ANI-ON!
水樹奈々スマイル・ギャング
あなたの隣家のまりんか
渕上舞のとりま
井上・下田のIT革命!
東山奈央のドリームシアター
井口裕香のむ~~~ん
阿澄佳奈 星空ひなたぼっこ
佐倉としたい大西
内田雄馬 君の話を焼かせて
裏ヴァン!!
ガールフレンド(♪)
エリを正してソデまくるラジオ
Anison-R
堀江由衣の天使のたまご
小澤・長縄のおざなり
早見沙織のふり~すたいる♪
everying!のゆめいろラジオ
内田真礼とおはなししません?
A&G TR エジソン
こむちゃっとカウントダウン
ヴァンガードGNEXT

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
ブログランキング
ブロとも一覧

FAIRY ENJOY

Torrent まとめ

バリバリ拳で仏恥義理!!!

フェアリーテイル

とある高校の学生日記!

とある暇人の日常記録^^

音藍のつぶやき

イナズマイレブンファンがほざくだけ

なすび日記

ナタデココlife

アニメ日和

希望の扉

指切りげんまん。
リトルバスターズ!
TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト
探偵オペラ ミルキィホームズ
探偵オペラ ミルキィホームズ
侵略!イカ娘
劇場版 銀魂 新訳紅桜編
ダンガンロンパ
ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生
PSPバンブーブレード
バンブーブレード~それからの挑戦~5月28日発売です
10000票達成!目指せ第二期
バンブーブレード第二期アニメ化の投票に参加おねがいします!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
人気記事ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード