ダンガンロンパ 第2話 感想

4 2
第2話「イキキル(非)日常編」


モノクマに動機を提示された日の夜。
工具セットや模擬刀・・・部屋に戻った苗木は、自分の周りに殺人を煽るものが多く用意されていることに気付き、さらに気分が滅入ってしまう。
そこで気分転換にシャワーを浴びようと考えるが、部屋に完備されたシャワールームのドアは鍵がかかっていないにも関わらず、どんなに頑張っても開くことはなかった。
モノクマによれば、苗木の部屋のものだけドアの建付けが悪いらしい。
ちょっとした工夫で開けることは出来るが・・・。
超高校級の幸運でありながらツイてない。
そうからかうモノクマの態度に、苗木にはもはや何をする気力も無くなってしまっていた。

夜10時・・・夜時間になる頃、舞園が苗木の部屋を訪ねてきた。
誰かが部屋のドアを無理やり開けようとしたらしく、怖くなって助けを求めに来たのだ。
自分たちで定めた夜時間の外出禁止、もしその約束を破る者がいたら・・・。
不安の晴れない舞園を落ち着かせようと、苗木は自らの部屋に泊まることを提案。
校則には「就寝は寄宿舎に設けられた個室でのみ可能」とあるが、誰がどの部屋で寝るかまでは定められていない。
もちろん高校生の男女が一つの部屋に寝泊まりすることは問題があるため、とりあえず一晩だけ部屋の交換をするということで両者納得。

ボクがキミをここから出してみせる、どんなことをしても絶対に!
その誓いを守るためにも、苗木は改めて舞園を支えようと心に決めるのだった。

ダンガンロンパ 第2話1
ダンガンロンパ 第2話3
もしかしてOP、毎回変わるの?
曲も映像も。
ってかモノクマがヌルヌル踊ってて気味が悪い(笑)

ダンガンロンパ 第2話5
ダンガンロンパ 第2話6
前話で流れていた舞園さんのキャラソン。
9月発売のBR・DVD第2巻に収録されるらしい。
買うか・・・全巻購入特典的にはゲーマーズが良いかな、ふへへ。

翌朝。
7時を告げるモノクマ放送の後、食堂に集まることも皆の決め事の一つとなっていた。
苗木の前には石丸と不二咲、朝日奈、大神が既に揃っており、彼らは規則正しい高校生に分類される。
その後に姿を見せた大和田や山田、江ノ島などは、大半の高校生がこの部類に入るだろう多少ルーズな面々。
最後に現れる霧切や桑田、セレス、腐川、葉隠、十神などは、時間どころか他人のことすら気にしないマイペースな者たち。
だが本来なら規則正しい部類に入るだろう舞園がまだ来ていなかった。

不安を感じた苗木は急ぎ、舞園が泊まっているはずの自分の部屋へ。
ところが、ドアの鍵は開いているものの、舞園の姿はない。
それどころか、部屋の中は無残にも荒らされていた。
そして僅かに開かれたシャワールームのドア。
気になった苗木がそのドアを開けると・・・。
そこには血に塗れ倒れた舞園の姿があった。

ダンガンロンパ 第2話7
朝日奈ちゃん、ようやく苗木くんを呼び捨てし始めたかー。
初日では「くん」付け「さん」付けで呼んでいることに違和感があったんだけど。
やっぱり男の子は呼び捨て、女の子には「ちゃん」付けなのが何だか安心する。

ダンガンロンパ 第2話8
ダンガンロンパ 第2話9
雑誌で見た顔と少し印象が違うと、江ノ島さんに話しかけるさくらちゃん。
江ノ島さんは、画像編集ソフトで雑誌用に盛っているらしいけれど・・・。
いやいや、それよりさ。
さくらちゃんがファッション雑誌をチェックしていることにびっくりだよ!
うん・・・ゲームではさくらちゃんじゃなくて苗木くんだったけど、他に指摘出来そうなのって舞園さんくらいだと思うんだ。
石丸くん・大和田くん・山田くんは論外、ちーたんもファッション誌なんて見そうもないし、朝日奈ちゃんは色気より食い気ってイメージ。
超高校級の格闘家であるさくらちゃんは、観察眼とか優れてそうだし。
たまたま見ていた雑誌で顔を覚えていて、実際に会った江ノ島さんの顔との違いに気付いたという可能性もなくもなくもないかもしれない。

ダンガンロンパ 第2話10
舞園さぁぁぁぁぁん。
はぁ、こうなるのは分かっていたんだけど。
部屋に入るシーンからドキドキが止まらなかった、悪い意味で。
くっそぅ、最初から散々舞園さん推しの展開だったのにぃぃぃ。
あと苗木くんの絶叫が凄かった。

ちなみに舞園さんが最初の犠牲者になったことには理由があったらしい。
ゲームでは、女性キャラのデザイン基準となっており、企画段階から何度も使用されていた。
よって開発内では飽きられ、本編では真っ先に退場してしまう扱いとなってしまったとか。

苗木は体育館にいた。
部屋で気を失い、大神によって運ばれたらしい。
また、体育館には舞園を除く全ての生徒が集まっていた。
舞園さやかは死んだ
十神の言葉に気を動転させ、部屋へ戻ろうとする苗木。
だが彼の他に、誰もがこの場から動こうとはしなかった。

生徒たちを体育館に集合させたのはモノクマ。
本意ではないものの、これ以上犠牲を増やさないためにも今は従うべき。
そう判断した霧切の提案により、皆は動けずにいたのだ。

そして現れたモノクマ。
今回の件がモノクマの仕業なのではないかと疑う苗木だったが、彼は学園生活の趣旨に反することは決してしないという。
よって舞園を殺したのは、今この場にいる14人の生徒の中の誰か。
一体誰が・・・?
そう疑心暗鬼に包まれる苗木たちに、モノクマは“卒業”のための補足ルールの説明を始めた。

自分が殺人を犯した“クロ”だと、他の生徒に知られてはならない。
要は完全犯罪を成立させろということ。
それを査定するため、殺人が起きた一定時間後に行われるのが“学級裁判”だ。

ダンガンロンパ 第2話11
ダンガンロンパ 第2話12
ダンガンロンパ 第2話13
部屋で気を失った苗木くんは、やっぱりさくらちゃんに運ばれたらしい。
だーかーらー、ちょっと男子ー。

ダンガンロンパ 第2話14
クマ一倍ルールにうるさいと、サファリパークでも有名だったらしいモノクマ。
やだ・・・こんなのがサファリパークにいるとか、やだ・・・。
その他、いろんな経歴・逸話があるんだよなこの人、いやクマ。

学級裁判では犯人・・・クロが誰なのかを生徒全員で議論。
そこで導き出した答えが正解だった場合、秩序を乱したクロだけが“おしおき”となる。
但し、間違った場合は残った“シロ”全員が“おしおき”されてしまう。
“おしおき”とは処刑・・・つまり殺人を犯したクロ一人か、殺人を犯していないシロ全員、いずれかが殺されるということだ。

いわば裁判員制度。
だがそんなモノクマの示したルールに納得がいかないと声を上げたのは江ノ島だった。
犯人当てや殺し合いなど関係ない・・・。
江ノ島は学級裁判に参加する気などないという。
しかし、学級裁判はこの学園生活でのルール。
従わないというなら黙っていないと立ち上がるモノクマだったが、江ノ島はそんな彼を軽く足蹴にした。
ところが・・・。
学園長への暴力は校則違反。
それを破った江ノ島には、モノクマからの罰が与えられてしまう。
召喚魔法発動・グングニルの槍!
モノクマが叫ぶと、四方八方から槍が飛び出し・・・。
それらに貫かれた江ノ島は、間もなく絶命するのだった。

江ノ島への制裁。
モノクマが見せた本気に、苗木たちは言葉も出ない。
だが今は誰が犯人なのかを突きとめるべき・・・そうでないと全員が処刑されてしまう。
こんな時でも冷静なセレスや霧切の言葉通り、今は少しでも早く捜査に乗り出すべきだった。

ダンガンロンパ 第2話15
ダンガンロンパ 第2話16
ダンガンロンパ 第2話17
うわぁぁぁ、江ノ島さぁぁぁぁぁん。
ゲームではちょっとサバサバした性格に好感を持って、江ノ島さんファンになり始めていたのだけれど。
その矢先にこれだもの。
おのれモノクマ・・・!
でも倒れた江ノ島さんにそっと上着を掛けてあげる大和田くん、さり気なく優しさが描かれていて良いねっ!
不良だけど実は優しいという、お約束を地で行くキャラ。

そういえばどこから槍が飛んできたんだろうとゲームの時から気になっていたんだ。
一瞬だったけど、床に穴が開いていたのを確認出来た。

電子生徒手帳には新たなページ「モノクマファイル」が追加されていた。
そこには舞園の死体発見現場や死因などが記載されている。
そして舞園が発見されたのは苗木の部屋。
一晩だけ部屋を交換したと説明する苗木だったが、疑いの目は当然のように向けられてしまった。

何とかしないと・・・。
自らに向けられた疑いを晴らすため、苗木は捜査を開始。
まずはモノクマファイルに目を通し、今回の事件の概要を整理していく。
死亡時刻は午前1時30分頃。
被害者である舞園は、苗木の部屋のシャワールームで死亡していた。
致命傷は包丁で刺された腹部の傷。
右手首には打撃痕があり、骨折している模様。
また、部屋の床や壁には無数の傷跡と、飾られていたはずの模擬刀が転げ落ちていた。

トラッシュルームにも事件に関わるだろうものが残っていた。
ワイシャツの燃えカス、ガラス玉の欠片。
そして改めて舞園に向き合った苗木は、彼女がもたれかかった壁に記されたダイイングメッセージと思われる数字「11037」を発見した。

一方、独自に捜査を進めていた霧切も、いくつか不審な点を発見。
部屋に備え付けられたメモ帳。
そして苗木の部屋のドアにかけられた、舞園の部屋を示すプレート・・・。

ダンガンロンパ 第2話18
ダンガンロンパ 第2話19
学級裁判なんてルールを後出しにされたわけだけど。
今回は苗木くんに疑いを向けさせることになって、犯人的には助かったわけですよね。

それにしても至るところでゲームの再現がされているのが見受けられる。
鉄壁の霧切さんも例外ではなかった・・・。

部屋を替わったせいで、舞園は死んだ。
自責の念に駆られる苗木は、訪れた彼女の部屋で捨てられたDVDを見つける。
それはモノクマが提示した舞園への動機だった。
内容が気になり再生すると、そこには彼女がセンターマイクを務めるアイドルグループの姿が映る。
だが次の瞬間、舞園を除くメンバーはステージの上で倒れ伏していた。
訳あってアイドルグループは解散。
彼女たちがアイドルとして活躍することも、スポットライトを浴びることも二度とない。
つまり舞園が帰る場所はどこにもなくなってしまった・・・。
ではこのアイドルグループが解散した理由とは?
正解発表は“卒業”の後で!
モノクマはアイドルグループにまで手を出したのか!?
当事者である舞園ほどではないものの、この映像は苗木にも十分過ぎるほど戦慄を与えることとなった。

捜査時間終了を告げる鐘が鳴る。
生徒たちは学校エリア1階にある赤い扉の部屋に集められた。
そこには裁判場へと繋がるエレベーターが設置されているのだ。

相変わらず疑いの目を向けられる苗木。
犯人でないのは自分自身と舞園が良く知っているが、それでも恐怖を感じてしまう。
そんな彼に、霧切が声を掛けた。
この事件の謎はあなたが突きとめるべき。
そうでなければ、きっと納得しないまま終わってしまうから。

そして幕が開く。
命懸けの裁判、命懸けの騙し合い、命懸けの裏切り、命懸けの謎解き、命懸けの言い訳、命懸けの信頼。
命懸けの・・・学級裁判!

ダンガンロンパ 第2話20
ダンガンロンパ 第2話21
霧切さんが頼りになり過ぎて格好良過ぎて惚れる。
いやもうとっくに惚れてた。
そして学級裁判、開廷!
で終わるのは予想通りの流れだったけれど。
それにしても捜査パート早過ぎるだろ!
ってくらいあっという間に終わったなー。
その分、学級裁判に全てを詰め込んでくるのだろうけどさ。
ゲームのあれらをアニメでどう再現するのか・・・気になります!

ダンガンロンパ 第2話22
ダンガンロンパ 第2話23
ED映像も変更か。
主役である苗木くんと、死んでしまった舞園さんと江ノ島さん。
こうやって本編とは逆に、回を重ねるごとに人が増えていくんだろう。
でもそれだけじゃない。
これは本編にも関わる重要な意味があるんでしょ、そうなんでしょ!
ページトップ