2017年5月 東京旅行

2017年5月5・6・7日。
「劇場版フェアリーテイル 初日舞台挨拶」に参加するため、東京に行ってきた。



5月5日。

8時30分発の飛行機で新千歳空港から羽田空港へ。
そこから向かったのは中野だ。
中野区野方1-38-11にある、マチ★アソビCAFE東京。
CIMG4599.jpg
CIMG4592.jpg

様々なアニメとのコラボが行われている。
そんな中での目的は「ハイスクール・フリート」。
以前にもコラボしていたみたいだけど、今回は新作OVAの発売を記念した復刻開催だ。

CIMG4594.jpg
CIMG4595.jpg
CIMG4597.jpg
もかちゃん!

いくつかあるコラボメニューの中から、
CIMG4596.jpg
・ブルーマーメイドパフェ
・岬明乃
を注文。

フード・デザートを注文でランチョンマット(全5種)。
ドリンクを注文でコースター(全2種)。
がランダムで貰える。
コースターの方は幸運にも推しキャラ・もかちゃんが描かれているものが!
ランチョンマットは万里小路さんたち砲雷科メンバーだった。



次は池袋に移動。
向かったのは、豊島区南池袋1-28-2にある池袋P’PARCO B2Fニコニコ本社。
CIMG4620.jpg

ここのnicocafeでは現在、「ニューダンガンロンパV3」とのコラボカフェが開催されている。
CIMG4600.jpg
CIMG4604.jpg
CIMG4616.jpg

いくつかあるコラボメニューの中から、
CIMG4613.jpg
・最原終一と赤松楓のいちごチョコパフェ
・夜長アンジー
を注文。
V3の子たちはみんな同じくらい好きなんだけど。
最原くんと赤松ちゃんは思い入れが強いのと、強いて一番推しの子を選ぶならアンジーなんだ。
そんなわけで最原くんと赤松ちゃん尊い・・・尊い・・・と呟きたくなりながら食べた。

フード・デザート、ドリンクそれぞれ注文でコースター(全16種)がランダムで貰える。
真宮寺と星だった。
また、ゴールデンウィーク期間は事前予約を行っており、そのチケット持参でオリジナルポストカード(全1種)が貰える。



その後は早稲田方面へ。
先日最終回を迎えたアニメ「バンドリ!」の聖地巡礼を簡単にでもしようかと思って。

CIMG4621.jpg
都電早稲田駅。
香澄ちゃん、りみりん、あと恐らくおたえが登校・下校時に利用している、高校最寄りの駅。

CIMG4633.jpg
CIMG4629.jpg
CIMG4630.jpg
CIMG4626.jpg
CIMG4627.jpg
新江戸川公園の辺りにある胸突坂。
この急な坂道を登っていくと文京目白台一郵便局や目白台三丁目交差点に辿り着く。
作中では、この近辺に有咲の自宅・流星堂があるようだ。

CIMG4634.jpg
CIMG4639.jpg
江戸川公園。
作中で何度も登場した場所。
声の出なくなった香澄ちゃんをみんなで励ましたシーンは記憶に新しい。

CIMG4640.jpg
都電早稲田駅から高校まで歩くのは早大通り。
そして辿り着いたのは新宿山吹高校。
香澄ちゃんたちが通う花咲川女子学院高校のモデルになっているとされている学校だ。

CIMG4641.jpg
CIMG4642.jpg
江戸川橋地蔵通り商店街。
ここには沙綾の自宅・山吹ベーカリーのモデルになった場所がある。
アルテリアベーカリー。
主にメロンパンを扱っているようで、何か買っていこうと思ったけど、温かいうちに食べられそうもなかったので断念した。

CIMG4645.jpg
近隣にはガルパではお馴染みのハロー、ハッピーワールド!のメンバー・北沢はぐみの実家である北沢精肉店も存在しているが。
そこと思わしき場所は焼き鳥屋、中華屋さんだった。



聖地巡礼はひとまず終わらせ、次に向かったのは千代田区神田駿河台2-1-9にある、BIGBOSSお茶の水駅前店‏。
CIMG4647.jpg
CIMG4651.jpg
バンドリ!の展示目当てで。


続いて向かったのは千代田区神田佐久間河岸55にある、リボレ秋葉原。
CIMG4652.jpg
こちらもバンドリ!の展示目当て。

CIMG4653.jpg
CIMG4654.jpg
その後は秋葉原をぶらぶら。



新宿のホテルにチェックイン。
1時間ほど休んだ後、渋谷に向かった。

渋谷マルイ。
「ラブライブ!サンシャイン!!」のAqours SHOP in SHIBUYAが実施されている。
CIMG4660.jpg
1Fキッチンスペースに「浦の星女学院キッチンカー」出張所がオープンしており、各学年などをイメージしたドリンクを注文することが出来る。

CIMG4658.jpg
・2年生イメージドリンク
を注文。
ドリンク1杯の注文でオリジナルコースター(全9種)をランダムで貰える。
ダイヤさんだった。
また、1会計でしいたけシールが1枚。



さて、時間は19時30分頃。
夕食にと事前に考えていたのは、「劇場版フェアリーテイル」とコラボしている焼肉のお店・安楽亭。
しかしいまいち本調子でなかったことから、焼肉の食べ放題など無理だろうと判断。
そこで向かったのは神奈川県川崎市川崎区駅前本町8にある、スイーツパラダイス川崎ダイス店。
こちらでもフェアリーテイルとのコラボメニューが扱われている。
ここも食べ放題のお店だけど、スイーツやご飯やパスタの方が軽く食べられるだろうと思って。





5月6日。

TOHOシネマズ新宿で劇場版フェアリーテイルの初日舞台挨拶に参加。
その後はスイーツパラダイス錦糸町店、自遊空間亀戸店に行った。
それぞれ劇場版フェアリーテイルとのコラボが行われているお店だ。

夜は神奈川県横浜市のDMM VR THEATERへ。
「アイカツスターズ!イリュージョンShow Time」を鑑賞した。





5月7日。

朝はゆっくりのんびりとし、10時30分過ぎにチェックアウト。
そして向かったのは新宿区新宿3-26-6にある、スイーツパラダイス新宿東口店。
ここでは現在、「ニューダンガンロンパV3」とコラボが行われている。
CIMG4751.jpg
CIMG4753.jpg
CIMG4769.jpg

CIMG4772.jpg
・天海蘭太郎のオムライっす
・春川魔姫のベリーポイズンソーダ
を注文。
この子らにはこれといった繋がりらしい繋がりは無いけれど。
強いて挙げるなら超高校級の○○○繋がりってところだろうか。
一方は未遂で終わったが。

CIMG4750.jpg
フード・スイーツ注文でペーパーランチョン(全1種)。
ドリンク注文でステッカー(全18種)。
がランダムで貰える。
モノクマーズ!!!!!

CIMG4763.jpg
CIMG4768.jpg
店内にはキャスト陣のサイン入りパネルが飾られていた。
貴重なものが見られたよ!

それにしてもまさかの3日連続スイパラとは。
楽しいし美味しいけど、初日から本調子じゃなかったんだもの、そりゃあ体調も崩すわって話。



最後はアニメイト新宿店。
CIMG4773.jpg
CIMG4777.jpg

CIMG4775.jpg
あおい姐さん!
アニメイト新宿店はあおい姐さん推しなんでしょうか。
嬉しくなってアイカツスターズ!新主題歌CDを買って帰った。
(元々そのつもりで来たのだけど)



こうして2泊3日の大変充実した旅行を終えた。
また何かしらイベントがあれば行きたいけど、今のところは予定無し。

アイカツスターズ!イリュージョンShow Time

2016年4月から放送されているアニメ、及び、稼働しているデータカードダス「アイカツスターズ!」。
現在、そのキャラクターによるライブイベントが行われているので参加してきた。

「アイカツスターズ!イリュージョンShow Time」



場所は、神奈川県横浜市西区南幸2丁目1-5にある、DMM VR THEATER YOKOHAMA。
CIMG4688.jpg
ここは、
最新鋭の映像表現「ホログラフィック」によるステージ演出が出来る世界初の常設劇場。
まるでそこに浮かび上がっているかのような映像により、驚きと迫力のあるステージを体験出来る。

と謳われている。
その謳い文句の通り、ステージに立つキャラクターは全てCGなのだが、
マルチレイヤーのスクリーンを舞台としており、特別なメガネ無しで映像にリアルな奥行きが作り出される。
あたかも舞台に演者が存在するかのような錯覚をもたらす。

という最先端のトリック演出が用いられている。
何が凄いかって、結局のところ実際に見てみないことには分からないが。



ともあれ、アイカツスターズ!の公演は4月29日~5月28日までの1ヶ月間。
基本は土日祝日。
11時~と14時~のファミリータイム。
17時~と20時30分~のナイトタイム。
僅かながら、19時~の平日公演も行われている。
また、公演の内容はAパターンとBパターンの2種類が存在。

なお、ファミリータイムは大人のみの入場は不可で、中学生以下の子供との入場が必須。
ナイトタイムは小学生以下の入場が不可となっている。

参加したのは5月6日の20時30分、Aパターンの公演だった。

CIMG4692.jpg
CIMG4693.jpg
CIMG4694.jpg



グッズ販売が行われていた。
CIMG4792.jpg
・ポスターパンフレット
・応援ライト
を購入。

また、入場特典でオリジナルカードが貰える。

コラボフードやドリンクの販売も。
CIMG4696.jpg
CIMG4741.jpg
・出張!幸花堂のクロワッサンめで鯛焼き
・ひめ特製はちみつジンジャードリンク
を購入。
いずれも推しアイドルであるローラちゃん、ひめ先輩に関わりのあるものだ。
それぞれに特典もあり、
CIMG4793.jpg
・幸花堂シール
・オリジナルカード
オリジナルカードは全2種(期間によって変更)

CIMG4744.jpg
会場外には、たい焼きローラちゃんの顔出しパネルも。
ローラ役の声優・朝井彩加さんのサイン入りだった。
それにしてもこれはなかなかシュールな存在。



全席指定のため、椅子がいくつも用意されていた。
ライブ中も立ち上がることなく、座ったまま鑑賞する。
(スタンディング公演は2回ほど予定されているらしい)
なお会場内・ライブ中の飲食は可能。

指定席はB列13番。
前から2列目のステージ向かって右側だ。
で。
チケット取ったのが当日まで1週間を切った頃だった。
だから、それなのに前から2列目ってそんなに予約されてないの!?人いないの!?
とビクビクしていたけど、実際は後ろの方にもお客さんいっぱいいて安心した。
時間ギリギリに入場したので、どれくらいの人数がいたのかは確認出来なかったのだけれど。



20時30分。
ライブ開始。

①「STARDOM!」
(ゆめ、ローラ、真昼、あこ)

まずはアニメ新OP曲を、メインである4人で披露した。
前述した通り、ステージに現れるキャラクターは全てCG。
アニメで使われているものと同じように振り付けも行う。

そしてステージにはゆめちゃんが残り、挨拶。
さらにエルザが乱入し、今回のライブのタイトルが発表された。
その名も、
「オールスター音楽祭」!
“今日一番輝いていたアイドル”への投票も行われ、その結果は5月28日の公演終了以降に発表されるとのことだ。


四ツ星学園の紹介。
・白鳥ひめ
・如月ツバサ
・二階堂ゆず
・香澄夜空
(元)S4の4人が登場し、花鳥風月・・・それぞれの組の説明を行った。


続いてアイドルたちの自己紹介。
・虹野ゆめ
・桜庭ローラ
・早乙女あこ
・香澄真昼
・白銀リリィ
以上、ひとまずはこの5人。

\ひめせんぱーい/
とか、
\ゆめちゃーん/
とか。
それぞれのトークの邪魔にならないところで、お客さんから声が上がったりもする。


②「スタートライン!」
(ゆめ、ローラ)

2曲を披露したところで、ゆめちゃんとローラちゃんによるリズムレッスンが行われた。
ペンライト(無ければ腕)を、リズムに合わせて左右に振る練習だ。


③「POPCORN DREAMING♪」
(ゆめ、ローラ)

④「1,2,Sing for You!」
(ゆめ、ローラ、真昼、あこ)


登場したばかりの新たなアイドル学園・ヴィーナスアーク。
ステージにはエルザが現れ、その船内を紹介し始めた。
さらにレイ、きららも登場。

そして自己紹介。
・エルザ フォルテ
・花園きらら
・騎咲レイ


⑤「Forever Dream」
(エルザ)

⑥「おねがいメリー」
(きらら)

⑦「Bon Bon Voyage!」
(エルザ、きらら、レイ)


⑧「8月のマリーナ」
(あこ)

⑨「Summer Tears Diary」
(真昼)

⑩「ハートがスキ♡ップ」
(ゆず)

⑪「Dreaming bird」
(リリィ)


⑫「スタートライン!」
(ひめ)

⑬「Miracle Force Magic」
(ツバサ)

⑭「未来トランジット」
(夜空)

⑮「episode Solo」
(ひめ、ツバサ、ゆず、夜空)

基本的に披露されるのはアニメの挿入歌バージョンがほとんどだったんだけど。
15曲目の「episode Solo」はフルサイズだった。


続いてステージに現れたのは、夜空・真昼の香澄姉妹。
そこで行われるのは、
「夜空と真昼のファッションショウタイム」
ファッションモデルでもある2人による、オススメのコーデ紹介だ。
諸星学園長(声のみ)の進行の下、たくさんのアイドルたちが様々なコーデを披露した。

なお、このコーナーのみ写真撮影可能。
貴重な時間だ。
たくさん撮影してきた。

CIMG4700.jpg
CIMG4702.jpg
CIMG4707.jpg
CIMG4709.jpg
写真見返しててようやく気づいたけど。
影もちゃんとあるんだな!
凄い。

⑯「荒野の奇跡」
(リリィ)

ファッションショウタイムは前半・後半に分かれており、その間にはリリィが1曲披露した。

CIMG4722.jpg
CIMG4725.jpg
CIMG4729.jpg
CIMG4733.jpg


ファッションショウタイムが終わると、次に現れたのはエルザ、きらら、レイ。
そして続いて始まるのはユニットによる曲の披露だ。

⑰「TSU-BO-MI ~鮮やかな未来へ~」
(夜空、真昼)

⑱「アニマルカーニバル」
(ゆず、あこ、きらら)

⑲「One Step」
(夜空、真昼、ツバサ)

⑳「So Beautiful Story」
(ゆめ、小春)

20曲目は、まさかまさかのゆめちゃん・小春ちゃんによるユニット!
アニメでは未だに実現していない・・・というか、小春ちゃんはステージシーンすら描かれたことが無いので。
それがまさか、ゆめちゃんとのユニットが実現するとは。
もうこれだけで来た甲斐があるってものですよ!!
ちなみに、小春ちゃんは元四ツ星学園、現在はヴィーナスアークのアイドルだけど、このステージでは特に言及されることはなかった。
ヴィーナスアーク在籍前という認識で良いだろうか。

㉑「みつばちのキス」
(ゆめ、ローラ)

㉒「スタージェット!」
(ゆめ、ローラ、真昼、あこ)


ステージにはゆめちゃんとエルザが登場。
ライブの終了を宣言した。

・・・が、間もなく曲が聞こえてくる。
アンコールだ。


㉓「Bon Bon Voyage!」
(ゆめ、エルザ、きらら、レイ)

全員、上着をTシャツに着替えての登場。
いかにもアンコールらしい姿。

㉔「STARDOM!」
(ゆめ、ローラ、真昼、あこ、エルザ、きらら、レイ)

24曲目。
最初はゆめちゃん、ローラちゃん、真昼ちゃん、あこちゃん、きららだった。
ところが、きららが消えるとレイが、レイが消えるとエルザが登場。
キャラクターが瞬時に入れ替わるという演出はCGならではってところか。

㉕「アイカツ☆ステップ!」
(ゆめ、ローラ、真昼、あこ、エルザ、きらら)


25曲目「アイカツ☆ステップ!」が本当に最後の曲だ。
曲が流れる中、アイドルたちが入れ替わり立ち替わりでお別れの挨拶をしていく。
・エルザ、きらら、レイ
・ひめ、ツバサ
・リリィ、ゆず
・夜空、真昼
・小春、あこ
・ゆめ、ローラ

そしてゆめちゃんとエルザによる挨拶でステージは〆られるのだった。


CIMG4740.jpg
CIMG4742.jpg
CIMG4743.jpg

アイカツスターズ!イリュージョンShow Time。
CGのキャラを映してのライブってどんなものかと思ってたけどさ。
お客さんのノリ良いし、キャラクターとのコール&レスポンス楽しいし、撮影可能タイムあったりで、これは癖になりますわ。
何よりその、CGを使ってのキャラクターのライブって今までにない斬新さ・新鮮さがあって。
キャラクターファンとしてはたまらなく嬉しい楽しいものなんですよ。

フェアリーテイル 第534話 感想

(ネタバレ注意報発令)


第534話「誓いの扉」


閉じられている時の狭間をもう一度開く。
アンナの作戦を今度こそ成功させるため、ジェラールはたった一人でアクノロギアと対峙した。
流星-ミーティア-
空中を高速で移動しながら近づいて直接攻撃。
そうして注意を引きつけつつ、アクノロギアからの反撃も同様に避ける。
それを繰り返すことで上手く時間稼ぎが出来れば・・・。
そう目算していたジェラールだったが、相手はあのアクノロギアだ。
凶悪にして強大な魔力・・・そして巨大な体から放たれる咆哮は海を割る。
このまま続ければ大地が無くなってしまうだろう。

事は急を要する。
だがアンナがいくら干渉しても、時の狭間には一切反応が見られなかった。
誰かが意図的に閉じてるの!?

フェアリーテイル・ギルド。
メイビスからフェアリーハートを奪い、ナツをも倒したゼレフ。
邪魔をする存在がいなくなったことで、彼はこの世界の終わりと、新しい世界の始まりを確信していた。
そして目指すは時の狭間。
しかし、そこまでの長い距離を移動する必要は無い。
ギルドの扉・・・その外と内の境に時の狭間を接続。
つまりギルドの外に出た瞬間、そこは時の狭間になっているのだ。
旅立つ者、帰ってくる者、多くの人々が通ったこの扉が・・・フェアリーテイルの出入口がこの世界の終わりと始まりだなんてね

間もなく始まる新しい世界。
そこでは、ゼレフは今の記憶を引き継いだままで人生をやり直すのだという。
僕をもう一度やり直す、もう二度と間違いはしない
この世界を救うために。


最終章も超クライマックスですよ。
全員が無事ではいられないのかなって、覚悟は出来ていないまでも考えてはいる。
そんな中で一番危ういと感じているのはジェラールなんですよ!
どうしても、真島先生の前作「RAVE」のジークハルトとそっくりな顔してるから、同じような運命を辿るんじゃないかって気が気じゃない。
ジークハルトのあれはいろんな感情が入り混じりつつも好きを通り越すくらい好きな話ではあるんだけど。
でもどうか無事でいて。

ゼレフの言う新しい世界では、ゼレフだけが今の記憶を持ったままで人生をやり直すらしい。
記憶を引き継いだまま第二の人生を始める。
それって憧れるよね、一度でも考えるよね。

ENDの書。
ナツを助けるため、記された文字を書き換えるべくそれを再び開いたルーシィたち。
ところが、宙に浮かぶ複数の文字が次々に弾け消えていった。
ナツの身に何かあったのか!?
ルーシィは冷静に現状を見極め、ナツが体の一部に大きな怪我をしたことに気づく。
そこでペンを取り出し、消えた文字を書き直し始めた。
何の前触れもなく消えていったそれを、ルーシィは全て覚えていたのだ。

その頃、アンナは時の狭間の異変に気づいていた。
狭間が開いた!
それも、自分ではない誰かの手によって。
ともあれ重要なのは“開いた”という事実だ。
しかし、異変はもう一つ。
隠していたはずのそれが目に見えるようになっていたのだ。

何だあれは・・・
視界に入れば当然アクノロギアも気づく。
これでは作戦の継続は不可能・・・。
だが、
案ずるな、オレが奴を押し込む!
他に方法は無い・・・。
ジェラールは危険を顧みず、アクノロギアの背後へと迫った。

ギルドの外・時の狭間。
今まさに足を踏み入れんとするゼレフだったが、背後からの声に足を止めた。
じっちゃんはいつも言ってたんだ・・・その門を出る時に誓え、必ず帰ってくる事を。誓え、生きる事を
倒されたはずのナツがそこに立っていた。

ナツを復活させたのは紛れも無くルーシィだった。
グレイも思わず感嘆とするほどの速さと正確さで、消えた文字全てを書き直したのだ。
ところが。
ペンを持つ右手から徐々に、ルーシィの体に謎の模様が侵食し始めていた。


ナツvsゼレフ。
最終ラウンドはこのままギルド内で決着がつく?
vsアクノロギア。
ナツによってゼレフの介入が一旦阻止されたため、こっちの状況は何も変わってないよな。
よってアクノロギアを時の狭間に押し込むためのジェラールの決死の特攻も継続中。
でもちょうど劇場版を観たこともあって、アクノロギアがこのまま終わるとは思えないんだ。
アクノロギアとの戦いはまだ二転三転しそうな気がする。

ナツの命がこんな一冊の本だなんて~って、前に泣いていたルーシィだけど。
結果的にそのおかげでナツを助けられることになるなんて。
しかし、同時にルーシィを異変が襲う。
ナツとENDの書を繋ぐ超高度の生体リンク魔法。
それに触れてしまった、書き換えてしまった、干渉してしまったことが原因なのか!?



次回のサブタイ。
第535話「最強の力

単純な力の強さならゼレフやアクノロギアだろうか。
他にも最強と呼ばれた魔導士は何人かいるけれど。
でもそんな単純なことではないんじゃないのか。



ところで。
何やら画像が出回っていたんだけど。
フェアリーテイルのコミックスはあと2巻・・・第63巻で完結するという噂が流れ始めている。
画像は来週発売の第61巻のものなのかな?
どうしよう、そろそろ本格的に心の準備をしておかないと。

劇場版フェアリーテイル初日舞台挨拶

週刊少年マガジンで連載中の「フェアリーテイル」。
その劇場版第2弾が5月6日から公開された。

「劇場版フェアリーテイル –DRAGON CRY–」

公開日には、主要キャスト・主題歌担当アーティストによる舞台挨拶が行われ、席を取ることが出来たので参加した。



場所は、東京都新宿区歌舞伎町1-19-1にある、TOHOシネマズ新宿。
CIMG4668.jpg

CIMG4669.jpg
グッズがいくつか販売されていた。
その中から、
・パンフレット
・クリアファイルセット
を購入した。



舞台挨拶は2回行われる。
9時からの映画上映後と、11時45分からの上映前。
席は2回分確保していた。

9時開始の映画を鑑賞し、10時35分頃に終了。
ちなみに座席はI列7番。
前から9列目、ステージ向かって左側。
ステージはそこそこというか、思っていたより近い。

CIMG4782.jpg
入場者特典の劇場版原案ネーム。
分厚い。



舞台挨拶、第1部。
まずは進行役の登壇。
松澤千晶さん。
アニメ鑑賞を趣味に持つ、オタクであることを公言していることでも有名だろうフリーアナウンサーだ。

そしてキャスト・アーティストの登壇。
ステージ向かって左から、
ナツ・ドラグニル役:柿原徹也さん。
ルーシィ・ハートフィリア役:平野綾さん。
ハッピー役:釘宮理恵さん。
POLKA DOTS(作詞担当):茜屋日海夏さん。
POLKA DOTS(作曲担当):タカオユキさん。

以上5名。


それぞれ自己紹介。
ナツ・ドラグニル役の柿原徹也です。本日はお越しいただいてありがとうございます
命をかけて作っているので、楽しんでいただけたら作り手として嬉しい

ルーシィ・ハートフィリア役の平野綾です。このメンバーで初日を迎えられて嬉しい
久しぶりにルーシィを演じるということでうきうきしていました
熱が凄い作品。盛り上がってもらえたら嬉しい

ハッピー役の釘宮理恵です。朝早くからご観劇いただきありがとうございます
皆さんと楽しく過ごせたら・・・

このような素晴らしい作品に携われて嬉しい
こうして皆さんと公開日を迎えられて嬉しい、特別な時間を過ごせたら・・・
作詞担当・茜屋日海夏さんは、声優・アーティストとして活動するアイドルユニット「i☆Ris」のメンバー。
作曲担当・タカオユキさんも、声優である一方、「みみめめMIMI」のボーカルとして活動している。
そんな両名のユニット「POLKA DOTS」は、2017年2月に結成されたばかり。
ユニットとしてのイベント出演って今回が初めてかな?


さて、
テレビシリーズから1年ぶりですね
ということで、まずは劇場版の話題。
主役なのに情報が無くて・・・
主役の柿原さんを差し置き、キャストの中で最も情報を得るのが早かったのはルーシィ役の平野さんだったらしい。
『知ってますか徹也さん?』って
今回の劇場版制作についても、柿原さんは平野さんから聞いて初めて知ったようだ。
ナツやルーシィに会えるの楽しみにしてました

みんな、まだかまだか・・・と思ってたと思う
いろんな人に聞いてた
前述した通りキャストの中で最も情報が早かった平野さん。
それもそのはず、積極的に情報を得ようとしていたからだ。


テレビシリーズ。
2009年10月から放送開始の第1シリーズが175話。
2014年4月から再開した第2シリーズが102話。
合わせて全277話だ。
アニメ放送開始から現在まで8年。
それだけ長い付き合いだと、
ご家族のような関係なんじゃないですか?
そうだね
ところがキャスト間で肯定の言葉が揃わなかったことから、
通じ合わない
ともあれ、
8年共にするって(なかなか)無いですよね


アフレコについて。
すんなりすぐハッピーな感じに・・・あ、ハッピーだけにっていうわけじゃない・・・
ハッピーだけにハッピーというどうしようもないダジャレだが、釘宮さんは意図的には狙っていなかったため必死に否定していた。
すぐハッピーに戻れ、楽しく収録出来た

キャラクターは自分の中にある、作り上げたもの
と考える平野さん。
ところがテレビアニメ終了から劇場版まで1年。
自身の経験と共に、自分の中のキャラクターも成長していくものなのだろう。
だから、
(劇場版のルーシィが)先に進んでいる気がして、でも1年前に戻さなきゃと葛藤した。調整難しかった
役者、先生、それぞれ変わっていってると感じた1年
自身とキャラクターの成長は柿原さんも同様に感じたようだ。

ところで、
ナツの顔、柿原さんに似てるって言われてますよね
と松澤さんが新しい話題を振るのだが・・・
声出していいんですよ
と、観客の反応が薄いと感じていたようで、柿原さんは会場に呼び掛ける。
朝だからね、(早くから来てくれて)ありがたき方々ですよ
そこは柿原さんの腕で(盛り上げて)

話題は戻り、自身とナツの顔・目について。
すぐキレる若者だった頃の目
キャラクターと似るというのは役者冥利に尽きる


主題歌について。
作曲を担当したタカオユキさん。
まずは絵コンテを見て、真島先生に会って話を聞き、そして曲作りを始めたのだという。
先生に会うってなかなか無いですよね
絵コンテ見て泣きました
特に真島先生とお話出来たのが大きかったようで、
作曲には真摯に向き合うことが出来た

作詞担当・茜屋さん。
フェアリーテイルは中学時代に読んでました。そんな作品に歌で携われるなんて思ってなかった。まだふわふわしてます
と心境を語る。
その一方で、“中学時代”というワードに年齢差的なショック(?)を受けたのか、柿原さん・平野さん・釘宮さんはざわざわしていた。


熱い、印象的なセリフはありますか?
新たな話題を振る松澤さんに、
100点の回答してもいいですか?・・・全てです!
\パチパチパチ/
柿原さんのいわゆる教科書的な回答に会場から拍手が沸く。
ただ、強いて言えば、
ルーシィ、オレは何に見える?
今回の劇場版では2度も発せられる、強く印象に残るだろうナツのセリフだ。
「「あそこ大事ですよ!」」
柿原さんと平野さんは声を揃える。

平野さんもまた全く同じセリフを挙げるつもりだった様子。
ただセリフ以上に、平野さんの印象に残っていたのは真島先生による200ページものネームだ。
これは入場者特典で配布されるもの。
最初とラストに同じセリフ、余白に大事なこと書いてた
その余白にはこう書かれていた。
前作の逆バージョン
前作とは恐らく、劇場版第1弾「鳳凰の巫女」のことを指しているのだろう。
その最初に公開されたキービジュアルでは、ナツの胸で泣くルーシィが描かれていた。
つまり今回の劇場版、該当のセリフのシーンでは立場が逆になっている、ということなのだろう。


フェアリーテイルにまつわる思い出について。
釘宮さん
と、柿原さんは回答を釘宮さんに振る。
はぁ~~~~~?
それにはややテンション下がり気味な釘宮さんだったが、
真島ヒロさんとご飯食べに行った、楽しかった
先生の人柄の良さが分かる食事会だった
釘宮さんが挙げた食事会には、柿原さんも同意。
あの人、マンガかゲームかしてる(印象が強い)。(人柄は)フランクな人


さて、真島先生の話題が出たところでサプライズ。
事前に告知されていなかった人物が登壇した。
それはもちろん、
真島です、来ちゃいました
サプライズ登場はもはや毎度お馴染みといった感じだろうか、原作者・真島ヒロ先生。


久々にお会いする?
真島先生とキャストの皆さん・・・とりわけ柿原さんとは2~3年ぶりくらいになるという。
(真島先生は)忙しいから
お前もね
スケジュール合わないんですよ
私たちとは合うのにねー
ねー
とはいえ、
こんな髪の色だっけ!?
と、最近イメチェンした平野さんには驚かれていた。


柿原さん、平野さん、釘宮さんはフレンドリーな方なので仲良しになれた
先生が全額出してフランス行きましたからね!
真島先生はイベントでフランスに行った際、柿原さんに連絡。
軽い調子で呼んだところ柿原さんもフランスまで行ったのだという。
ちなみに1泊3日。

お呼ばれしたのは柿原さんだけだったため、
連れてって~
(平野さんが)通訳するから
と女性陣がおねだりしつつ、旅行の妄想で盛り上がっていた。


さて、今回の劇場版のタイトルは「DRAGON CRY」。
CRYは泣くという意味であることから、
先生のクライしたエピソードを

昨日・・・というか、今日の朝まで原稿描いてたんですが。重要人物のラスト、ほろっときましたね
私たちの誰か死ぬ!?
それはちょっと言えない

タカオユキさん。
夢が叶いました
アメリカに住んでいた幼い頃、友達がいなくて寂しい思いをしていたが、アニメに救われたのだという。
今回の劇場版が、
アメリカ公開と聞いて、(そこで自分の楽曲が流れるという事実に)クライしました

劇場版はアメリカのみならず、計16ヶ国で公開が決定。
さらに増える予定となっている。
また、
今日の舞台挨拶、数分で全席完売したそうです


最後に真島先生からメッセージ。
皆さんにどう映ったのかまだ分かりませんが、面白かったらアニメスタッフ・声優の皆さんのおかげ。労ってあげてください
原作は長く続いてきましたが、最終章に入ってます。みんな良かった~と思えるような展開にしていきます


ここでトークは終わり、マスコミ向けのフォトセッションが始まった。
祝大ヒット!劇場版FAIRY TAIL –DRAGON CRY–」 と書かれ、半竜化したナツが描かれたボードを手に6名が写真撮影。
ところが、描かれたナツの頭は横長のボードから少し飛び出した形になっており、その後ろに立っていた茜屋さんは隠れてしまっていた。
可愛そうなところにいるなー
(ナツは)ほぼ俺だから
と、柿原さんは茜屋さんを弄りつつ、ナツの後ろに隠れたり隠れなかったり。


フォトセッション後。
最後は柿原さんからメッセージを
と松澤さんから振られた柿原さんに、
\がんばれー/
と会場から声が上がる。
ずっと頑張ってるよ

ナツと歩んできて、ルーシィ、ハッピーと旅してきた
今日は皆さん来ていただいて、お時間いただいて嬉しい
また今回の劇場版には自信があるということで、
心揺さぶられるものがあれば嬉しい


そして〆も柿原さん。
僕が“ドラゴン!”と言うので、皆さんは“クライ!”とお願いします
いわゆるコール&レスポンスというやつでしょうか。
お前らもだからな!
とキャスト陣にも釘を刺す。
しかし、いきなり本番というわけにはいかず、1回だけ練習することになった。
そこで柿原さんは、最初の掛け声の担当を釘宮さんに振る。
恥ずかしい・・・
と言いつつも、しっかり可愛らしく、
ドラゴーン
\クラーイ/

本番はこんなもんじゃないからな
ということで本番は柿原さんの掛け声で。
ドラゴーン!
\クラーイ!/

こうして全員ステージを後にし、舞台挨拶の第1部は終了した。





11時45分の回。
L列28番。
前から12列目、ステージ向かって右側という先程よりやや後ろで真逆の席だった。


舞台挨拶、第2部。
進行役・松澤千晶さんが登壇。
そしてキャスト・アーティストがステージに現れた。

まずは挨拶。
はい、手短に。ナツ役、柿原徹也です
ルーシィ・ハートフィリア役、平野綾です。よろしくお願いします
ハッピー役、釘宮理恵です。よろしくお願いします
はい、はじめまして。茜屋日海夏です
可愛いですね・・・
タカオユキです、よろしくお願いします

そしてもう1人。
柿原さんから呼んでもらえますか?
という松澤さんの振りはアドリブだったらしい。
まさかのね、ドラゴンクライさん。ドラゴンクライ先生
アドリブに対し何か面白いことを返そうと試みるあまり、肝心の“呼ぶ”役目を果たしそうもなかった柿原さんを見兼ねてか、結局は松澤さんが真島先生を呼ぶのだった・・・。
急に振るんだもん!


さて、フェアリーテイルの劇場版はこれで2作目。
1作目「鳳凰の巫女」は2012年8月公開で、5年ぶりということになる。
今回の劇場版に関しては、
ジェットコースターのように楽しめる
分からないことがあればツイッターに凸してもらえれば

真島先生のお言葉の後、柿原さんに話が振られるが、
そうですね~う~ん・・・。1回目ふざけたから2回目はちゃんとやろうと思ったんですけど。2回目もふざけていいですか?
改めてナツいい奴だな~って・・・
思い出しました!
最終章どうのこうのって聞いて、8~9年前のオーディションを思い出しましたよ
その話100回くらい聞きましたよ
と何かにつけ話したがる柿原さんに真島先生からツッコミが入る。
が、
聞きたい人ー?
\聞きたーい/
いい人たち
と観客を味方につけ、柿原さんのオーディション思い出話が始まった。

詳しくは割愛するけど、オーディションではナツを演じたが、本命だったグレイはやらせてもらえなかった・・・という話。
でも最初に地声で挨拶した時、
ナツだ。ナツが来た
と言われたようで、どうやらナツ役はすんなりと決まったらしい。
そっから歩んできました。(ナツは)可愛い奴だな~って思いました

オーディションといえば他にも。
オーディションの時、有名な人がいっぱいいて
何日かに分けてやった。(平野さんも釘宮さんも)一緒の時間だった
アフレコスタジオじゃない場所でしたよね

ルーシィを演じた平野さんは、
ツッコミのバリエーションを求められた
また、オーディションで一緒だった声優が、別の役でアニメに出演したという話も。
とにかく、
ツッコミも歴史がある

ハッピーを演じた釘宮さん。
オーディションではルーシィとミラさんを受けたのだという。
その後、
心残りはありますか?と聞かれて、(唯一練習していた)ハッピーをやりました。やり切った
(心残りはありますか?って)それ聞かれてない!


主題歌について。
曲の打ち合わせは真島先生としました
タカオユキさんが話題に出したのは、真島先生のピアスの話。
3~4月に開催された“真島ヒロ原画展”に行っており、そこで見た真島先生のピアスと、打ち合わせ時に対面した真島先生がつけていたピアスを見て、
一緒だー、本人だー
と実感したのだという。
10年くらいつけてる

また、打ち合わせは真島先生の仕事場で行われたらしいのだが、事前のアポは無しで、当日ビルの前からいきなり電話されたとのこと。
迷惑だったって話・・・冗談です

一方の、作詞担当の茜屋さん。
プレッシャーがありました
でも貢献したいという思いで、フェアリーテイル好きな友達に話を聞いたりしました


入場者特典として配布される200ページのネーム。
これについて真島先生は、
描いちゃって、後はスタッフに任せました
総合プロデュースだけど、あまり苦労してません
ただ、苦労したというなら、
原作より時間を戻したこと
そして、
人気キャラが活躍出来るように


さて、今回の劇場版では“ナツの真の力が目覚める”というキャッチフレーズ的なものがある。
そこで、
最近目覚めたものってありますか?
松澤さんからの問いに、気だるそうな態度を見せる柿原さん。
(柿原さんに対して)やる気!
考えさせて・・・

ということで柿原さんを後回しにし、最初は平野さんから。
先週この髪の毛(銀髪)にしたので、目が覚めたと言われます、逆に
アニメキャラっぽくなりました

釘宮さん。
ありきたりな話なんですけど
と前置きしつつ、
春映画いっぱい観たんですけど、(TOHOシネマズ新宿?の)ロビーで(フェアリーテイルの)予告編やってて、格好いい・・・って思って見てました

茜屋さん。
モンスターハンターに目覚めてしまいました
PSP版は難しくて手放してしまったが、
ダブルクロス始めました
フェアリーテイルとコラボやってますよね?絶対やります!

タカオユキさん。
最近、今さらなんですが、ハッピーが可愛くて可愛くて。26年生きてきてネコに目覚めました
また、
人生で初めて、緊張しながらもスイパラに食べに行きました
スイパラ・・・スイーツパラダイスでは現在、全国13店舗でフェアリーテイルとのコラボメニューが扱われている。
タカオユキさんは錦糸町店だったかな?に行ったらしい。


ハッピーが話題になったところで、
珍獣じゃないですけど・・・
プルーなど、真島先生の作品には不思議なキャラクターが多く登場する。
それらがどのように誕生するのかというと、
落書きです
プルーは中学生時代に描いた落書きが元になっている。
子供心をくすぐられるものがありますね

また、真島先生が描くキャラクター・・・主に女性キャラにはほぼほぼ共通する特徴があることから、
おっぱい描くの好き?って聞かれます
でしょうね
ただ最近では、
男性の筋肉に目覚めました
一夜とかツイッターで描かれてますもんね
あれ筋肉じゃないけどね
具体的なところだと、
グレイの細マッチョ

さて、“目覚めたもの”についての話題、最後は柿原さんだが、
すみません、全く目覚めません
それでも苦心の末に話し始めたのは、
ニコラシカ
というロシアのお酒について。
パッと作ってパッと飲んでカッとなる・・・ありがとうございました!
上手くまとめる自信が無かったのか、柿原さんは物凄~~~く適当に飲み方を説明し、自ら〆るのだった。


劇場版は海外でも公開される。
そこで、フェアリーテイルに対する、
海外の熱
について。

ヨーロッパで人気で、歓迎していただいて
フランスでは、FUNKISTの歌(Snow fairy)を日本語で合唱してくれたんですよ
ぐ~のねも出ねえぜ!
↑それは違うやつ。


最後の挨拶。
ここは主役である柿原さんに託された。
みんなどうもありがとね・・・俺今日おかしいな・・・
とぼやきつつ、
ナツに出会わなければ今の自分はいない
オーディションの時に、『ナツがいた』と言ってもらえたのがめちゃくちゃ嬉しかったです
このキャラクターはこのキャストでしかない
劇場版フェアリーテイル、1人でも多くの方にご覧いただけたら
と言いたいことは言い尽くしたのか、
いいこと言ったんで次に


そして〆も柿原さん。
“ドラゴン!”と言ったら“クライ!”。みんなやってくれるかな?
\はーい/
男の子の声聞きたい
\はーい/

しかし練習が必要ということで、その役目はまたもや釘宮さんに振られることになった。
ドラゴーン
\クラーイ/
第1部に続き2度目だが、やはり恥ずかしかったようで平野さんの後ろに隠れる釘宮さん。
↑可愛いの権化。
大丈夫、くぎみーすべってないから!
おいコラ!
すべり芸を見せてやる
と柿原さんは妙な方向に気合いを入れる。

ドラゴーン!
\クラーイ!/
けれど柿原さん、
恥ずかしい恥ずかしい・・・
やり終えた後、何度も呟いていた・・・。





おまけ。

第1部終了後、ツイッターのフォロワーさんに思い切って声をかけてみた。
CIMG4783.jpg
そしていろいろ頂いてしまった。
何かお返し出来るものがあれば良かったんだけど、元々どなたかと会うつもりは無かったので。
だって恐れ多いし恥ずかしいしコミュ障だし。


第2部終了後も割りと自然に集まり、スイーツパラダイス錦糸町店へ行った。
計11名の大所帯。

CIMG4671.jpg
CIMG4670.jpg
CIMG4672.jpg
CIMG4673.jpg
店内ではパネルの展示や、グッズ販売も行われていた。

CIMG4674.jpg
CIMG4675.jpg
CIMG4676.jpg
CIMG4677.jpg
CIMG4679.jpg
コラボメニューはいろいろ。
フード・スイーツは、
・ナツの炎のキーマカレープレート
・ルーシィのメイド風オムライス
・グレイの氷の冷やしそうめん
・エルザのミニパフェ
・ハッピーのふわふわパンケーキ

ドリンクは、
・ナツのファイヤークランベリージュース
・ルーシィのハートフルオレンジジュース
・グレイの氷の造形魔法ライチブルーソーダ
・エルザの妖精女王アイスティー
・キャラクターラテ

なお、キャラクターラテは全15名のキャラがランダムで提供される。
そこで、せっかく大人数でやってきたということで、全キャラコンプリートしようというとんでもない試みが行われた。
ところが、全員で追加注文をしたものの、ミラさんだけ出てこないという事態に。

CIMG4684.jpg
しかし、別の席の方の協力を仰ぎ、無事にコンプリートするのだった。
ちなみに全15名のキャラクターは、
ナツ、ルーシィ、グレイ、エルザ、ウェンディ。
ミラさん、ガジル、ジュビア、レビィ、ラクサス。
ジェラール、スティング、ローグ、メイビス様、ゼレフ。
以上。

CIMG4784.jpg
注文でコースター(全5種)が貰える。

ちなみにスイパラでは、お残しは許しまへんで~ってのがシステムですから~。
ラテが苦手な人が残した分は責任をもって飲み干しました。
自分のを合わせて4杯だったかな?
でもその時は平気だったけど、元々本調子じゃなかったこともあってか、その日の夜はめちゃくちゃ気持ち悪くなっちゃいましたけどね。
翌日はまだ大丈夫だったけど、翌々日・・・月曜日は本当に具合悪くて酷かった。
ラテいっぱい飲んだことが直接的な原因じゃないにせよ、体調管理には気をつけようねって話。


その後、数人と別れて、5人で亀戸の自遊空間へ。
CIMG4685.jpg
・200円でオリジナル会員証
・映画鑑賞チケット半券持参で限定オリジナルメモ台座
・トントロ丼を注文で限定オリジナルメモ(全3種類、それぞれに期間あり)

CIMG4786.jpg
CIMG4687.jpg
さすがにトントロ丼を注文する気力は無かったので、写真だけ撮らせてもらった。



ちなみに。
前日には1人で、スイーツパラダイス川崎店に行っていた。

CIMG4664.jpg
CIMG4663.jpg
CIMG4662.jpg
CIMG4666.jpg
CIMG4661.jpg
錦糸町店とは違ってグッズ販売はしていなかったけど、入口前にテレビが置いてあって予告編が延々と流されていた。



さらにおまけ。

全国のセブンイレブンに設置されている店頭マルチコピー機で購入出来る、「プリントキャラマイド」。
5月9日から、劇場版フェアリーテイルの販売が開始された。
1回150円で、全19種の中から好きな絵柄を選択。
その場ですぐLサイズのブロマイドを手に入れることが出来る。

さっそく購入。

CIMG4787.jpg
・キービジュアル1
・ウェンディ
とりあえず2種類。

また、キャラマイド下部に記載されているバンプレIDを、これまた記載されているURLのモバイルサイトに行って入力すると、抽選でプレゼントが当たるキャンペーンも実施中。
プレゼントは2種類。
・A賞 コレクションブックA
・B賞 コレクションブックB
それぞれ30名に当たる。
どのような内容なのか詳細は現在のところ不明だ。

さっそくやってみた。

IMG_4191.png
あのあの。
1回目からいきなり当たってびっくりした。
30名だよ30名。
大丈夫?騙されてない?
って思ったけど、2回目はハズレだったので大丈夫なのだろう。
届くのを楽しみにしてる。





映画の話。

続きを読む

視聴感想 20170508

カードファイト!!ヴァンガードG NEXT
第129話「脆弱なる生物達」

トコハが遭遇したのはミゲルに代わってU20に参加するチーム・ディフライダーのサオリ。
ミゲルに並ぶため、決意を新たにサオリとファイトするトコハだったがサオリはその決意を否定し、ミゲルの死を嘲笑う。

ヴァンガードG 第129話2
ヴァンガードG 第129話3
ハイメフラワーズいきなり敗退の危機・・・!
クミちゃんは鬼丸に負け、トコハちゃんもサオリに負け、そして江西が鬼丸とファイト中。
何だこれ何だこれ。
おかしいぞ、トコハちゃんは勝つものだと思ってたのに。
でも今回のファイトでサオリ?ダムジット?の心に何かを残せたのなら、この敗北も無意味なものにはならないよね。
そして江西vs鬼丸の決着は次回に持ち越しなので、こちらも一矢報いるような何かがあれば嬉しい。

ただ、セカンドステージを勝ち抜けるのはポイントの多い上位4チームって話だった。
けれどファイトのタイミングによっては、3チーム以下しか残らない可能性だってあるんじゃないのこれ?
もし勝ち残ったのが3チームだけだった場合は敗者復活的なこともあり得るんじゃないの。
ハイメフラワーズの活躍はその可能性に賭けたい。
それが駄目なら勝ち上がりにラミラビサーヤも加えてくださいお願いします。



アイカツスターズ!
第55話「行っちゃお☆ヴィーナスアーク!」

ゆめ、ローラ、真昼の3人は、スタープレミアムレアコーデについて学ぶため、ヴィーナスアークへ留学することになった。
緊張と期待を胸に、船へ乗り込む3人。
そんな彼女達を待っていたのは、思いがけない人物との出逢いで・・・!

アイカツスターズ! 第55話1
おかえり小春ちゃん!
待ってた、ゆめちゃんたちと再会する日を待ってた。
けれど小春ちゃんは、どうやらアイドルとしてではなく、デザイナーの才能を見込まれてスカウトされたらしい。
つまり念願のステージはまたもやお預けになってしまうのか・・・!?
そう考えると先日横浜でライブステージを観られたのは貴重な体験だったのかもしれない。



BORUTO NARUTO NEXT GENERATIONS
第5話「謎の転校生・・・!!」

ボルトのクラスに、“音隠れの里”から転入生がやってきた。
ミツキという名のこの少年は、組み手の授業でイワベエを圧倒したり、難しい問題をあっさり解いたりとただならぬ才能を見せる。
しかしミツキは何を考えているのかわからないところがありボルトたちを困惑させてゆく。
そんな中、校舎の修復工事をしていたひとりが急に暴れだす騒ぎが起こる。
慌てて駆けつけたボルトたちだが、そこに謎めいた言葉を呟きながら、さきほどまでは姿のなかったミツキが現れる。

BORUTO 第5話1
BORUTO 第5話2
彼が僕の太陽なのか
どうもミツキはボルトと出会う前から彼のことを知っている感じなんだけど。
この辺のことは外伝で描かれていたんだっけ?
何か読んだような読んでいないような、記憶が曖昧だ。
とりあえず“太陽”発言があったので、それが何を意味するのかアニメでも描かれるのだろう。

そして推しキャラ。
今のところはチョウチョウになりそうな予感。
あのマイペースっぷりが好きなんだ。
プロフィール

大神シロ

Author:大神シロ
居住地:北海道


ご訪問ありがとうございます。
当ブログの管理人はアニオタです。
よって記事もそれに付随した内容になっております。
不快感を感じられた方は早々に立ち去ることをお勧めします。


コメントを頂けるのは大変嬉しいですが、ネタバレ、誹謗中傷などは受け付けておりません。
発見次第削除、若しくはそれ以上の対処を問答無用で行います。
ご了承ください。



視聴中作品

キラキラ☆プリキュア アラモード
ドラゴンボール超
ワンピース
CFヴァンガードG NEXT
よりぬけ銀魂さん
弱虫ペダルNG
アイドルタイムプリパラ
BORUTO
遊戯王VRAINS
ヒミツのここたま
アイカツスターズ!
ポケットモンスターSM
進撃の巨人2
リルリルフェアリル
妖怪ウォッチ
フューチャーカードバディファイトX
DUアプリモンスターズ
境界のRINNE3
僕のヒーローアカデミア
名探偵コナン
アトム ザ・ビギニング
金色のガッシュベル!!

宇宙戦隊キュウレンジャー
仮面ライダーエグゼイド
ヴァンガードG放送局NEXT
A応Pのあにむす!
特捜警察ジャンポリス


聴取中ラジオ

藤井孝太郎のログイン!よるPA
ANI-ON!
水樹奈々スマイル・ギャング
佐倉としたい大西
裏ヴァン!!
ガールフレンド(♪)
Anison-R
堀江由衣の天使のたまご
小澤・長縄のおざなり
早見沙織のふり~すたいる♪
内田真礼とおはなししません?
A&G TR エジソン
こむちゃっとカウントダウン
ヴァンガードGNEXT

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
ブログランキング
ブロとも一覧

FAIRY ENJOY

Torrent まとめ

バリバリ拳で仏恥義理!!!

フェアリーテイル

とある高校の学生日記!

とある暇人の日常記録^^

音藍のつぶやき

イナズマイレブンファンがほざくだけ

なすび日記

ナタデココlife

アニメ日和

希望の扉

指切りげんまん。
リトルバスターズ!
TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト
探偵オペラ ミルキィホームズ
探偵オペラ ミルキィホームズ
侵略!イカ娘
劇場版 銀魂 新訳紅桜編
ダンガンロンパ
ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生
PSPバンブーブレード
バンブーブレード~それからの挑戦~5月28日発売です
10000票達成!目指せ第二期
バンブーブレード第二期アニメ化の投票に参加おねがいします!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
人気記事ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード